モラハラ上司から逃げる対処法 会社の対応は期待できないので異動か転職をするのがベター

モラハラ上司

このページ読んでるあなたはいわゆる「モラハラ上司」のモラハラに困っているんでしょう。

といっても、私もモラハラってどういうものか最近まで芸能人とかがモラハラ離婚とかあったんで、なんとなく「人を狡猾な感じでクールに追い詰めてイジメる」くらいの認識でした。それじゃいけないと思って調べてみたんですけど、モラハラっていうのは

モラハラって精神的なイジメです。継続的に、言葉とか態度とかで相手の人格やプライドを傷つけるような態度を取っていきます。一種マインドコントロールのような感じですね。

「お前はダメな人間だ」みたいにだんだんと洗脳していくようなイメージです。

まあ、わかりやすく言うと、高度なレベルのイジメって言うことですね。わかりにくい感じで徐々に相手おをい詰めていくって感じです。

普通のパワハラだったら、誰でもわかりますよね。上司が暴言吐いたり、部下に「お前死ねよ」とか言うのがパワハラです。

でも、モラハラ上司のやっかいなのは、モラハラのターゲットの部下をイジメてるのが一見わかりにくいんですよね。だって、モラハラ上司の特徴って

罪悪感を持たない。責任を他人に押し付ける。
強い者には弱く弱い者には強い。
猫なで声や慇懃無礼。
ある事柄においてのみ感情的恐喝をするのではなく、もともと感情的恐喝が出来る人格である。
立派な言葉を使う。しかしその人の日常生活や内面の世界は、その立派な言葉に相応しいほど立派ではない。
際限もなく非現実的なほど高い欲求を周囲の人にする。
縁の下の力持ちとなり、自分は「愛の人」となる(本質にあるのは憎しみと幼児性)。
子供に反抗期がない(信頼関係がない)。
ターゲットにする相手に対し、前に言ったことと今言うことが矛盾していても、何も気にならない。人を怒鳴っておいて、それが自分にとって不利益になると分かれば態度をがらりと変える。
他人の不幸は蜜の味
恩に着せる(自己無価値感が基にある)不安を煽り、解決し、相手に感謝を捧げさせる(マッチポンプ)。その一方で自分への被害は甚大な被害に扱う。恩を売られるのを拒む。
しつこい人であることが多い。心に問題がある。
パラノイア誘発者としての側面がある

モラルハラスメント ウィキペディアより抜粋

なんかわかりにくいですけど、ようは「最低野郎」ってことです。パワハラ上司は他の人人間でも「こいつパワハラやってるな」ってわかりますけど、

モラハラ上司は、一見立派な言動とかしていてるのでわかりにくいです。計画的に相手を追い込んでいくんですね。

こういったモラハラ上司って、怒鳴りつけたりしないんですよね。暴言を吐くこともあんまりないです。でも、あなたの性格を把握したうえで、一番ダメージになる人格を否定するようなことをピンポイントで言ったり、陰であなたの悪口を広めて言ったり、あなたのことについて上司の権限を利用して細かい私生活のことまで根掘り葉掘り聞いてきたり、あなたが話毛けても露骨に嫌そうな顔をしたり、無視したします。挙句の果てには、仕事に対する情報とかも与えることなくどんどん仕事であなたを孤立させていこうとします。

まあ、わかりやすすくいうと、ネチネチした陰湿な性格の人間で怒鳴る勇気が無いから、とにかく時間をかけてあなたを追い込んでいくわけです。

いや、これってちょっと怖いというか、同僚ならまだなんとかなりますけど上司がモラハラしてくると怖いです。なかなか対応策って正直無いんですよね。

モラハラ上司から逃げるのはパワハラ上司以上にむつかしい 悪い意味で頭がいい上に上司という立場上逃げるのは無理

よく、モラハラ対策とかで情報とかありますけど、これって正直会社だと厳しいような気がするんですよね。しかも相手が上司だとモラハラの対策も何もできないような気がするんですけど、そう思うのは私だけでしょうかね?

