サラリーマンがブラック企業を脱出して生涯年収を上げる裏技から現実的な方法をご紹介します

張り切る女性

会社員をずっとやっていくなら、やっぱり生涯年収は高いほうが良いでしょう。

といってもブラック企業に勤めている限りずっと激務低賃金でへたすると命を奪われるので、ブラック企業から脱出するのは大前提です。

よく「お金が全てじゃない」とかいう人がいますが、まったく現実がわかっていません。もちろん大金持ちになっても幸せが得られるわけではありませんけど、最低限のお金がないとほとんど不幸になります。

なぜなら、いつも「お金が無い」という心配をしながら生きていく人生というのは、相当高いレベルのストレスを受けるからです。しかもブラック企業にいて、お金が無いんじゃ生きている意味ないんじゃないの?と思うくらいです。厳しい言葉ですがこれが現実です。

というか日本人の性格から言って貧乏でも明るく生きていくみたいなのはむつかしいです。ブラジル人とか、または生まれつきそれに近い精神構造を持っている日本人じゃないと、お金が無いと普通にストレスがたまりますしね。

裕福な家庭のほうが、絶対に精神気におおらかですし、安定してますし人にやさしかったりしますしね。だいてい役場でキレたり怒鳴ったりする人はお金が無い人です。お金があれば争い事とかしないです、これってガチです。現実から目を背けないようにしましょう。

話がそれましたが、それだけ会社員にとって「生涯年収を上げていく」というのはそれだけ大事なことなんですね。

ここを無視して生きていくと後々後悔することになるので、生涯年収を上げていく意識をもって仕事をしていくのがポイントです。

ここでは生涯年収を具体的に上げていく方法をご紹介します。

家庭を持つなら自分が正社員でかつ正社員の男性・女性と結婚する 生涯年収が一番簡単にアップします でも相手がブラック企業だじゃめですよ

まず、最初に生涯年収を一気に上げるなら、まず自分が正社員であるのは絶対条件ですが、それにプラスして結婚する相手が正社員でずっと勤めてくれるような人だったら単純に生涯年収が倍になります。

「それって個人の生涯年収じゃねーじゃん」と突っ込まれそうですが、確かにそうですが家庭という単位を見ると生涯年収が倍になると、いかに生活が充実するかが現実ではすごいですよ。

私のもといた会社なんかはそこそこ給料がもらて女性でも男性並みの給料があります。たいてい社内結婚が多くて、女性は産休とかがあっても会社を辞めません。なので、ずっと「2馬力」なんですよね。^

年収が500万円づつあれば、二人で年収1000万です。

簡単すぎたアホみたいな計算ですけど、これってバカにできないですよ。年収1000万て一人の力で勝ち取ろうとすると今ではほとんど無理ゲーです。会社員の2%ですからね年収1000万円以上の人って。

そこに無理矢理入るよ入りは、こういう伴侶を得るのが一番楽です。ちょっと生々しい話ですけど、これを考えていない人って多いんですよね。

今では未婚率も上昇して独身率もたかいですが、その理由は「結婚しても一人の稼ぎではやっていけない」という現実があるからです。

結婚してどらかの給料一本では現実的にはやっていけないでしょう。やっていけたとしても相当苦しい生活になります。

ただ、相手がブラック企業勤めてで、あなたもブラック企業勤めとかは冗談でもやめたほうがいいですよ。とにかく生涯年収を上げるには

ブラック企業を辞める→普通の会社に勤める→普通の会社に勤めている人と結婚する→その人が結婚出産後にも会社を辞めたい(男女問わず)というのが年収倍増計画です。

自分自身の生涯年収を上げるには今の会社で出世するか転職するかの二択です もちろんブラック企業を辞めて普通の企業で出世ですよ もちろん給料がいい会社が前提です

悩む牛
これもベタな方法ですけど、単純に生涯年収を上げるには

「出世して賃金を上げる」

「給料のいい会社に転職をする」

かの二択です。もちろんブラック企業を辞めて普通の会社に勤めているのが最低の条件ですけどね。

「いや今更それかよ」っていうここでもツッコミがありそうですけど、そのうちの「出世して賃金を上げていく」っていうのがかなり無理ゲーなんですよね。

例えば私の同期で私なんかより仕事が10倍できる人がいて、出世もしていました。でも出世しても私が年収500万位もらっている時にせいぜいその10倍仕事ができる男の年収は600~700万です。ホントにガチで10倍くらい仕事できましたよ。

