ブラックな配属が不満なら退職すべきか?新入社員での行動は早いほうがイイ

綱渡りするスーツの男

誰でも新卒で自分がやりたい仕事の部署に貼りたいと思っています。そりゃあ自分がヤッテみたい仕事ってだれでもありますよね。特に新卒なら希望に燃えて「この仕事をやってやるぞ」とテンションあがりまくりの状態だと思います。

特に優秀な人であれば自分のキャリアのビジョンが明確になっているので、

「俺は営業でのし上がってやる」

「経理系の仕事を極めてい見たい」

「総務の仕事をライフワークでやってみたい」

「研究職を極めていきたい」

と自分のキャリアを極めてみたいという意欲に燃えてるいることでしょう。入社内定後の面談とかでも、希望の部署を聞かれたりして自分が行きたい部署にいけるんだ・・・と思ってたら配属先が希望と違うってことはよーくありあます。

まず、最初に言いたいことは、新人に希望の部署をわざわざあてがってくれるほど、会社は個人の都合は考えていません。

たいてい希望のある部署は人気があるところですから、簡単に人員はあふれるので、やりたくない部署に入れられるケースのほうが実際多いんですよ。

それでも、我慢して仕事をやっていくのが今までのスタイルでした。そして気づいたら10年20年やりたくない仕事をやっていた。もうほかのことはできないような、仕事のスタイルが完成したりしています。

こうやって社畜が完成していくんですよね。それはおいといて、新卒で入った会社で希望の部署にいけないなんてことは日常茶飯事なので、会社っていう組織をそこまで信用しないほうが良いですよ。

ただ、自分のキャリアがある程度作っていきたい人にとっては希望の部署に入れないのはかなり痛いです。

そういう場合どういう行動を取ればいいかを考えてみましょう。

新人で希望の配属先に行けないことはよくあります その後我慢して勤めていても希望の配属先にんはほぼ入れません

もう一度言いますけど、新人が自分の希望の部署に行けないことのほうが多いですよ。会社の人事なんて適当に駒をうごかしているだけです。

しかも、新卒で入る人間なんてまだ仕事ができるかどうかもわからないのに、いきなり重要な部署とかに行かせてくれるわけがありません。

かといって、仕事ができるからと言って、我慢して仕事をしていれば自分の希望が通るというわけでもないです。

たとえば、仕事ができる人はどんな仕事でもやってしまいますが、自分の嫌いな仕事でもそつなくこなすことができます。

そうなると、「この仕事はこの人にやらせとけばいいな」とかいう風に思われるので、長期的にその仕事を「やらされる」ハメになるわけですね。

そんな事情で新卒で入って希望の部署に行けなかった。でも我慢して仕事して希望の部署に異動を出していればいずれ希望の部署に行ける・・・

甘いです。会社ってそういうものではありません。まず異動の希望とか聞いてくれる会社って少ないですよ。

そんな希望聞いていたら、海外勤務とか日本国内での僻地への勤務とか行きたくない人ばかりですからね。希望を聞くというより「お前海外へ異動ね、断ったら出世とかないからね」

という会社がほとんどです。大学生くらいだとこういう会社のカラクリというか会社はそこまで一人一人の個人のことを考えているわけではないんですよ。慈善事業やってるわけでは無いんですからね。

ちなみに私は会社を3つ経験していますが、自分の希望の部署に行けた人は見たことがありません。一部上場の企業でこれです。

なので、自分がやりたい仕事、希望仕事をしたいなら、ベンチャー企業や中小企業であまり部署が大きくない入ったら自分のやりたい仕事をやるしかないような会社に入るのが一番手っ取り早いんですよね。

会社は規模が大きければそういった自分のやりたい仕事ができないというデメリットもあります。逆に規模の小さい会社なら自分のやりたい仕事を高確率でやることができます。

小さい会社といっても成長している会社はいくらでもあるので、自分のやりたい仕事をしたいなら会社を規模で選ばないほうが無難です。

そもそも希望する部署に入れないならその会社にいる意味はありますか?無ければ転職一択です 第二新卒の枠でさっさと転職しましょう

新卒で最初に入った会社で希望の部署にいけなかったら、その会社で希望の部署にいける事はほぼ無いです。

仮に行けたとしても10年後だったりキャリア計画どころの話ではない期間自分のやりたくない仕事をやることになります。

そのため、もし自分がやりた仕事をしたいという堅い意志があるならその会社を辞めて転職が一択の行動になります。

良くありがちな「3年は我慢しよう」とか周りも親も上司もいいますけど、それは会社側が社員を辞めさせないで仕事をやらせる方便であり洗脳なので、あまり意味はありません。そもそも3年も仕事をしていたらキャリアを考えている人にとってその期間の長さは致命傷になります。

短期離職でもそれほど不都合は無いです。今では「第二新卒(25歳までの既卒のわく)」もあるので、会社を辞めた人や内定がもらえずにそのまま卒業してしまった人が第二新卒の枠をつかって就活しています。

第二新卒の求人をだしている企業は若い人材がほしい知名度の低い会社です。成長過程にある会社が多く、企業の規模も小さいケースも多く部署が少ないため、あなたがやりたい仕事をストレートにやることができる可能性が高いです。

自分の形成していきたいキャリアが決まっている人は、特に20代のうちは、貪欲に自分のやりたい仕事を探していく期間として行動していくのが良いでしょう。

ハッキリ言って新卒で入った会社で希望の仕事やれない、希望の部署に行けないなんてことはホント普通です。

そこで諦めてしまうと、そこで終わりになってしまいます。

会社の賃金や規模や安定性をもとめるなら、自分の希望の仕事でなくても我慢してやるべきですが、あながた仕事においてキャリアを重視してるなら、即、転職をしてく行動を取るべきです。

でも、第二新卒の転職活動といってもどういう求人があって、自分でどうやって探していくのかという不安もあります。

また、就職活動をしているときは一人で活動をしていると不安になります。新卒の就活の時は周りの同級生も就活をしていましたが、今度は完全に自分一人での行動になります。

そこでおススメなのが転職エージェントに登録しておいて第二新卒の求人を紹介してもらうことです。

転職エージェントの登録して転職活動を効率よくやっていこう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な第二新卒の転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.第二新卒ナビ

2.マイナビジョブ20’s

3.いい就職.com

 

第二新卒ナビの特徴は「第二新卒ナビ」はの最大の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あ棚の立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

「第二新卒ナビ」の公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合はマイナビジョブ20’sやいい就職.comを選択しましょう。

マイナビジョブ20’sもいい就職.comも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「マイナビジョブ20’」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

「いい就職.com」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!