中卒で詰んだとか今時ないですよ 中卒でもブラック企業を避けてホワイト企業に入る方法

縫いぐるみバイト

中卒って今ではめずらしいですけど、何らかの事情で高校を中退したりすると学歴は「中卒」になってしまうので自分の意志とは関係なしに「中卒」になってしまうこともあります。

あなたもやっぱり中卒というコンプレックスをかかえていますか?ついついコンプレックスがあると

「どうせまともな職業につけないんだ」

とか思いがちですけど、最近はあまり学歴って関係ないです。というか、学歴が高くてもろくに働けない東大生とかいますしね。そういう人いっぱい今まで見てきました。あ、私ちなみに派遣採用の担当をやっていたことがあります。

そう、中卒でも普通に10代20代前半くらいなら就職活動をすれば割とまともな会社でホワイト企業に正社員で入ることができます。ブラック企業の魔の手を避けてキチンと主勝すれば大丈夫なんですね。それほど悲観する必要は全くありません。

まずとにかく就職活動をやっていきましょう。でもやみくもの就活するより、きちんと就活ツールを使って活動をしていく寳保をご紹介しています。

まず絶対に派遣やバイトに逃げないようにしましょう そんなことより転職エージェントで求人探したほうがイイです

考える女性

まず、大前提ですけど、派遣やバイトをするのはいいです。でもそれを「ずっと続ける」というのはメチャメチャ危険です。

バイトや派遣でいいのはせいぜい20代前半までです。

「中卒だからずっと派遣かバイトやっていこうかな・・・これのほうが責任とかないから楽だし」

と思ってそのまま30歳になってしまうと、もう人生詰んできます。このサイトでは同じようなことを何度も行っていますけど派遣やバイトのままで30歳まで行ってしまうと人生詰みますよ。

実際会社で採用担当だったこともありますけど、派遣とかバイトでも30歳超えると雇いにくくなります。なぜなら若い派遣やバイトがいくらでも応募してるからっです。

わざわざ高齢な派遣の人材を雇わないですよね。何が良い対価と言うと、30歳を超えると「派遣やバイトですら仕事に付きにくくなっくる」ということです。

しかもその時焦って正社員になろとしても職歴がずっと派遣だったら正社員になるもぶっちゃけ厳しいです。

そりゃあ、ずっと派遣でやってきた人を見て面接官はこう思います。

「20代って一番就職しやすい年代なのになんでずっと派遣でやってきたんだこいつ?人生舐めてるのか?」

とか言う風になってしまいます。現実の人間の心理なんてこんなもんです。

もう一度言いますけど中卒だからと言ってずっと派遣はバイトを続けると人生詰みますよ。

就職活動にはハロワークと求人誌は使わない ここはブラック企業のパラダイスだからです

希望のある女性

就活というとハローワークや求人誌を思いつきます。

まずこれが「罠」でハロワや求人誌はおもいきりブラック企業のパラダイスです。楽園ですね。

ハロワで求人見たことある人ならわかると思いますけど、つい

「なんだこれ・・・・」

っていう求人ばかりです。ホント冗談みたいな悲惨な条件の求人ばかりです。

正社員で給料17万円とかありますしね。手取り13万くらいとか平気であります。まあこれだと生活していくのすら大変ですね。

しかも、訪問販売の営業とか飲食業とかそういったいかにもブラック系の職種ばかりの求人でうんざりします。

こういったハローワークとか求人誌(タウンワークとか)は無料や格安で求人を掲載できるので、ブラック企業が大いに利用している、ブラック楽園になっています。

会社を退職したら、とりあえず行くところがハローワークです。離職票を持っていき、再就職の意思があるかどうかを確認して、雇用保険給付の手...

ここでマジメに求人を探しても時間の無駄ですし、まして正社員の求人なんてこんなところで探しても悲惨なことになるのは目に見えています。

ハローワークやコンビニとかにおいてある求人誌にはまともに正社員になりたいなら絶対に手を出さないほうがイイですよ。

実際20代なら転職エージェントを使えば中速でもホワイト求人はいくらでもある

実際中卒でも普通にホワイト企業入るのは可能です。

私の会社は仕事や緩いですけど、かなり中卒でも入ってきますよ。工場長とか中卒ですし、そういう学歴を重視しなくてかつ仕事も従業員にやさしい会社ってあります。

そういう会社って、社長とか会長とかが中卒で一代で会社を築いてきたといケースもおおいですね。そういう系の会社はあまり学籍重視ではありません。いい意味での「実力主義」ですね。

ハローワークや求人誌だとブラック企業の代表である

「歩合制の不動産営業・家を売る営業」

「歩合制の訪問販売営業 売ってるものはなんか怪しいもの」

「自動販売機の補充の仕事で永遠に仕事が終わらない」

ハローワークはブラック企業の求人でいっぱいですが、その中でもこれだけは辞めといたほうがイイと言われるのが「自販機オペレーター」の仕事です。間違えてこの仕事についてしまった人は、今すぐにでも辞めたてもっと給料がよくて労働環境のいい仕事を探すべきです。

「クロネコヤマト佐川急便ですねブラックですハイ」

宅急便のドライバーというと佐川急便・クロネコヤマト・西濃運輸・郵便局などがイメージされますけど、イメージ通りきつい仕事ですね。はっきり言うとブラックです。競争激化で輸送料金も足元を見られて以前のように給料も高くないです。見通しの位宅急便のドライバーをやるより製造業に転職したほうがベターな理由をご紹介します。

といった仕事ばかりですしね。こういった中卒でも入れるホワイト企業みたいな求人はありません。

そこで転職エージェントを利用するとこういった「中卒で入社可能なホワイト企業」というのが存在します。

そう、いわゆる「求人にお金をかけている」会社です。そういう会社はホワイト企業率が高いです。

また、転職エージェントで転職のプロであるエージェントと面談をすると、中卒でも入れる求人案件を選択してくれます。エージェントは求人企業を審査しているので、ブラック企業は無いですし、その会社の内容を把握しています。

そのため、中卒でも採用してくれる会社の求人をいち早く教えてくれるんですね。

この求人探しを自分でやろうとするとかなりむつかしいです。しかも中卒入社可能案件となると実際少ないので自分ひとりの力で探していてもかなり厳しいものがあります。

そこで転職のプロ集団の力を借りるわけですね。使えるツールはしっかり使って行かないと、中卒での正社員での

就活はむつかしくなってしまいます。いかに使うべきツールが良いか悪いかで就活のやりやすさが違ってくるというのが実感できますよ。

転職エージェントで中卒でも入れるホワイト企業をピックアップしてもらおう

可愛い娘

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!