もちろんパワハラと一緒で、ボイスレコーダーとかでちゃんと上司の発言とかの証拠を取っておくおは大事ですし、それはやっとくべきだと思います。

ただ、パワハラ上司とかでも、会社とかに相談してもまったく動いてなかったですし、ましてやモラハラとかになると、実際にイジメてるかどうかって第三者からはわかりにくいですからね。

多分会社に相談しても状況は全く変わらないでしょう。できることといったら、証拠を集めて労働基準監督署に訴えたり、弁護士に相談することです。

たいてい対策方法ってそういうことが書かれてありますよね。ただ、正直モラハラって証拠とか集めにくいんですよね。モラハラ上司が怒鳴ったりすることも少ないですし、

あなたに直接なんか行ってくるケースだったらいいんですけど、それこそ

あなたの悪い噂を社内に広めているやり方あなたを上司の立場を利用して無視したり、仕事を与えなかったりとかいいうケースだと証拠と掴みにくいですからね。

ああ、あと、同僚とかに助けを求めてたり協力をもと揉めたりするのは無駄ですよ。だって、自分に被害が無いのにそういうことに脚を突っ込んだら自分がいじめられるかも

しれないと思っているので、当然そんなの見て見ぬフリをして関わらないようにするに決まっています。というか今までそういう人しいか見たことが無いですしね。

結論を言うと、モラハラ上司に対応するのはかなりむつかしいです。

可能であれば労働基準監督署に証拠掴んで訴えたり弁護士雇うのがベターですけど これもパワハラと違って難しい

もう一度言いますけど、可能であらばボイスレコーダーとかで証拠をためて、労働基準家督所に訴えたり、弁護士に相談するのがベターです。

ただ、これってそこまでする必要あるかな??って個人的には疑問ですね。そんな陰湿な上司ですから、そういった証拠対策とかまでしてくるかもしれません。

そう、あなたの悪い噂と流したり、仕事上で無視したり、評価を異常に下げたりといくらでも方法はありますからね。

ハッキリ言って相手が上司ってことはすごい戦うには不利です。そこまでして、いろいろ手を打ってまで相手にするレベルの人間じゃあないような気がします。

所詮仕事ですからね。いくらでも別の仕事があります。

もし、あなたが30代後半以降で、家庭があって小さい子供とかいて住宅ローンとかもある場合だったら転職とかもなかなかむつかしいかもしれませんけど、独身で20代~30代前半でだったら私ならソッコーで転職しますね。

それ、あその前に心療内科に行って診断書をもらって休職します。心療内科は行けばすぐに診断書を出してくれます。「最近眠れないし、朝起きようとすると体が重い、死にたいと思うことがある」とか心療内科で言えば、すぐに「うつ病」の診断書を書いてくれて休職できます。だからとりあえず休んで、その間に転職活動とかしますね。

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

ハッキリ言うと、そんな陰湿なことをやるモラハラ上司とかかわるくらいなら、診断書使って休職して転職活動しちゃうよってことです。

そうそう、あとはあなたが異動するっていう願い(異動願い)を出すっていう手もあります。それかそのモラハラ上司が異動するのは待つっていう手もあります。

ただ、これって異動願いとか出してもほとんど会社って対応してくれませんし、そのモラハラ上司も異動のタイミングとかがまだ先だったら3年とかヘタすると5年とか

ずっと一緒の場合もあります。これってそんな年数耐えられるわけがいので、あまり現実的な選択ああないと思いますよね。

だから異動するか転職するか二択になっちゃうんですよね 悲しいけどこれ現実なんですよ

だからモラハラ上司い出会ってしまったら、ひじょーに面倒ですし、パワハラ上司よりも扱いが対応が困難な場合がほとんどです。

そんなときには、その場所からさっさと逃げてしまうのが一番です。異動するか転職するかの二択ですね。逃げるって言うとなんかネガティブな感じがします。

しかし、野生動物とかの世界でもそうですけど、逃げるのが遅れると食べられて死にますからね。危険な環境から逃げるのは当たり前です。

よく、「逃げる奴は恥」とか「逃げるのはかっこ悪い」とか教育されて中途半端にまじめに生きていると、悲惨なことになりますよ。そこだけは自覚しておいてくださいね。

ということで、社内異動ができない場合は転職するのがベターですね。

先ほども言いましたけど、独身で若ければソッコーで転職するのがイイでしょう。また、家庭がある場合とかは家族と相談して決めるべきですね。

どちらにしても、転職は難しいとか情報であおれれていますけど、簡単ではないですけど、普通にいままで働いてきた職歴がある人なら、そこまで難しくはありません。

ただ、転職してブラック企業に入ったら意味が無いので、ハローワークとかちまたにある求人誌はス使わないほうがイイです。ハロワとかはブラック企業がいっぱい掲載されてますからね。これはハロワとかが掲載企業を審査していないからです。

転職エージェンントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

たしかにモラハラ上司って最悪ですけど、転職するのもふあんだからどうしようと思っちゃいますよね。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらいつつ履歴書を作って面接対策をすれば内定は取れます。準備と対策をすれば内定は炉れるもんなんですね。

一度、優良な求人を紹介してもらって自分の目で確認してみれば、自分がやってみたい仕事の選択肢も広がってさらに視野も広がるのでおススメですよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!