新卒入社の仕事をうつ病になって辞めたい そんな激務で人間関係がキツイ会社はすぐに脱出すべき理由

うつ病イメージ

新卒で入った会社があまりに激務で毎日睡眠時3時間とか上司のパラハラとかで限界にきて、某大手広告代理手店の新入社員が自殺した・・・・

こういった話って表に出てないものを含めるとけっこうあるんですよね。

まず、会社に幻想を持っているかもしれないあたなに言っておきますけど、会社って従業員の命とか健康状態なんて「どうでもいい」わけです。会社って当たり前ですけど「会社に利益」が出れば法律に違反しなければどんなことをやっていいと思っています。というかサービス残業とかで法律違反してもバレなきゃいいとおもっています。実際サービス残業やってるでしょ?あなたも。

そもとも残業代がしっかりとつけてくれる会社なら、そんな新卒で入った会社でもうつ病になるほど、思い悩むってことは無いな図ですからね。

そりゃ、仕事ってどんな仕事でも嫌な部分があるし、楽な仕事っていうのは少ないですしね(まああるんですけどね楽な仕事ってのもね)

でも、うつ病になってしかも自殺やってしまうくらいのレベルの激務な会社にはいってしまって、あなたそんな会社で30年以上やっていくつもりですか?

私だったら死んでも嫌ですし、給料が下がったとしても、多少仕事のユルい会社んおほうがいいですね。サラリーマンでの仕事って長期戦ですからね。

まずは、そのうつ病になるような激務の会社、もしくは人間関係なんかが最悪の会社を選んでしまったあなたの選択ミスなんですね。

ただ、選択ミスをしてしまったんなら、また選択しなおせばいいんですよ。幸い新卒で入ったばかりならあなたは20代です。

だったら正直いくらでも転職先はあります。そのなかで激務でないけっこう仕事がユルかったりする仕事っていくらでもあります。そう、視野が狭いだけでいくらでもあるんですよね。

うつ病になった、もしくはなりそうならその会社は逃げないと最悪「過労死」「うつ病自殺」になります 命の危険があります

ちょっとおさらいですけど、仕事が激務で「うつ病」とかになるとどうなるか知ってますか?最悪「過労死」「うつ病自殺」することになります。

これって、いきなりうつ病になるんじゃなくて、ストレスが「蓄積」されていくとだんだんと精神的に病んできます。

楽天的な人だったら、「こんなにキッツい会社辞めちまえー」とかいって簡単に会社とか辞めちゃったりするのでうつ病とかには無縁なんですね。

まあ、会社を簡単に辞めちゃうってのも考えモノですけど、楽天的な人は行動力もあったりするので、意外と人生がうまく行ったりするケースが多いです。

うつ病になる人は「マジメな人」ですね。特に「我慢して仕事をしている人はかっこいい」「我慢するのは人として当然のことだ」「死ぬまで頑張る人は信念があってかっこいい」といった「我慢するのが美徳」っていう教育をしっかり受けてしまった人ですね。マジメな人はこういった洗脳をされています。

マジメなに人は新卒で会社に入って、どう考えても「これっておかしくね?」的な激務でもやってしまうんですね。マジメな人は頑張り屋さんでプライドも高く

会社を辞めるなんて恥ずかしくてできない・・・・・みたいな感情を持ってる人が多いです。

というか、まあ私も以前はこういったキャラだったんですけど、一回うつ病をやるとどうでもよくなりますよね。我慢するとかそんなのできなくなります。

高田純次とか所ジョージなみのテキトーさになってしまいますからね。

さて、そういったまじめな人は、なんか毎日終電まで働いて始発で会社に来るみたいな激務をこなして睡眠時間3時間とかやってしまうんですよ。

そういう激務な会社ってたいてい上司とかもパワハラ野郎とか陰湿なイジメ野郎が多いですから人間関係も悪くて激務と人間関係のダブルでダメージを受けます。

そう、たいてい激務な会社って人間毛関係も悪いです。そういった無理に従業員を働かしている会社って、「効率的な仕事」とか「効率的な事業展開」とか考えてないんですよね。人海戦術で仕事量を増やして利益を確保してるだけです。大企業でも毛工こういった会社は多いですよね。飲食とか広告代理店とか金融系や不動産系の会社とかね。

