メガバンクを辞めたい ブラックできついノルマの現状と転職方法

メガバンク

大学の同級生でメガバンクに行った人が友人とかいましたね。いわゆるマーチな大学だったんですけど、ちょこちょこメガバンクに行った人がいました。

三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行とかですね。誰でも名前知ってますしねメガバンク。

まあ、現実はあれですよ。いまのところ全滅というかみんな辞めちゃいましたね。4人いてみんな辞めています。

その友人たちに辞めた理由を聞いてんですけど大体一緒でしたよ。「ノルマ」「絶対服従」「圧力」「転勤」でしたね。

メガバンクって生き残れば30代で年収1000万とか行ける人もいるみたいですけど、そこまで行ける人はわずかなんですよね。メガバンクって結局クビになることってないんですけど、辞めさせたい人間とかには圧力かけますからね。私がいた地銀でもそんなのしょっちゅうでしたからね。

そう、辞めさせられるように圧力かかるんですよ。怖いですねえ。っていうか金融系の仕事ってホント精神すり減らしますし、だんだんと感情の起伏とか無くなってきて廃人みたいになってきますよ。私のいた地銀でもまだやってる同期もいますけど、もう白髪とかになって実年齢よりもなんか老けています。

というか、忙しくて運動とかする暇もないですし、その気力もないので体とかもメタボでホント弱弱しいです。生きてて楽しいのか?とか言ってしまいそうで怖いですね。

とまあ、地銀でもこんな感じになるので、メガバンクならもっときついというのは簡単にイメージできます。実際にメガバンクってどんだけ悲惨なところなんでしょうかね。ちょっと友人から聞いてみたメガバンクの状況をまとめてみました。

メガバンクの悲惨な現場のあるあるですよ

メガバンクの悲惨さは「ノルマ」「絶対服従」「圧力」「転勤」なんですよね。まあ、ブラックな会社だとこれってよくあるんですけど、なんか一見普通の人とかが見るとホワイトカラーでクリーンな感じで仕事してるイメージがありますけど、金融系って下手な土木関係とかのしごとよりも、きついですよ。

正直だって私、転職の時に土木のアルバイトを2か月くらいやりましたけど体はきついですけど、全然、土木バイトのほうが人間らしく仕事してましたからね。

そう、メガバンク仕事とか金融の仕事って「人間らしさ」が失われていくんですね。

これって金融の仕事が閉鎖社会で、上司とかもなんか「俺は偉いんだ」的な人が本当に多いです。会社の中でしか生きていけない人間ばかりになってしまってちょっと悲しい動物園を見ているような感覚ですからね。

ノルマが尋常じゃない

メガバンクでも当然ノルマが絵がつないです。預金・貸金・クレジットカード・公共料金・投資信託となんでもやります。

ノルマと言っても本部で言われた数字を各営業に振り分けるだけなので、達成できそうな数字を選んでるわけじゃないです。ただ、

「この数字を達成しろ、手段は選ばない」

とか言ってるのと一緒ですね。数字が達成できなければただのゴミ扱いの社員になります。

上司に呼び出されて

上司「おい、お前の同期の○○はノルマいってるのにどうしてお前はいかないの?どういうこと?」

友人「すいません・・・」

上司「お前甘ったれてるんじゃないの?そんなんで給料もらっていいと思ってるのか?」

友人「はい・・すいません・・・」

とかいうやりとりになります。ただ、こんなやりとりや超やさしい上司なんですよね。ひどいときには

上司「おい、お前、カス野郎、お前こんな成績で恥ずかしくないのか??!!」「お前みたいなゴミはもう目障りだからさっさと辞めろ 何でここにいるんだ?」

とか普通に言われるみたいです。

まあ、将来年収が良くなるためのラットレースのためとはいえ、こんなこと、下手すりゃ毎日言われて生きていくってなんか悲しい物語ですね。

かといってノルマを達成しても出世できるわけじゃなくて、上司に気に入られている人間が割と出世します。

週に3回以上の飲み会と土日の接待ゴルフをガンバってやっていくと上司に気に入られます。当然お歳暮お中元とかも出して、とにかく上司のゴマをすりなす。

何とも、こういったノルマをこなして、上司から罵声を浴びて、その上司にゴマすりながらなんとか頑張って出世するわけです。

そして出世した赤ついには「お前辞めちまえ」とか部下に罵声を浴びせるというサイクルが完成するわけです。

家庭を持っていて子供とかがいて、こういった部下に罵声を浴びせている姿を子供に見せることってできますかね?

