就活で志望動機が無い浮かばないなら会社のことをまず調べよう その理由と志望動機の書き方

履歴書

「志望動機の書き方を教えてくさい」みたいな知恵袋たとかでの質問がいくらでもありますよね。

なんとなく気持ちはわかります。志望動機っていっても、その会社の給料が良いから、規模が大きいから、家が近いからといった理由で受けている人がたいはんでしょうからね。

でもそのままを志望動機にしたら、面接で言うことがなくなってしまいます。いきなり「家が近かったから」という志望動機だとさすがにアウトです。個人的にはそういうのは好きですけどね。ただ採用となるとちょっと考えます。

なぜなら、面接ってその人の「熱意」を見てるんですよね。会社に入りたいっていうテンションがどんくらいか、本当にこの会社に意地でも入りたいのか?ということをみています。

そのため、志望動機はホントに立派ないい子ちゃんな志望動機は逆に鼻について嫌われます。かといって今言った「家が近いから」みたいな理由だと「こいつナメてるな」ということになります。

加減がむつかしいんですよね。志望動機って不器用な感じでかつ熱意をかじるモノが一番受けがいいです。

面接官も人間ですから、あんまりスマートすぎてもなんとなく鼻につきますし、やる気が無さすぎてもそりゃあ「こいつダメだ」と思います。

こういったことを考えてみると志望動機が自分で考えて、下手でも熱意をもって書いてみるということです。

今の時代なんでも情報を得て、それを組み立てるだけになってますけど、自分の文章で書いたものは価値があります。

面接官は熟練の人がおおいですから、そんなうすっぺらいの簡単に見抜きます。

ここでは志望動機が思いつかないという場合の対処法をご紹介します。

志望動機が思いつかないので教えてくださいという時点で不採用になるということです 受ける会社を調べれば志望動機は「出て」きます

志望動機が「思いつかない」というのがちょっと?????ということになります。「どうして??」ということですね。

多分、受ける会社に「本気で入りたい」というわけではないのでしょう。本気で入りたければ志望動機はいくらでも出てきます。

たとえば、

前の会社の激務で体を壊してしまい退職しました。次の会社では定時で帰れる会社にしたいと思いそういう会社を調べました。

そこで御社を見つけたわけです。定時で帰れる問うことは、仕事内容を効率化しているのでは?と思い事業内容を調べました。

私の思った通り御社の○○事業での仕事の効率化はかなりのものでした。

私はこういう効率を重んじる仕事をやっていたい、そういう仕事でないとやる意味が無いと思いました。正直この業界は初めてなのですが、私の求める「仕事の効率」という意味では御社がベストだという判断をしました。

そのため、効率化された仕事という面と、就業時間が短いということを両立している数少ない会社である御社を選んだのが私の志望動機です。細かいことはいくらでもありますが、特に強い理由を上げてみました。

と前の会社がブラック企業で辞めたとしても、こうやって受ける会社を調べて自分の状況と「関連付ける」ことができればあとはいくらでも志望動機を書くことができます。

そうです、「受ける会社を徹底的に調べる」というところが欠けているんですね。ホームページは全部目を通して、できれば勤めている人で知り合いがればその人から話を聞くなどできればベターです。

まず、受ける会社を徹底的に調べましょう。どんな事業をやってどんな製品、社会的にどん影響を与えているかをしっかりと調べることができれば、あとは自分がそれに対して

「今までの仕事では出来たかった御社のこういう仕事がどうしてもしたい」

「御社の部署のこの仕事がしたくてこの会社を受けました。私の今までのこういう経験が役に立と思います」

という「関連付け」ができるので志望動機はうまれてきます。

もう一度言いますけど、受ける会社を徹底的に調べてみてください。

そうすればその情報と自分の今の状況を「関連付け」れば志望動機は浮かんでくるはずです。

志望動機はぜったいNGな部分だけを除外して後は思ったことを書けばOKです いわゆる「イイ人」だとかえって採用されませんよ うわっつらだと面接官が気づきます

志望動機でも絶対NGな部分だけ抑えれば、あとは自由に自分の意志で、自分の言葉で書いていってほうが良いです。

先ほど述べた「熱意」を込めた文章を「自分」で作るのがポイントです。

教えてもらった文章はたぶん内容がペラペラな淡泊な文章になってしまうので、脂ぎった熱い文章を書いていきましょう。ちょっとくどいくらいでちょうどいいです。それくらいの熱意が無いと面接官にはつたわんりません。

なぜなら面接官はこういった、人からパクったようなペラペラな文章に嫌気がさしてますし、そういう志望動機は一発で見抜いてしまいます。そりゃあ毎日、志望動機を聞いていたらそのくらい噛んだんですよね実際に。

ぜったいNGな志望動機は

▲将来性に惹かれました
▲給料が良いから受けました
▲成長中の会社だから
▲事業内容に興味があったからです

こんな感じの言い回しです。こういうのは抽象的で会社のことを調べなくても簡単にかけるので、最も嫌われますね。

逆にこういう抽象的な言い回しをしなければ、あとは自分の言葉で熱い思いを志望動機に乗せていくだけです。

「自分の言葉」というのがポイントです。

例文とか見ると、割ときれいな文章になったりしますけどそうなるとすぐに

「こいつなんか見てそれコピペしてきたな・・・」

とかなってしまいます。ちょっと下手な文章のほうがリアリティがあって面接官受けはいいです。

もちろん、小学生が書くような文章ならヤバいですが、普通に自分の言葉で書けば十分です。というよりその方がいいです。

志望動機の例文集は逆に見てしまうと、「そういう文章」になってしまうのでドツボにはまります。

何度も言いますが、志望動機は「自分で考えて自分で書く」というのを徹底してください。

どうしても志望動機が書けないな時の対応方法

それでもどうしても志望動機が書けない・・・どうしようもないという場合は転職エージェントに相談して

書き方のアドバイスをもらったほうが良いです。

エージェントは転職のプロなので、あなたの特性を生かしながらの志望動機をどうやってかくかのアドバイスをしてくれます。

また、受ける企業を調べるのにも、ネットの情報だけでなく転職エージェントからその企業独自の生情報を教えてもらえるので効率が良いですし、時間の短縮にもなります。

転職活動自体、自分ひとりでやろうとすると時間的にあなり労力を使ってしまいます。一人での転職活動は困難を極めるので

転職のプロの力をかりるのがベターです。

転職エージェントで効率のイイ転職活動をしよう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!