20代後半のフリーターやニートが正社員に就職しないと人生が詰む理由 効率的で賢いホワイト企業への就職方法

悩む20代後半

20代後半というと26歳から29歳までですね。このあたりの年齢でフリーターを続けていてそのまま30代になると、完全に人生が詰みます。

私は派遣社員の採用の担当を製造メーカーでやっていたことがありますけど、30代でずっとバイトしかやったことが無いひとと接する機会はたくさんありました。

派遣社員になる人には30代40代の人がたくさんいましたからね。特に男性で派遣の仕事を30代40代の年齢でやってる人って、

「ずっとバイトとか派遣でやってきた」

と言う人がほとんどです。100人以上はそういう人と接してきたんですけど、

「ずっと20代のころからフリーターで派遣やバイトの仕事をしていた」

と言う人ばかりです。

何が言いたいかというと20代ののうちに正社員にならないでそのまま30代でフリーターのままだと「一生フリーターだぜv( ̄Д ̄)v イエイ」と言う人生になります。

サラっと書いてますけど、フリーターで30代40代って想像以上に厳しい生活です。正社員とフリーターの生涯賃金(一生で稼げるおカネ)の差は2億円以上ですしね。2億円も稼げるおカネの差がついてしまうのがフリーターと正社員の格差です。

それでいて、一見フリーターって責任の軽いバイトだけで楽なような気がしますが、それは20代までの話です。30代40代になってくるともちろん体力も衰えてきますし、バイトの仕事でもきつくなってきます。そのうえ、自分より若い正社員の上司にこき使われてかなり惨めな思いをしますしね。

私のいた会社の現場でも、40代50代の派遣社員が、20代の若造の正社員に無下に扱われて、完全に下に見られて厳しい態度を取られていましたからね。

自分の息子くらいの人間に、こき使われるわけです。これって想像以上にきついことですよ。

そもそも、バイトといっても30代40代になってくると、バイトですら雇ってもらえなくなります。派遣やバイトを雇い入れる仕事をメーカーでやらされていたころそりゃ同じバイトでも20代と40代の人がいたら20代の人を選びますからね。20代のほうが体力もありますし使いやすいですし、40代の人とかだと変にプライドだけ高くて仕事が何にもできない人て多かったですからね。年齢でバイトや派遣すら雇ってもらえなくなってきます。

フリーターのままそのまま30代になってしうと、本当に悲惨な人生が待ってますよ。そのあたりの危機感を持っていないと本当に後悔する日がくるはずです。

実際に私の知人でもずっとバイトでやってる人はいますけど、介護の派遣社員や工場の派遣を転々としている人がほとんどです。結婚もできませんし自分のための貯金もなかなかできない様子です。そういう生活でもいいなら構いませんけど、あえてそういう自分からいばらの道を選ぶのってきついんじゃないかと思います。

フリーターって20代のうちは気楽ですけど、30代40代で一気に加速して堕ちていくというイメージですね。それは30代くらいになると周りに人間がステップアップしていく年齢であるにもかかわらずフリーターはずっと同じ位置にいるかさらに落ちていくだけの人生になるからです。

20代後半でも26歳と29歳では天地ほどの差がる転職市場 この一年一年は年齢が上がるほど求人は減っていくのが現実

さて、フリーターのままで30代になってしまうと、本当に悲惨な人生が待っています。現実なので、直視しないで生きていくのもイイですけど、やっぱり普通に就職して正社員になるほうがイイにきまっています。ただし、ブラック企業は避けたほうがイイですけどね。

20代後半でも26歳と29歳では、就職できる確率が一年ごとにがくと下がっていきます。そして29歳と30歳ではフリーターから正社員に就職できる確率はさらに小さくなってしまいます。

これって単純に企業の募集が「26歳まで」とか「29歳まで」とかあるからですね。とても分かりやすい理由です。

就職する人にとって見ると29歳と30歳ではまったく同じと言うか差は無いように感じますけど、会社はそんな事情はかまってくれません。求人を年齢でスパッと切るのが当たり前です。

外国とかでは求人を出すときに年齢制限を設けるのは「人権侵害」みたいになるので、年齢制限をかけていない国もあります。ただ、日本では就職って年齢が若いほど有利というのは鉄板の現実で、容赦なく求人に年齢制限をかけてきます。

そう、20代後半でフリーターってあ棚が思っているよりも追い詰められた状況なんですね。自分で個人事業をかをやるとかの予定が無い場合はそのままフリーターで30代になったら、まともに正社員になった人を私は見たことがありません。みんな派遣かバイトで食いつないでいます。

