新聞求人折込チラシの情報って大丈夫?ハローワーク比べてブラック企業があるの?


よく日曜日の朝刊とかに「人文の折り込み求人」てチラシで入っていますよね。これってどうなの?と思うことがあります。

新聞の折り込みなのでそれほど無茶なブラック企業は無いと思いますけど実際大丈夫なの?という不安はありますね。

このあたり新聞の折り込みの求人情報はかねがね「悪くもないが良くもない」くらいに思ってもらったほうが良いです。

正直、折り込み求人にもブラック企業が紛れ込んでいることもあります。ただそのあたりは自分で求人広告を判断して身を守るしかありません。

イメージ的にもいかにも新聞て地域のブラック企業が入ってそうな気がしますしね( ;´Д`)

新聞の折り込み求人のメリットは地域を限定してるのと企業がお金を払っている

新聞の折り込み求人のメリットは「地域がかなり限定されている」ということです。地域が限定されてるので、基本自分の住んでいるところの近場の企業が多いです。

バイトから派遣・正社員と求人の幅も広くて、かつ近場での職場なので勤めるには通勤の条件が良くなるのがメリットです。だいたい聞いたことがあるような会社なので、安心感もあります。

また、企業がお金を出して求人情報を掲載しているということです。お金を払って求人を出しているということはそれなりに本当に求人が欲しいケースが多く、お金がかかるためっずっと広告を出しておくこともなかなかできません。

そのためブラック企業率は多少ですけど減ることになります。ハローワークは求人を出すのが無料なので、もうブラック企業の巣窟となっているイメージですよね。それうよりは新聞の折り込み求人のほうがクリーンなのは間違いないでしょう。

ただ、新聞の求人チラシに大手企業や、好待遇でホワイトな会社が掲載されるとは少ないです。求人チラシを見たことがある人はわかると思いますが、中小企業や大手企業の下請けの会社がほとんどです。

だからと言って、その中にもよい企業が潜んでいる可能性もあります。転職を考えているときは多くの求人にとにかく目を通す事も大事になってきます。

思わぬ大手や優良企業が新聞のチラシ求人に思わず「ポン」と求人を載せてることもあるんですね。これは人事の担当者がわりと年輩でアナログな人だったりすると、新聞に載せたり、求人チラシ載せたりすることしか選択肢が思い浮かばなかった・・・・

なんてケースもあります。そのため求人チラシと言えどあまり侮りすぎるのも思わぬイイ求人を逃すこと居なるので、目を通してマイナスにはならないです。

ハローワークよりは「マシ」ですがブラック企業も潜んでいるので注意が必要です

こういった感じの新聞の折り込みチラシの求人ですが、ハローワークよりはマシなのですが、やはりブラック企業も潜んでいます。

そのためには自分でブラック企業の求人を見破る必要があります。ブラック企業の見分け方は以下の記事を参照にしてください。

会社を退職したら、とりあえず行くところがハローワークです。離職票を持っていき、再就職の意思があるかどうかを確認して、雇用保険給付の手...

最近ではネットの情報でもブラック企業の見分け方はさんざん情報としてあるので、ベタなブラック企業は求人の段階で排除していくと転職で無駄な時間を使うことなく効率的に転職活動を行うことができます。

また、どうしてもブラックかどうか判別できない時は、一度履歴書を出して面接を実際受けてみると、その時点でブラック企業かどうかも判別できます。

あきらかに面接がおかしかったり、会社に行ったら従業員の目が死んでいたり、社長の態度が横柄だったり、求人情報と面接で言っている条件が違っていたり面接を受けるとよりブラックかどうかの判別がしやすくなります。

ポイントは新聞のチラシ求人でも「これいいかもしれない」と思ったもものは履歴書を出してみるのがいいですね。

面接を受ければどういった会社かどうかもわかるので、そこで判断するのもあります。

また、会社に実際行っ手抜き打ちで会社の職場を見ることができれば見たほうがイイです。こうすれば実際働いている会社がブラックかどうかは割と簡単にわかります。

転職活動で面接を実際に受ける会社、または入ろうと思っている会社は一度実際にその会社の職場を見ておいたほうがイイです。職場に入れない会社もあるかもしれませんが、可能な限り見ておくことで、ブラック企業か同課の判断をつけることができます。そしてブラック企業だと思った会社はたいていその判断は正しいことがほとんどです。

ただ、最初からブラック企業を避けて効率的に転職活動をするなら転職エージェントを利用するのをおススメします。

ブラック企業を避けて転職活動をするなら転職エージェントを利用しよう

黒板に書く人
転職エージェントは転職のプロであるエージェントが、企業の求人を掲載するときに企業を審査しているので、ブラック企業はありません。

また、エージェントがあなたと個別に面談をして、希望に合った求人を適性をみてピックアップしてくれます。

求人誌や新聞の折り込みには乗らない非公開求人を多数抱えており、転職の競争率がその分低いというのもメリットになっています。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!