ブラック企業の男性が結婚前に転職する方法 家庭を大事にしつつ自分の希望のバランスをとっていこう

電話する営業

男は厳しいですよね。家庭をもって妻や子供を養わなければいけないですからね。

あなたが結婚はするけど、転職も考えている・・・という場合は彼女(奥さんになる人)には転職のことを理解してもらわないといけません。でもブラック企業に勤めているなら、結婚前だろうが何だろうが転職したいですよね。

ごめんなさい。女性を理解させるのはかなりむつかしいので、少しでも「納得」させてから転職すべきです。

女性の納得が無いと、結婚したりすでに結婚していたとしても、全然奥さんのあなたへの「協力する態度」が変わってきてしまいます。

女性って女なので、当たり前ですけど「女々しい」です。一度自分の意に反した転職を夫がしてしまったとなると、なにかあなたに不利なことが起こると

「あの時転職したらこうなったんだ」

「転職なんでしなかったほうが良いに決まってる」

とか完全に決めつけで一方的に転職したことを非難してくることが多いです。

逆に、奥さんを多少でも納得させておけば、転職するときも、そのあともあなたに協力してくれます。

納得と言っても「完全に納得」させるのでもなくシブシブ納得させるくらいでも十分です。

結婚前後で一番いけないのは、相談をせずに勝手に転職してしまうというのが一番まずいです。下手すると

「この人私を信用してないんじゃないか?」

と女性は思い込むようになり、結婚やめたり離婚とかになるケースもあります。女性は思い込みが激しいので得てしてありがちです。

そのため結婚前後での奥さんとの転職するときの相談は必須です。家族なのですからね。そして転職に対して奥さんが「協力してくれる」方向にもっていきましょう。

ここではあなたが結婚前後で転職するときの行動方法のポイントをご紹介しています。

ぜったいに「家族のため」「君のため」の転職をアピールする 本心では「自分が転職したい」でも言わないほうがいいですよ

まず、転職するときに奥さんにそのことを説明し相談しますよね。

その時に、たとえば本音は「ブラック企業から抜け出したいから」「自分のキャリアアップのための転職」「今の会社じゃあやってられない」「今の会社の上司と反りが合わない」といって理由だとします。というかたいていこういったのが転職理由だと思います。

これをストレートに奥さんに行ってしまうのはちょっとNGです。本音でもそれを言ってしまうと結局「自分のことしか考えてないじゃん」と奥さんに誤解されるからです。

まず奥さんへの転職理由を説明するときには「君のため」「家族のため」「家族の将来のため」「将来の子供のため」といった「家族のために転職する」ということを第一に伝えることが必要です。

完全に自分のための転職だったとしても、まず「家族のため」ということをプッシュしましょう。そうでないと女性は「こいつ結婚するのに将来のこととかどうでもいいのか?」と思い込んでしまうからです。

逆に「家族のための転職」をプッシュすれば「この人は私のことを考えてくれている」と奥さんは思います。「そんな単純なものなのか?」と思われそうですけど、女性は基本変化を嫌いますし、それが自分のことを考えてくれてないと思うとなおさら転職には反対します。でもそれば自分のためということになると、逆に奥さんのあなたへの協力心を煽ることができます。

このあたりの、説明のやりかたは鉄板というかやっておいたほうが良いです。そうするとそのあと奥さんがあなたの「協力者」になるかそれとも「転職をしてことを根に持つか」という別れ道になります。

結婚したら奥さんの考えを自分と一緒の方向性にもっていかないと厳しいですよ

結婚前後で転職する場合奥さんをあなたの「協力者」にしないときついですよ。

あたたが転職して1~2年くらいは仕事を覚えたり新しい人間関係で仕事がかなり大変です。

そんなときに奥さんがあなたの生活をフォローしてくれて「協力者」になってくれればかなり助かりますよね。

そうなれば転職後の大変な仕事もやっていけると思います。

逆に先ほどの、転職の説明を奥さんにするときにミスって、「自分が転職したいから転職する」みたいな本音を言ってしまうと奥さんが協力者どころかあなたの行動にケチをつけたりします。女は根に持つ生き物です。