だって、ちょっと冷静に考えたら、毎日終電まで仕事するとか睡眠時間3時間とか異常に決まっています。そんなの続けれるわけ無いじゃないですか( ;´Д`)

ちょっと考えればわかることですからね。そこまでいかないまでも「入ってみたらすげーブラックな会社だった」みたいなのはホントによくあります。

そういった環境で働いていると、そりゃ高確率で「うつ病」になります。

そういった激務をやってるとだんだんと症状が出てきます。

「物事をネガティブに考えるようになる」

「夜疲れているのに寝られなくなってくる」

「悪夢を見る回数が激増する」

「体に鉛を巻いたように体が重く感じるようになる」

「上司のパワハラにキレるor泣き出す」

「意味もなく涙が出てくる」

「朝起きると金縛りか?と思うくらい体が重い」

「階段を上るのがきつくなってくる」

「甘いものを食べたくなる、過食してしまう」

「高いところにいくと飛び降りたくなってくる」

「電車のホームに行くと電車に身を投げたくなる」

「死にたいと絶えず思うようになる」

「自殺サイトなどを検索する」

とこんな症状が出てきます。これって実際に私がやったようなことですけどね。たいてい情報を集めると同じようなことが出てきますよ。

こういった自覚症状が出てくる時って、そうとううつ病でも重症になっています。このときに心療内科とかに行かないで我慢し仕事してると衝動的に自殺したりします。

若いと「まだ大丈夫だ」とか根拠なく破断してしまうことが多いですよね。いや、若いからこういった自殺衝動とかも大きく出てきます。体力がある分体は何とかうごいてしまうので、さらに精神のほうを限界まで酷使してしまうんですね。

なんか書いていて切なくなってきました。こういった症状が出てしまう仕事なんて辞めたほうがイイですよ。命あっての人生ですからね。

そもそも、新卒での会社選択なんてろくにインターンもやってないしネームバリューだけで選ぶとかが多いので失敗する可能性は高い ブラック企業だったら早く辞めて転職したほうが長期的に全然メリットがある

新卒で入る会社って、ハッキリ言ってアメリカみたいにインターンをやって半年くらい仕事を一緒にやったわけじゃないですし、やっぱりネームバリューとかでれらんでしまいますよね。

私もそうでしたからね、ネームバリューのある地銀とかを選んでしまって、地獄を見たんであとあと聞いた他に内定を取っていた地味な中堅どころの製造業にすればよかった・・・・と後悔したことがあります。

実際、それがきっかけで製造業に転職しましたけど、まったく仕事のキツさもユルクて給料もほとんど同じで定時で帰れるし有給は取れるし、正月、GW,お盆と1週間以上の長期休暇もあって、日本のにある同じ会社でもここまでちがうわけですね。

だから、新卒で入る会社って選択ミスすることが多いです。そりゃそうですよね。学生で仕事やったことが無いんですから激務な仕事がどれだけ精神にダメージを与えるかってわかってないです。

だって、大人が子供に「イジメはダメよ」みたいに教えているのに、どう考えても学校なんかよりも会社のほうがイジメとか多かったですからね。

地銀とかにいるといたるところで上司が部下をいびってましたけど、中学とか高校とかでも確かにイジメとかあったけど会社よりも全然少なかったですからね。

こういった、いじめをしている上司とかでも子どもとかいて「イジメはダメだ」とか家で言ってるんでしょうかね?いやあなか素晴らしい社会構図ですね。

話が逸れましたが、新卒で入る会社でズバコンで自分に合った会社に入れることは少ないです。それでも仕事が「普通」な会社だったら我慢して続けていく価値もあります

しかし、どう考えても激務でそれが原因でうつ病になるというくらいの状況だったら、そりゃ退職して転職したほうがイイにきまっています。

なぜなら、その会社で我慢して仕事をしていてもどのみち限界がきて退職することになりますし、下手に我慢して30歳くらいになってうつ病とかで倒れたら転職きついですからね。20代のうちに転職したほうが有利に決まっています。