いくら高給取りでもそんな親だったら、私はちょっと軽蔑しますけどね。普通に部下に「死ねよ」とか言ってる親とかいたら軽蔑しますよね。普通の子供なら・・・

そんな人でも家庭をもっているわけです。いや、生きてい行くって大変ですよね。

自分より上役には絶対服従

これはメガバンクというより「日本の金融業」だったら絶対条件です。これをしないと絶対に出世できません。(外資系金融はまったくこういったことはありません)

外資系企業のメリットは、日本的な人間関係のしがらみが無くて給料が高いということにあります。仕事ができても給料が上がらなないという矛盾が外資系企業にはありません。仕事に自信がある人なら迷わず外資系企業い転職すべきです。日本的なしがらみが無いのは想像以上に仕事がやりやすいですよ。

上司に対して1ミリでも犯行意見を言ったら、もうその時点でどんなに仕事ができようが出世できませんね。実際そういう人をたくさん見てきました。

一番まずいのは

「部下をかばって支店長とかに意見を言ったりする」

という係長とかが簡単に左遷させられたり、一生係長だったりすることが多かったですね。

そうなんです。人間的に普通と言うか、部下をかばって支店長に意見する人って人間的には「イイ人」ですし「尊敬」もできます。

ただ、それをメガバンクをはじめとする金融系の職場でやってしまうと完全に出世とかアウトです。金融系でいい人っていらないんですよ。

上司の役目は、「部下を限界までこき使って数字を上げる。どんな手を使ってでも」

こんな感じです。部下をこきつかって手柄を横取りするくらいじゃないといけないですよね(^O^)/

そういった上司がちゃくちゃくとメガバンクでは出世していきます。人間としてはゴミ以下でも、メガバンクとしてはこういった人はものすごく重宝しますからね。

かなり、考えさせられる部分ですよね。

私の友人で地銀に残ってるやつが2人いるんですけど、人間的にはいいやつで思いやりがある奴がずっと今でも平社員で営業やってます。もう40代です。

もう一人は、学生自体から本当い嫌な奴で、頭はイイんですがとにかく人を見下して、部下とかもこき使って暴言はきっまくりの奴でしたが今は支店長をやっています。

これくらい差が出てくるわけですね。

メガバンクとかでやっていくつもりがあるなら、人間的にゴミというかクズになっていかなければいけません。そのくらい部下を追い詰めて、過労死寸前にするくらい

こきつかうつもりでやらないとだめですよ。メガバンクで頑張っていってくださいね(*^^*)

会社から圧力が半端ない

ノルマとか絶対服従に関係するんですけど、会社からの圧力が半端ないです。

得にできない社員には「お前辞めろ」みたいな圧力がかかってきます。よくあるのは「転勤たらいまわしの術」ですね。

この「転勤たらいまわしの術」にかかると1~2年くらいで田舎の視点をたらいまわしにさせられます。まあ遠回しに「お前もう辞めてくれよ」と言わらているわけですね。

露骨な転勤地獄にさらされるのでたいてい辞めていきます。そりゃ耐えられないですよね。環境が変わって生活もあわただしいうえにノルマ地獄の仕事ってね。考えた丈でもストレスがたまりそうです。

辞めてほしい人間だけじゃなくても結局、メガバンクってずっとノルマがあるわけです。支店長になっても「支店長会議」とかあって役員に思いっきり叩かれるんですね。そりゃ必死ですよ。支店長から一度降格になったら「終わり」ですからね。

地位とかを一度得てしまうと、そこから落ちないに人間て本当に必死になりますからね。そうなると、部下とかを平気で罵倒したり過労死させるまで働かさせるわけです。それでいて罪の意識とか「全くない」わけですから、何かがおかしいわけです。

まあ、そこまでして地位とか収入にこだわるのもイイですけど、いまどきならネットとかでもお金セグこともできますし、必死になるのがちょっと怖いですよね。

だんだんと「人間らしさ」が無くなってきて、気づいたときには何も残っていない・・・・ということがあるんじゃないですかね。

あとは転勤が辛いですね 2~3年で転勤し続けるので生活は全く安定しません

さてメガバンクは全国各地にありますし海外にも支店があるので、とにかく転勤でどこに「飛ぶ」かはわかりません。

普通の会社って転勤の辞令の日のだいたい2~3か月くらい前には上司から打診があるんですよね。製造業とかメーカーとか普通はそのくらいですけどね。

だから引っ越しとかゆとりを持ってやることができるんですけどね。でもメガバンクとか上司にいきなり呼ばれて

「お前、横須〇支店に異動ね。2週間後だからよろしく。今から5日で引継ぎやって向こうで5日で引継ぎってことでやってね。あとちゃんと引き継ぎ書作っとけよ」

とこれで終わりです(;・∀・)

