新卒で新人の薬剤師が辞めたい理由の9割が人間関係が悪いため 職場を変える行動がベターです

6年間勉強して、晴れて薬剤師になって就職した。企業、調剤薬局、病院と場所は違っても薬剤師の仕事に希望を持って就職したはずです。

しかし、現実は薬剤師といっても普通の会社と一緒です。ブラックな環境やそうでなくても、イヤな上司、先輩などはいくらでもいる世界です。

特に新卒ではいる組織はほとんどがその会社や職場の内情などわからず就職してしまうのがほとんどえす。いわゆる「ギャンブル的な」要素が大きいんですね。

まだ、大学を出て1年や2年でいきなりこういったブラックな環境や辛い人間関係にぶち当たると、ほとんどが挫折します。薬剤師の仕事内容ということはあまり関係ない部分のことなんですね。

ただ、薬剤師はその資格の特性上普通に転職で簡単に環境を変えれるという強みがあります。

さらに、近年では「第2新卒枠」で25歳までなら第2新卒ということで企業も募集をかけているところが多数あります。

「最初に入った会社は3年は我慢したほうが良い」

というのは過去の価値観です。これって洗脳教育されてる証拠なので、3年我慢とか今時思っているなら自分がおかしいということに気づいてください。

ブラックな環境は普通の会社であろうが、薬剤師であろうが早めに変えてしまうのがベターな選択です。

ここでは、新人の薬剤師が辞めたくなる理由と転職の方法をご紹介します。

薬剤師の職場環境は閉鎖社会 普通に上司や先輩からのパワハラはあります

薬剤師の仕事は、調剤薬局や会社研究室、病院内の薬局など場所は違っても基本閉鎖社会です。

その小さいスペースにパワハラ上司や陰湿なお局様がいたらもうアウトです。逃げ場がないですよね。

「どうしてこんなのできないの?今まで何勉強してきた?」
「いや、こんなに使えないなんてな、しょうがないな」

「お前使えないなしょうがないな」

「もう死んでしまえよ」

と普通に罵声を浴びせられて毎日毎日過ごすことになります。

せっかく薬剤師の資格をとって希望をもって就職したらいきなりこの有様です。もう一度言いますけど閉鎖社会で異動も少ない薬剤師は一度ハマると自分で環境を変えないとずっとこのままです。

一度こういう環境に入ると、まじめな人ほど悪い方向いハマっていきます。「せっかく新卒で入ったんだから辛くても3年くらいは頑張ってみよう」と思うととんでもないことになります。

上司や先輩などがどうしようもない人間だったら、その人間のあなたへのパワハラやいやがらせは日に日に増大していきます。ヘタに我慢していると調子にのってきて3年後には悲惨な状況になってますよ。

というかそんな状況で3年持つわけありません。もって半年。一年後には立派な「うつ病」患者になって社会との接点が無くなってもうただのニートになってしまいます。

長時間残業をしてストレスがたまっていくと、意外と簡単に「うつ病」になってしまいます。具体的にどのくらいでうつ病になったかを体験を踏まえてごしょうかいしています。あんまり思い出したくないことですが、これがあなたの役に立てば幸いです。

ここは耐える場面ではなくて、薬剤師の資格を生かしてさっさと別の職場に転職するケースです。

3年耐えていたらせっかくの25歳までの「第2新卒」の枠もなくなってしまうので、昭和の「我慢は美しい」という価値観は捨てて「よりよい環境」を求めていくようにしましょう。

環境が変わると仕事の効率が3倍増になります 働く環境ってそれだけ大事なんですよ

可愛い薬剤師人は環境によって性格まで変わるといわれています。

こういう人間関係がお粗末な場所にい続けると、性格は当然暗くなり、なんでもネガティブンに考えるようになります。

最悪なのは、同じうように人をイジメるような体質にあなたがなってしまうかもしれないことです。というか高確率であなたもいじめ体質になりますよ。悲しいですよね。

人間は自分の近くにいる人間に大きな影響を受けます。平たく言うと「近くにいる人間のキャラに似てくる」ということです。

ということは、人間関係がよくて、人間的にも尊敬できる人がいればそういう人のキャラに近づくことができるんですね。

薬剤師の資格を生かすことが人生において、仕事において大切なことなんですよね。そこを考えると

こういった粗末な人間関係で悩んでいる時間ほ非常にもったいないです。素早く行動することが人生の向上に大きくプラスに働いてくれます。とにかくゴミみたいな環境にいるっていうのは百害あって一利なしです。

人生って自分の環境を良くしていく行動を、ずっとやっていくっていうのもあるんですよね。そうしないとずっと変わっていかないですし、ずっと不満を持ったままです。

薬剤師のメリットは転職しやすいところ そこで悩むのは時間の無駄です

そもそも、薬剤師の資格を取って問う理由はなんでしょうか?

