賃金・スキルアップ・会社への不満が転職で同業他社への成功のカギな理由

田舎で営業する人

同業他社へ転職を考えるのは、自分が今までやってきたことを生かすという意味で当然の選択ですよね。

やっている仕事が似ているような仕事でも、他社のほうが賃金がよかったり、労働環境がよかったり人間関係がよかったりすればそっちの会社のほうがイイに決まってます。

そう、同業他社に転職しようという人は、その仕事自体はやりたいんですよね。その仕事が好きなんですよね。

ただ、今働いていいる会社ではその仕事をやりたくないという理由が転職理由のほとんどです。

ということは今のカ会社では

「賃金が少ないから同業他社に行こう」

「この会社では自分のやりたい仕事をやらしてくれない同業他社へ行こう」

「この会社の上司とは反りが合わない無理だ、でもこの仕事はしたいから同業他社へ行こう」

みたいな理由が主なものになります。

そう同業他社からくる人を面接する側もこういうのはもうわかっています。こういった転職理由がたいてい決まっているので

同業他社への志望動機はその理由と「ポジティブに変換していく」だけなんですよね。

もちろん、受ける会社ごとに志望動機は考えるべきです。その具体的な例を挙げていききます。

同業他社なんだから仕事内容とかはかぶるに決まってますよね そんなことを言うより「賃金」「スキルアップ」「会社への不満」をポジティブな志望動機へと作り変えるべきですよね。

あくまで、志望動機なので絶対にポジティブなほうがイイです。ちなみに面接全体にも言えますけど、面接で使う言葉はすべて「ポジティブ」なものがイイです。いくら前の会社がゴミにたいなブラック企業がったとしても

「前の会社は最悪の労働環境でした」

「上司がパワハラしてきて人格的に最悪でした」

とここまでストレートにいう人はさすがにいないと思いますが、やんわりとこういうことを言ってしまう人はいますよね。

なるべく「悪口」「批判的なこと」は面接で言わないほうがいいです。特に前の会社のことはなるべくフォローを入れるようにしましょう。

例えば

「今いる会社の仕事内容は申し分ないのですが、賃金がアップする見込みは無いと言われました。私も改定がありライフプランがあるので転職を決意しました」

旦は今いる会社のフォローは入れてい置いたほうが無難です。

では具体的な志望動機の例を出していきます。

賃金に不満がある場合

「今の会社での仕事をやっていくうえは全く不満はありません。ただ、仕事内容に対して業界の水準より給料が低いとは感じています。

この業種の仕事はどうしても続けていきたいのですが、そのモチベーションを維持するためにはより高い水準の給料が必要だと考えています。また、御社の仕事内容はこの業界の仕事をやっていくうえでトップクラスの水準にあると考えています。そのため、身を切る思いでしたが転職をしようと決断しました」

こんな感じで、前の会社をフォローしつつ、ポジティブな意見を出して作っていきます

スキルアップしたい場合

「今の会社での仕事は満足感は高いのですが、仕事内容がずっと同じで、私はこの仕事を極めていきたいという気持ちがあります。

そんため、御社の仕事で○○の部署の○○の仕事をしてみたいという気持ちが出てきました。それが御社を死亡した理由です。」

具体的な仕事内容を上げていきます。これだと「こいつうちの会社のことを調べてあるな」という印象を与えられます。

会社への不満がある場合

「今の会社での仕事内容は十分満足しています。ただ、会社の経営方針が『現状維持』的なことに不満を持っています。

会社組織としては不満は無いのですが、私はもっとこの業界の最先端の技術と仕事をやっていきたいのです。その意味で御社はそういうアグレッシブな仕事のやり方を実践している会社と判断しました。それが御社への志望の理由です。」

仕事の不満はなるべく全面に出さずに、受ける会社のメリットを強調していきます。具体的な「上司が嫌だ」とか「仕事内容が最悪だ」みたいなことは思っていても言わないほうが無難です。

とにかく志望動機はポジティブに書くのた鉄則です どうしても書き方が分からなければ転職エージェントへ相談しよう

とにかく、志望動機って自分がネガティブに思っていることを、どれだけポジティブに志望動機として言い換えることができるかにかかっています。

そういうものだと割り切る部分も必要ですね。志望動機はとにかく受ける会社に対してポジティブな意見を出しまくっていきます。

面接ですからね。どうせ会社に入ってからは100%満足する会社なんてありえません。でも7~8割満足できれば転職は

大成功です。そのくらいの楽なんかんじで志望動機を考えていくとうまく言葉がでてきますよ。

ただどうしても志望動機が思いつかない場合は転職エージェントに登録してアドバイスをもらうのは必須です。

転職エージェントを利用して同業他社への転職を効率よく進めるのが大事

どうしても同業他社への志望動機が思いつかないという場合は、転職エージェントのアドバイスを受けるのは必須です。

一人で考えていても、思いつかないものは思いつきません。エージェントは転職のプロなので、志望動機への的確なアドバイスをしてくれます。

志望動機だけでなく求人を集めたり、履歴書の書き方や面接対策で躓いたときには転職エージェントを使わないとなかなか一人解決するのはむつかしいです。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!