転勤拒否とかの前提は無いんですね。今私のいる製造業とかだと転勤を断る人もけっこういるんですけどね、その代わり出世とかは確かにひびきますけどね。

メガバンクではもういった突然の転勤が当たり前で、しかも家庭があろうが、なんだろうが関係ないです。

当然彼女とも別れることになるかもしれませんし、家とか買っても普通に住めない人とかいっぱいいます。新築で建てた家に住んでいないって人けっこういますよ。

これって、なんか費用対効果としても効率が悪いですし、人生と言う目で見ると全く充実してないですよね。効率が悪すぎます。

でもまあ、メガバンクでは転勤は数年ごとにあるので、しょうがないことです。こういった転勤地獄に耐えられる人はメガバンクで仕事をガンバっていってくださいね。

メガバンクに勤めてる人間でやっぱもう人間的に感情が薄くなってきますね ノルマ地獄とキャリアから外れタラ生きていけない恐怖

あとメガバンクに勤めていた友人を見てると、だんだんと人間的にな感情が薄れていってるのが解かります。喜怒哀楽ですね。その部分の「哀」の部分だけがとっしゅすしてくる感じです。

というか感情が薄くなってきて世の中の物事に関心が薄くなってる印象でした。まあ一言で言うと「人間的に面白くない人」に成り代わっていましたね。

大学時代にはけっこう楽しい奴らだったんですけど、メガバンクに入ってとたんの面白くない人間になってしまいました。

ノルマと出世だけにとらわれていたからでしょうね。といっても4人にて4人とも辞めてしまっているので、所詮マーチレベルの大学では出世はできないと思ったんでしょう。正直、早めに辞めて正解だと思いますね。

大量雇用、大量離職で生き残ればいいけどね やっぱ金融とか入ってもそこでの人間的な生活はないよね

結局、メガバンクもブラック企業と共通している部分が合って「大量雇用、大量離職」なんですよね。

沢山やめるからたくさん新卒で取る。それをふるいにかけて優秀な奴隷を集める・・・・人間らりい生活っていうのがあるのかないのかわかりませんけど、メガバンクに勤めるならそういった、家族とまったり暮らしたり、趣味をしたり、友人と接したりするとかそういったものは捨てる覚悟をしておいたほうがイイかもしれません。

そして、そういった生活を求めるなら労働環境を変えていくしかないわけです。

出世を求めてひたすら働くっていう生き方もアリだと思いますよ。私は絶対に嫌ですけどね。そこは個人の生き方なので何とも言えませんけど、ユルい仕事しながら

シュミとかやってく生活のほうが私はイイでけどねえ・・・メガバンクで頑張ってくださいね。

結論「BtoB」企業が最強な件について

結局「BtoB」企業、いわゆる取引先が企業間っていう会社が最強だと思うんですよね。特に最近は思います。

ノルマのない業界でかつ「BtoB」の会社がホワイト企業である可能性は高いです。そして独自のノウハウは特許を持っていて、ネームバリューはないけど地道に業績をの倍している会社というのがホワイト企業の特徴です。ブラックな会社に捕まらないためにもこういったポイントを押さえて会社選びをするべきです。

やっぱり、個人と取引するってストレス高いですよ。いつでもお客さんからのクレームとかにおびえないといけないですし、そもそもノルマを達成させるために個人のお客さんとかに無理して、たいして魅力のない商品を売りつけないといけないんですから、良心の呵責もありますしね。といっても良心の呵責なんてすぐにノルマに追われてなくなってくるんですけどね。こういう意味でも人間的な部分を失って行くんですよね。金融の仕事ってね。

できれば、仕事は「BtoB」の仕事を選びたいところです。なにも無理してメガバンクとかに入ってプライド全開で生きていくのってだんだんと疲れてきますからね。

もう少し人間らしく生きていくには、まともに自分のペースで働ける「BtoB」の企業とかがいいんじゃないかと思いますよ。

転職するのが不安だ・・・・またブラックな環境に捕まったらどうしようと不安がある場合には

メガバンクの仕事が限界だよ、転職したいけどでもやっぱり不安だよ、ブラックな環境にまた入ってしまったら最悪だ・・・と言う不安がある場合には一度優良な求人を紹介してもらって、自分の目で見てみるのがイイと思います。そうすれば視野も広がりますし、いい企業があるとう確認にもなりますしね。

ただ、ハローワークとかちまたにある求人誌とかを使っても掲載際されているのはブラック企業ばかりです。これはハロワとかが掲載企業を審査していないからなんですね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

たしかに転職って不安ですし行動しにくいですしね。私も転職活動前は不安でした。

しかし、転職って優良な求人を紹介してもらって、アドバイスを受けつつ履歴書を作って面接対策をしたら割と楽に内定を取ることができました。

準備と対策をすれば内定は普通に取れます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!