ただ「うつ病になって転職なんてできるんだろうか?」というと普通にできます。ソースは私です。そこまでうつ病後の転職に不安を持つことはないんですね。

うつ病になって会社辞めて転職活動すると、転職できないんじゃないか?と言うのはそこまで心配する必要はありません

うつ病になると、転職するときに心配なのは

「うつ病になった病歴とかを履歴書に書かないといけないのか?」

という疑問ですけど、結論言うと書く必要はありません。ただ、うつ病が治ってから転職活動をしたほうがイイです。それが結論です。

参考記事

うつ病で会社をやめて再就職までに空白期間いわゆるブランクがある場合にはその理由を考えておいて、うつ病だったということはわざわざ言う必要はないです。そんなことよりも、しっかりと休んでうつ病を治してから、まったりと再就職しましょうその時にハロワとかつかったらブラック企業につかまるので転職エージェントを使ってくださいね。

わざわざ履歴書にそんな自分に不利になることをかく必要あありません。実際にうつ病で会社を辞めたとしても、退職理由はポジティブなストーリーを作っておけあb大丈夫です。

「いや、嘘書いちゃダメだろ」とかいうキレイ事を言っている人は、どうっぞ正直に「私うつ病でした」と面接官に行ってください。絶対と言っていいほど内定取れませんからね。どうぞご自由にしてください。

私もうつ病で会社をやめて転職したクチですけど、別に敢えて面接とかでは言いませんし、ましてや履歴書には書きませんでしたしね。

そりゃ、転職先の会社が今までも病歴とかを聞いてきたら答えるしかないですけど、そんな会社は全くなかったですし、転職して10年ほど勤めましたけどまったく問題なく勤めていましたからね。

会社を辞めた理由は「自分のやりたいことではなかった」「もっと自分を生かせる仕事がしたい」「どうしても御社の○○といった仕事がやりたかったんです」といったストーリーを作っておけばいいんですよ。

そもそも、会社の仕事のせいでうつ病になったのに、そこまで自分の大事な人生をこれ以上嫌なものにしたくないですからね。

そんなことを心配するよりも、うつ病を治すことが大事で素いからね。参考記事にはうつ病での職歴の空白期間の対応も書いてあるので参考にしてみてください。

転職するなら第二新卒の枠をつかって効率的に転職していきましょうね

転職するときって、ハローワークとかちまたにある求人誌とかを使ってしまう人もいますけど、ハロワとかはブラック企業がたくさん掲載されていますからね。

これって、ハローワークとかが掲載企業を審査していないからなんですね。だから、ブラック企業の奴隷の漁場と化しています。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

うつ病になって会社を辞める人とかも多いので、それに沿った転職活動の方法とかを教えてくれます。

転職ってたしかに不安ですし、むつかしいと世間であおられているのでさらに不安ですからね。

しかし、転職って優良な求人を消化しいてもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定って取れるんですね。

一度、優良な求人を紹介してもらって実際に自分の目で見てみるのがいいですね。ブラック企業じゃない求人を確認できますし、転職への不安も和らいできますからね。

優良なの転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.JAIC(ジェイック)

2.若者正社員チャレンジ

3.いい就職.com

 

JAIC(ジェイック)の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あなたの立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

JAIC(ジェイック)では公式ページの説明会エントリーフォームの説明会の場所を選択して、名前、アドレス、TEL番号を入力して登録します。登録は30秒ほどで完了します。あとは選択した説明会会場に行って説明を聞くだけです。

自分の希望の求人を紹介してもらって就活ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就活に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

「JAIC(ジェイック)」の公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合は若者正社員チャレンジやいい就職.comを選択しましょう。

若者正社員チャレンジもいい就職.comも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「若者正社員チャレンジ」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

「いい就職.com」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!