大手企業の正社員の中途採用の求人をうまく探して転職する方法

しかめっ面する営業

大企業への就職がとにかく人生では最良・・・・というのは就職活動のときからそのスタンスは変わっていませんね。

大企業に就職しればそれなりのステイタスや高い給料、大規模な仕事を扱うことができたり、一個人ではむつかしい社会的影響力のある仕事をしたりすることもできます。

まふが福利厚生や、休日日数なども中小企業より高いケースが多く、大企業に就職するメリットはいまだに大きいです。

ただ、大企業に就職できる人は

「新卒での就活で入ることができる就活エリートだけだ」
「相当なスキルをもった中途採用者だけだ」

みたいに思われています。これは半分あたりですが、半分間違いでもあります。

正直私がはいった企業も名前は出せませんが一部上場のいわゆる大企業でしたが、業務拡大のたまにたまたま中途採用者を大量に募集していました。そんため、特に抜群のスキルが無くても「そこそこ」の人材なら当時内定を摂れたという状況です。

もちろん、中途採用で大企業に入る場合アピールするスキルが全くないというのはきついでしょう。ただ、こういった例もあり

「それなりのスキル」があるくらいで大企業に中途採用で入り込むことは可能です。

そのためには、転職したいと考えたときからやっておくべき行動があります。そうしないと、そういった業務拡大のための

中途採用の求人を見つけることができませんし、運良く見つけても内定を取れずチャンスを逃すことになります。

ここでは大企業への転職で中途採用されるための行動方法をご紹介します。

大企業は中途採用をするのはまさにタイミングが命です 求人を絶えずチェックするのがまず最初です

地味なことで恐縮なんですけど、転職で一番大事なのって求人チェックなんですよ。しかも大企業の求人て当たり前ですけどあまりでません。世に出ないんですね。

と言っても大企業が業務拡大するときや、例で言う新しい工場を建設するのでそこの新規スタッフ募集みたいのもたまにあります。

また、新規プロジェクトを立ち上げるのでそのためのスタッフを募集。いずれ海外に派遣する要員だったりといろんなケースがありますけど、中途採用の募集てチェックし続けているとけっこうあります。

そういう中途採用する会社は、まともな企業が中途採用してるかもしくはブラック企業が絶えず求人を出しているかの2択ですけど、ブラック企業を避けるには転職エージェントを利用して、非公開求人の情報を得ることでブラック企業を避けることができます。

もちろん自分で求人誌を探したりもします。また、大企業に勤めている知人などこに「中途採用してない?」と聞くのも大事です。

新聞にしか求人を出したりしない大企業もあります。ネットのホームページでしか求人を出さない会社もあいります。

何がい言いたいかというと、転職の半分くらいはこの「求人チェック」でタイミングのいい中途採用を探せるどうかにかかっています。

当時私は、地銀に勤めていましたが、毎日のように求人をチェックしていました。毎日チェックしていても半年で大企業って数社くらいでした中途採用募集というのは。

でもその数社でも受ければ内定を得ることができたんですね。それでも1年半くらい求人を毎日チェックしていました。

大企業の求人はある意味宝探しみたいなもんです。それくらいのスタンスで楽しみながらやるのがおススメです。そうすると、まれに「おおお?」という求人に巡り合います。

まず大企業への転職を意識したら、求人のチェックをある程度宝探し的にたのしみながらスタートするのがいいですね。

マジメに最初から気負ってやってると疲れてきます。大企業への転職は長期戦になるケースもありますしね。

大企業でへの転職を意識するなら今の会社での仕事でキャリアを積みつつ絶えず中途採用の求人をチェックするスタンスが最強です

大企業への転職で大事になってくるのは「アピールできるキャリア」です。ほかの人よ強くアピールできるキャリアがあればあるほど強みになります。

そのため、今自分のいる会社でつむことができるキャリアをできるだけ積むということを行動していくのがベターです。

今やっているプロジェクトを推し進めて形にした。新規採用の商品化を軌道に乗せた。新しい機械を導入して生産コスト削減に成功した・・・といった具体的にいうことができるキャリアがあると尚ベターです。

ある意味転職したいということは、今の会社にはあまりいたくないということですから、今の会社を「次の転職のためのキャリア形成の場」と思って行動するのがいいですね。

今時はただ資格があったり、○○会社にいたといった事実だけが合ってもその会社でやっていた仕事のスキルが重要視されます。

できるだけ具体的なアピールポイントをつくっておくのが大企業への転職のカギになります。

それと先ほど言った求人情報のチェックと、今いる会社でのキャリア形成をしていけば大企業の求人があったときに面接であわてることはありません。

求人チェックとキャリア形成は両親の華といってもいい大企業への中途採用を得るツールになるでしょう。

あとはそれを地道に続けけるだけ そういう努力ができる人だけが大企業への内定を勝ち取ります

あとは、こういう行動を地道に続けるだけです。数か月で大企業の内定を取ることができる人もいれば3~5年後になってしまう人もいます。

ただ、それだけ大企業への転職はやってメリットが大きいものだと思っています。現実私は、転職してから仕事の内容はそれほどハードではないのですが、給料も上がりましたし、なにより福利厚生も良くなり有給も取りやすい環境になりました。

それでいて、仕事内容も長期的に製品を作っていくような内容なのでやりがいもあります。

一年半転職活動をしてよかったと思っています。なので、1~3年くらいのスパンを見て大企業への転職を地道に行う価値は充分にあると思っています。

大企業への中途採用を目指すなら転職エージェントを利用しましょう

大企業の求人は非公開求人も多いです。転職エージェントではこの非公開求人を多く取り扱っているので登録は必須です。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人を適正に合わせてピックアップしてくれます。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

ブラック企業はもう終わりにしませんか?
ブラック企業に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加