20代後半で未経験などの分野に転職が不安な時の判断方法

会社を辞めたい男

20代も後半になってくると今の会社でいいのか?という不安が出てきます。

「このままこの会社で働いていて、自分が満足できるのだろうか?」

「ほかにやりたいことがある、このままでは満足できない」

「もっと自分はキャリアップできるんじゃないか?」

「この会社の給料では不満がある」

「この会社にい続けたらだめになる」

「上司と反りが合わない。人間関係がキツイ」

「そもそもブラック企業に近いから転職は今しかない」

「もうこの会社ではやっていけない」

とまあいろんな思いがよぎるのが20代後半です。ホントにただ、今いる仕事がマンネリだからつまらないといった軽い不満からガチでもうブラック企業でこの会社でやっていくのはダメだ、もう限界だという深刻な理由もあります。

軽い不満でもガチで厳しい状況での不満でも、26歳くらいになったら自分と会社との関係を一度見直してみるといいです。

26歳くらい移行になれば大卒で就職して3年以上は立っていることになります。そうなれば、仕事も一通りできるようになり責任ある仕事も任せられるようになってきています。

そして、今務めている会社にいればどのくらいの満足いく仕事ができるのか、

将来どのくらい出世すれば、どのくらいの給料がもらえるのか

そもそも、この仕事は自分に合っているのか?

今の仕事以外にやりたいことは本当にあるのか?

といのが具体的にわかってくる年齢です。そのくらいの時期に会社と自分の関係性を見直して、転職すべきかどうかを判断するのは人生にとって、ものすごく大事なことです。

できれば5~10年くらいに一回はこういう作業はしたほうがイイんですよね。そうでないとズルズルとやりたくもない仕事をしながら、不満を抱えながら定年まで過ごしてしまうことになります。

あなたはそういう仕事の人生を送りたいですか?イヤですよね。

ここでは、20代後半で転職すべきかどうかの判断をご紹介していきます。

10年後の自分がこの会社で充実して仕事をしているイメージがあれば転職しないほうがイイです

まず、今いる会社で自分の10年後を想像してみましょう。

30代後半です。ある程度の役職について部下もできて仕事をバリバリやっている自分。その仕事内容も納得できて賃金もそこそこ納得できる・・・・そんなイメージがもてるなら、今いる会社で働き続けるのがいいですよね。

この「イメージできる」というのがかなり大事で、たとえばブラック企業だったりすると、

「一週間後の自分てもしかしたら過労死してるんじゃね?」

とかいうイメージも普通にわいてしまいます(^O^)/

こんなイメージがわく会社だったら、即退職して転職したほうがいいです。割とまじめな話。

あなたが、今いる会社で10年後もきちんとバリバリ働いているイメージがモテる会社なら、あなたに仕事が合っていて労働環境を悪くない会社なのでしょう。

その会社に勤めていて未来がイメージできないよな会社はたくさんあります。もちろん仕事内容だけの話ではなくて

「会社の経営が危なくて10年後って会社がうまく経営されてないかもしれない」

「今の役員が腐ってるので、今はイイがこのままいくと10年後この会社もやばいかもしれない」

こういったイメージがある会社はかなりヤバイです。20代後半の末端の社員がそういうイメージがモテてしまう時点で会社はかなりやばい状況だからです。

今いる会社での10年後のイメージそしてみて、自分が不満なく働いているイメージが出来れば今の会社にそのままい続けるべきです。

今の会社に不満のほうが多ければ、一度自分と会社の関係を確認しなおしてみましょう それでも不満のほうが多かったら転職を検討するのがベター

今の会社ではとても10年後に満足して働いているイメージがわかない。というのなら一度自分と会社の関係を見直してみましょう。

たとえば、今の部署での仕事をしていて、その仕事が自分の本当のやりたいことなのか?

この会社での給料でいいのか?

こんなに働いても出世できそうにない。このままこの会社にいてもあまり目は出ないだろう。

人間関係が悪すぎる。いくらなんでもこれはひどい。

こういった思いが出てくと思います。そういうところを一つ一つ書き出したりして

「この会社にい続けるかどうか」の判断をします。

特に今、自分の中で不満を書き出してみると、その会社との自分の関係性が分かってくると思います。

意外とテンションが下がった状態で冷静にその不満を眺めてみると、それが自分にとって重要なことかそれとも、ただの思い過ごしか・・・というのがわかってきます。

書き出して、冷静に不満や思いを眺めてみてそれでも

「この会社にはいたくない」

「もっとキャリアを積みたい」

「もっと労働環境のいい場所に行きたい」

といった思いがあれば、転職したほうがいいです。

20代後半というと転職するには一番いいタイミングなんですよね。職歴も数年ついて、まだ20代という異業種に未経験でも充分入れる年齢です。選択肢は限りなく多いです。これが30代になってしまうと、どうしても未経験でOKの求人は激減しますから、転職のタイミング的には20代はベストなのです。

しかし、求人を集めたり履歴書を書いたりする作業を一人でやるのはなかなか蒸すかしいものになります。

転職が初めての場合はとにかく何からやっていいのかわからないというケースが多々あります。

そういうケースなら転職エージェントに転職のやり方のアドバイスをもらうのがおススメです。エージェントは転職のプロなので、的確なアドバイスをもらうことができます。

自分に合った職業の相談でもイイですし、なにより求人を探してくれるので時間的な効率がハンパなくいいです。

求人はエージェントが審査しているので、ブラック企業はありません。あなたの強い味方になってくれるでしょう。

転職エージェントを利用して効率のイイ転職活動をやっていこう

ビックリする考える人

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!