厳しいようですがそれが現実なんですね。

20代後半(26歳~29歳)になったら一年一年の重みが違います。できれば早いうちに就職活動を始めて、ブラック企業でない「まともな会社の正社員」になっておきたいです。

精神論では早く行動したほうがイイ、ただ、準備と対策すれば正直20代なら就職は普通にできます しかし自己流で就活をするのは危険ですよ

ここまで厳しい現実を語ってきましたけど、20代後半ならあなたにその気があれば、「ブラック企業でないまともな会社の正社員」になるのはそれほど難しくはありません。

簡単ではないですけど、世間で言われているほどむつかしくはないですよ。

まず、フリーターのままで30代になってしまったら、冗談抜きで人生ハードモードになる・・・・という現実を見て見ぬふりをしないでください。そこを現実逃避してフリーターもままでいくと本当に容赦なく現実の牙が襲ってきますからね。

20代後半のフリーターが就活しようとすると、ハローワークとかに行く人もいますが、ハロワにいったら「ブラック企業に就職する可能性が90%以上」になってしまいます。ハローワークって掲載企業でブラック企業がメチャいっぱいあります。この理由はハロワは掲載企業を審査していないんですね。

働きながら転職活動をするのにハローワークを使うのはNGです。在職中の転職活動はきついし辛いですからね。そのうえブラック企業満載のハロワを使ったら悲惨なことになります。効率よく時間を使って転職活層をしていくのがベターです。その方法をご紹介しています。

そういう場所なんですよねハローワークって。しかも職員も嘱託職員とか派遣の職員でやってるんで、平たく言うとハロワの職員て就職に関して素人の

おっさんとかおばちゃんとかがいるだけの場所なんです。だからまともなアドバイスも期待できませんし、そもそも求人がブラック企業ばかりなので、

「まともな会社で正社員になる」という希望は全く叶えることはできません。

ちなみに、ちまたにある求人誌(タ〇ンワークとか)でもハローワークとかと全く状況は同じです。求人誌も企業から掲載料を取っていないですからね。

こういったハローワークとか求人誌を見てみるといいですよ。ものすごいブラック臭がただよう会社がいっぱいありますから。なんかこれすげえな・・・みたいな会社がいっぱいあります。普通に怪しげなものを打っている会社とか掲載されていますしね。ちょっと怖い感じすらあります。

そう、まず就活って「優良な会社の求人をさがす」ってことがまずできないと苦しい状況になります。どんなに優秀な人でも求人がショボイ会社だったら最悪ですしね。

逆に優良な求人をゲットすれば、人材的には普通の人でも、「ホワイトな会社」に入れてしまうわけです。

そうなんですよ。優良な求人をゲットするには「優良な求人を紹介してもらう」のが一番楽で速いです。

ハロワとちがって就活エージェントでは、厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。優良な求人をリスクなく紹介してもらうための最も有効なツールです。

自分一人で就活していても、正直効率が悪すぎて時間が過ぎていきますし、しかもブラック企業に捕まってしまう可能性が高くなってしまいます。

フリーターから正社員になるには、まず自分ひとりでやみくもに就職活動をするんじゃなくて、ブラック企業を避けることができる有効なツールをうまく使って行くのが成功のカギになってきます。

でも就職活動がどうしても不安だ・・・ブラック企業とかに捕まったらまたフリーターに逆戻りするのが怖い・・・と不安がある場合には

20代後半だけどフリーターから正社員になる就活が不安だ・・・・もし正社員になれてもブラック企業に捕まったらどうしよう・・・という不安がある場合には

一度、優良な求人を紹介してもらった自分の眼で見てみるんのがイイと思います。優良なきゅじんを見れば実際、ブラック企業じゃない求人があるという確認になりますし、自分がやってみたい仕事の選択の判断材料にもなります。なにより就活のふあんが少なくなってきます。

ただ、上に書いたようにハローワークとかちまたの求人誌はブラック企業がいっぱいです。掲載求人を厳しく審査している就活エージェントにはブラック企業はほとんどありませんし、就活のプロが的確なアドバイスをしてくれます。

たしかに、就活って不安ですし、正社員になれるかどう、ちゃんとした会社に入れるのかどうかは不安なものです。

しかし、就活って優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらいながら履歴書を作って面接対策をすれば内定は普通に取れます。準備と対策をすれば問題なく内定をもらうことができるんですね。

優良な就職エージェントは下記のとおりです。就職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して就職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって就職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!