でも貰っている給料はせいぜい年収で100~200万位違うだけです。何が言いたいかというと、本当に仕事ができて出世コースにのっていてもこのくらいしか違わないというわけです。

仕事を倍やっているから、仕事が倍できるからといって給料が倍になるわけではないんですよ。これを考えない人が多すぎる。

もちろんしょうらいもっと出世して役員にれるなら違いますけど役員クラスになれるのは、1000人に一人くらい・・・

かなり確率の悪い無理ゲーですよね。

そこを考えると「転職してブラック企業を脱出して給料のイイ会社に入る」というのはそれほど無理ゲーではありません。普通に金回りのイイ業界や会社に転職するとやっている仕事のレベルはそれほど変わらなくても、年収が50~100万円以上アップするというのはザラです。

特に20代後半から30代くらいで自分の会社の給料があきらかに世間より安い場合は、転職の行動をしないと生涯年金アップにとって致命傷になります。

もちろん40代以上でも転職はできますけど、相当なスキルなどが必要日なってきてしまいます。

20代後半から30代くらいならまだ、ある程度転職がやりやすい年齢ですし、待遇のいい会社でもすっぽりハマることができます。

私は34歳で転職しましたけど、年収が450万から550万円にアップしました。やってることは営業から総務になりましたけど、営業より仕事がかなりラクで年収がアップするという・・・

その時思いました。「何やってたんだ新卒から10年間くらいこんな給料で営業で奴隷みたいにこき使われて・・・」

ということです。

転職という行動を取れるかどうかでここまで違ってきます。転職のリスクって、その低賃金の会社がかたむく確率より

低いですよ。低賃金の会社って経営者が従業員のことを考えていないケースがほとんどなので、そのツケは会社の質が悪くなって、結局最後には倒産していくという運命をたどっていくような気がします。

会社の給料は二極化しています 残念ながら入った会社で給料が決まってしまうのが事実です

考えるサラリーマン
世間の会社の給料ってかなり二極化しています。給料が低いところと給料が高いところ。

というか給料が高いところが今までの普通の会社ですよね。給料が安いってのはずっと年収が300万円台だったりするわけです。

なんでこういう会社で仕事してるの?という疑問もあります。完全コミュ障で、究極に不器用な人ならしょうがないですけど、

普通に仕事ができそうな人でも、ブラックで低賃金なところで働いている人っていっぱい見ます。そもそもブラックで低賃金な会社には一分でもいいので早く辞めた追ほうがイイです。もうこれ言うの疲れてきましたけど、ブラック企業は1ミリもメリットが無いので早く辞めてください。

「いや普通に転職活動しようよ」といつも思うんですよね。低賃金は会社でブラックでこき使われているろの労力を転職活動を適正にやっていけば、たいていそこそこの給料の会社に転職できますよ。

特に20代から30代前半の人なら、低賃金の会社を選択してそのまま働いている意味がわかりません。

「転職活動」というのが日本では軽く見られがちなんですよね。転職の方法は転職エージェントで相談すれば適正なやり方を教えてもらえるので、自分の会社の給料が低ければ迷わず転職すべきです。

そのまま低賃金に耐えながら生涯賃金が少ないというストレスをかかえながら生きていくのは想像以上にキツイです。

転職という行動を起こすかどうかで人生がかなり違ったものになってきますよ。

転職エージェントで賃金の高い会社に効率よく転職しよう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。

今の職場より賃金が高い職場という明確な希望を言っておいたほうが良いです。

そうすればアドバイザーがあなたと面談を希望を生かした求人を選んでくれるからです。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!