仕事で疲れて帰ってきても、ねぎらいの言葉もなかったり、何か仕事でトラブルがあったりすると「転職するからでしょ?」とか冷たく言われたりします。

そうなると協力どころかあけって生活自体もきつくなってきます。これも家庭を持つとすごーくよくあるパターンですよね。

転職に限らず奥さんを「協力者」にしていないと男は仕事で出世したりするのもむつかしいですしね。

そのあたりはあなたの転職をするときにうまく相談できるかどうかにかかっています。

ただ、もしあなたがブラック企業に勤めていて心身ともにきつい状況だったら、奥さんは転職するのをダメとは言わないと思いますけどね。

結婚後の転職は自分のやりたいことより「労働環境」と「賃金」をメインに求人を探したほうが良いです

あと、結婚前後の転職先はやはり家庭を持つということになるので、「自分のやりたいこと」よりもある程度「労働環境と賃金」を重視したほうがあとあと楽です。

結婚した後で労働環境が悪かったり賃金が低かったりすると、生活をしてくときにかなり苦しい思いをします。

私が言わなくても、あたりまえなんですけどね。家庭をもって毎日長時間残業とかして、休みの日に家族サービスとか死ぬほどきついですよ。

賃金が低かったりすると、結婚後の生活自体に余裕が無くてだんだんと心が荒んできて、家庭生活にもそれが出てきます。

そういったささいなことが離婚の原因になったりするので、長期的にかんがえるとやっぱり「労働環境と賃金」はいい方が楽に決まってます。

少なくとも転職するのですから、今の会社よりも労働環境か賃金が良くならなければハッキリ言って意味がありません。

悪くなるんだったら転職しないほうがいいですしね。これからは家庭も持つわけですから家庭の忙しさわずらわしさもある程度はでてきます。

それでいて、サービス残業やらされまくって、賃金低いんじゃなんの苦行をやっているのかわからなくなってきます。

結婚前後の転職では「藤堂環境と賃金」は最重視していきましょう。そうでないと今後の家庭生活が苦行になってしまいますよ。

でも、どういった業界や会社が賃金が良いのか、または労働環境がしっかりしていてちゃんと残業がついて長時間労働が少ないとかは自分一人では判断しにくいですし、そういった求人を探すのにも苦労します。

そこでおススメなのが転職エージェントに登録して転職の方法をアドバイスしてもらって求人を紹介してもらうのがそススメです。

結婚前後の転職を転職エージェントを利用して効率よくやっていこう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

ブラックな職場やブラックな人間関係にハマってしまうと、そういった職場にいるだけで精神的にまいってしまいます。

結局、体を壊したりうつ病になったりして退職してしまう・・・最悪、過労死するということも考えられます。

そこまで我慢するよりも労働環境を変えていく行動を取ったほうが前向きです。

ただ転職となるとどうやっていいかわからないのが普通です。そのとき転職エージェントのアドバイザーに相談すると、ケースバイケースであなたの状況を考えてアドバイスをしてくれます。

また、転職エージェントの扱っている求人はアドバイザーが審査しているのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークや求人誌はこういった求人掲載に審査が無いので、ブラック企業がたくさんあるのが現状です。悲しいですよね。

「従業員にやささいい会社」・・・いわゆる普通の会社っていうのは世の中にはたくさんあります。そういう会社の求人を見るだけでも視野が広がって転職がそれほど世間で言われいるよりむつかしくないことが分かるでしょう。

転職エージェントは登録から利用まで無料になっています。求人開催企業から報酬をもらって運営しているので登録者にはお金はかかりません。

あなたに合った求人をアドバイザーが面談をして選んでくれるので、人生の選択肢が大きく広がっていきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!