女性が育休を取りやすい職業は意外とあります 結婚出産するケースまで想定した職場を選びましょう

男女雇用機会均等法ができてかなりの年月が経ちますよね。これから女性の社会進出は進んでいくでしょうし、仕事での立場責任も男性に近づいていく時代になってくるでしょう。

仕事をやって自立して、結婚もして家庭を持ち出産をする・・・・こういった女性にとってのライフサイクルを実現するにはやはり仕事と家庭の料率が必要です。

そのためにはやはり、「会社の理解」が必要になってきます。そうです。産休育休に理解のある会社である必要があります。」

もちろん、専業主婦になる人やそういった計画の人はかんけいありませんが、今では結婚しても男性女性が共働きをしないとなかなか家庭を維持していくのには大変な時代です。平均給料は20円前から100万円以下がっているご時世です。

女性が働いていくのが前提の時代になっているのに、実際、産休育休については充実している会社が多いとはとても言えない状況です。

法律的には男性の育休まで認められた昨今ですけど、実際、きもちよく産休育休をとれる会社はまだまだ少ないのが現実です。

会社では産休を取る女性に対してもマタハラもあり、産休育休を取って復帰しても、そのあとは以前の職種には戻れないみたいな会社も多いです。

そんな状況では、自分で産休育休精度がしっかりしている会社を選んでいくことが、女性が仕事を結婚出産後も続けていくための予防線になってくるわけですね。

仕事の内容以上に大事なポイントといっても過言ではありません。ここでは産休育休制度を取りやすい会社を選択する重要性についてご紹介します。

基本はサービス残業をさせるような会社はやはり産休育休がとりにくいです 法律を守らないといというかそういう空気を持っています

まず、世間でアリがちなサービス残業をさせる会社ってよくありますよね。大手の会社でも広告業界、商社、飲食、生保と上げれば多いですけど深夜まで働いても残業が全くつかない、もしくは一部つかないという会社はいまだに多いです。

どうですかあなた会社は?そういう会社っていわば労基法違反です。「バレなきゃいいや」ということをしてるわけです。

個人ではなく「会社」がそういうことをしているわけですよね。

そういう会社がまともに「産休育休」をきちんと摂らせてくれるとはとても思えません。どうでしょうか?仮にとれたとしても

その後女性は、閑職に回されたりなんrかのペナルティがあるかもしれません。

実際、今までの例できちんと育休産休をとって復帰して仕事を問題なくやっている女性がたくさんいればいいのですが、現実問題で女性が産休育休を取れなかったり、子供ができたら辞めてしまったりというケースが多い会社は要注意です。

そこで無理に産休育休を取ろうとしてもいままでの女性の二の舞になるのは目に見えています。

これなんですよね。日本の会社のダメなところって従業員のことを考えていない、従業員の生活を考えていない
会社が多いです。特に女性はこういう面で損をします。

「女性は子供ができたら退職するんじゃないの?」

「そもそも産休なんてとっている人うちの会社ではいないよ?」

みたいな空気が暗黙の了解になっている会社って多いんですよね。そりゃあ会社からすると仕事を長期で休まれるのはデメリットですけど、現代の会社で産休育休をもまともに取れない会社ってどう思います?

そういう会社は遅かれ早かれ時代に取り残されてダメになっていく可能性も高いです。目先の利益ばかりを考えている典型的な器の小さい経営者がやっている会社ですよね。

結婚出産しても仕事を続けていたい女性なら、そういう会社の方針に気づいた時点で、女性の出産に理解のある会社への転職を検討すべきですね。

そうしないと、仕事をがんばる女性がライフプランを立てていくのが非常に困難になってきます。

産休育休が取りやすい会社に転職する女性はライフプランを考えて行動しています

笑顔の女性

私は金融業から製造業に転職しましたが、比較的金融業も製造業も女性が産休育休をとって、きちんと復帰していました。

金融業は男性女性にとってハードな仕事内容ですが、男性は帰りが遅いですが、女性は基本定時で帰る人が多いです。女性は男性ほど仕事ははーどではなかったですしね。

銀行の女性はしっかり育休産休を取って戻ってきました。なかなかハードな仕事をしているのに「立派だなあ」と当時思っておりました。

また製造業(自動車関係)では女性は少ないものの、労働組合が強く女性の労働環境も割と保護されていました。

ここでも、女性はしっかり育休産休をとって仕事に復帰していましたね。

一方で、生保営業をやっていた知り合いの女性は転職をして、中小メーカーの事務の仕事を始めました。

生保営業で成績を残していたのですが、転職の理由を聞いてみると「育休産休が取れないから」という理由でした。

その時はその女性はすでに結婚していしたが、まだ子供はいなかったので、将来子供ができたときを見越して転職をしたようでした。

その知人女性の転職先メーカーでは産休育休はしっかりとれる状況だったようです。もともとそういう会社をピックアップして転職活動をしていましたね。

当時この女性の行動を「かしこいなあ、人生考えてるなあ・・・」と思ったりしましたが、今考えると当然なんですよね。

女性のほうが仕事を生涯「続けていく」というのはむつかしいです。そのために自分が有利になる行動をしていくのはある意味当然なんですよね。

こういった産休育休が取りやすい会社というのは実際あります。もう一度言いますけど女性にとっては仕事内容よりも産休育休が取りやすい会社というのが仕事を続けいていくのに重要な要素になるケースもあります。

そういった産休育休制度が充実した会社はどうやって求人を調べればいいのか?というのがむつかしいところです。

普通にハローワークではそんなことはわかりませんしね。そういう場合は転職エージェントを使用して、育休産休をしっかりとれる会社の求人をピックアップしてもらうのがおススメです。

転職エージェントで育休産休をしっかりとれる会社の求人を見つけてもらいましょう

黒板に書く人

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが、あなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!