「安定した収入を得るため」
「薬剤師として社会に貢献したい」
「結婚出産した後でも再就職がしやすいから」
「薬剤師の仕事を極めてみたい」

といった人それぞれに理由があると思います。

そのなかに、薬剤師は「転職が比較的やりやすい」というメリットが資格職であるためとても大きい部分なんですよね。

「新人で入った職場を人間関係で辞めたい」と簗んでいるなら、「人間関係の良い職場に転職」すればいいことです。

ものすごくシンプルです。マジメな人はそこを複雑に考えて「すぐにやめたら会社に迷惑がかかる」「辞めたら誰かに迷惑がかかる」とか考えてしまいます。

そういう考えはハッキリ言いますけど「搾取らされる側・いじめられる側」の考え方です。

これから社会を渡っていくと理不尽なことがたくさん出てきますが、それをサクッとかわしていくためにはただの「イイ人」ではとても生きていきません。しっかりと自分の考えをもって、自分で行動して、自分で自分の環境を変えていく。そういう強さはどうしても必要になってきます。

もういい加減「イイ人」辞めてくださいよ。そんなことしてると一生利用されて一生会社からこき使われて、しかも他人から利用されるだけですよ。そのあたりに気づいていないと死ぬとき気づいてものすごい後悔をします。

ここで薬剤師の「資格職なので職場選びは比較的やりやすい」というメリットを存分に生かすべきです。なのでサクッと転職すべきなんですよね。

そのためにツラい勉強をしてきたんですからね。

労働環境の場合も同じです 職場を変えれば解決します

たとえば、労働環境がとてもブラック・・・・残業が100時間を超えたり、人件費削減で仕事の量がものすごく多いのに人員は少ないみたいなことは薬局や病院ではよくあることです。

病院では薬剤師の地位は医師や看護師より低いのでどうしても足元を見られてこき使われることもあります。

夜勤でクタクタになって体調を崩してしまう。

そういうケースでも労働環境のいい薬剤師の職場はあります。いい意味で、仕事がユルい職場というのは薬剤師の特権みたいなものなんですよね。

普通に会社でもそうなのですが、どこにでも労働環境がきついのに給料が安いというヒドい環境はどうしてもあります。

特に新卒では、職場の内情を知らずに就職してしまうのでほとんど職場の巡り合わせはギャンブルに近いです。

だからどうしても、ブラック要素の強い職場に入ってしまうという運の悪いケースはあります。

ただ、何度も言いますが薬剤師はそういうケースでも転職が容易です。しっかりと転職を進めていけば待遇がよくて、かつ仕事もそれほどハードはない環境に潜ちこむことができます。

ただ、転職するといっても一人で求人を探してその求人内容が良いか悪いかを判断したり、履歴書の書き方などを一からやっていくのは効率が悪いですね。

その場合は「薬剤師の転職支援サービス」を利用するのをおススメします。

「薬剤師転職支援サービス」は転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがあなたと面談をしてすぐれた薬剤師求人を紹介してくれます。

登録から利用はすべて無料になっています。これは求人を希望している企業側が転職支援サービスに報酬を支払っているので、あなたは無料で利用できるわけです。

薬剤師転職支援サービスは、あなたに履歴書の書き方や面接のやりかたをしっかりとサポートしてくれます。

良い求人情報があっても面接がうまくいかないと難しいですからね。そういう細かなところまで配慮してくれるのが転職支援サービスです。

一人で薬剤師時の求人情報を探すより、格段に効率よく転職活動をすることができます。

また、北海道から沖縄までの求人情報を網羅しているので、勤務地の相談もでき、あなたのライフスタイルにあった転職を可能にしています。

薬剤師は安定した求人があるので、あなたのニーズにあった求人は見つけやすいです。転職支援サービスを利用してスマートに薬剤師の転職活動を行いましょう。

優良な薬剤師の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.ファルマスタッフ

2.薬キャリ

3.ヤクジョ

 

「ファルマスタッフ」は東証一部情報の「日本調剤グループ」が運営する転職支援サイトです。

職場へ足を運び求人情報を収集し、面接同行サービスを実施してキメの細かいアドバイスで定評があります。

薬剤師専任コンサルタントが80名在中し、あなたの希望に合った薬剤師求人の提供・面接指導を行ってくれます。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして名前・とアドレス、生年月日・住所と携帯番号と必要事項入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

ファルマスタッフの公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

「ファルマスタッフ」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「薬キャリ」や「ヤクジョ」を選択しましょう。

「薬キャリ」も「ヤクジョ」も大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「薬キャリ」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

「ヤクジョ」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!