ブラック企業を入社3年目で辞めたいならスグに退職すべき理由

うつむく男性

巷でよく言われる「三年は我慢したほうがいい」という言葉通り、辞めたい気持ちを我慢して
その会社に勤めているケースは多いです。

いやお疲れさまでした。もしその会社を「辞めたい」という気持ちのまま三年間いたのならそうとうなストレスがたまったでしょう。

どうですか?それでこれからもずっと我慢できそうですか?ブラック企業なら絶対に無理です。

少し考えてみてください。その会社で「我慢」してるという時点でやりたい仕事ではないんですね。これは現実なのでしょうがないです。

でも転職をしようにもこういったご時世なのでなかなか踏ん切りがつかないのもわかります。

「せっかく三年務めたし、もう少しやってみようかな」
「転職しても上手くいくとは限らないし、今の仕事も嫌だけどこのままやっていこうかな」
「三年も十年もいっしょだよだぶん」

なんて思っているとすぐに10年20年すぎて、その時に大きな公開をすることになります。

そうはいってもブラック企業で10年とか勤め続けるのは「無理」なんですけどね。3年持ったのもすごいと思います。それ以上勤めると、精神的な負担が大きくなって、かなり深刻な状態になるかもしれません。

ハッキリ言うと、3年務めて仕事がつまらないなら、今後仕事が面白くなることはほぼありません。

会社の仕事内容が大幅に変化することはほとんどないからです。

ここでは、入社三年目で見えてくることと、転職したほうが良い理由を見ていきましょう。

会社に三年いると見えてくるものがある この先奴隷として使われるだけのイメージしかない

会社に三年いると、会社の雰囲気から仕事内容、上司の質や仕事が自分にとって合っているかはほぼ見えてきます。

まず、三年いる時点で仕事がつまらないなら、その会社の仕事はあなたに合ってないということになります。

ただ、世の中自分に合っている仕事をやっている人のほうが少ないのも現状です。そういった人生を送っている人は自分を無理に納得させて仕事をしているんですね。お金のためだけに。

そういった自分のやりがいとやりたくない仕事の間で葛藤が大きくなるのが入社三年目です。

一通り仕事がわかってきて、その仕事に適性がなかったり、面白さを見いだせないと猛烈に仕事を辞めたいという衝動が沸き上がってくるんですね。

これは人間として普通の衝動ですし、そのままその仕事を続けていくのも思い切って仕事を辞めて転職するのも自由です。

しかし正直そのまま仕事を続けていてだいたい7~8年目ですね。30歳前後くらいですけど、仕事の責任が重くなった時に後悔するパターンがとても多いです。

なぜんなら、30前後だと仕事もある程度の責任をあたえられ、人によっては家庭も持つ時期ですし、もう「身動きが取れない」ということがほとんどです。

その時に「あのときに転職しておけばよかった」をいうことを言う人を何人も見てきました。

ブラック企業で長期間勤めることができるのは、根性があるという見方もありますが、自分の環境を良くしていこうという行動力が全くないという見方もあります。

三年ではわからないリスクもある ブラック企業はこの先見えないリスクもたくさんあります怖いですよ

入社三年くらいだとまだまだ上司も2~3人くらいしか経験していないでしょう。

どんな会社でも5年から10年に1回くらいとんでもない「パワハラ上司」「キチガイ上司」「細かい上司」など一緒に仕事をするだけで、うつ病まっしぐらな上司にあたることが多いです。特にブラック企業はこういった上司が多いので、本当に怖いです。

運よくこういう上司に当たらない人もいますが、会社の異動はほとんど運です。

そういう上司とあったった時も、その仕事が自分に合っていてやりたい仕事ならまだ耐えることができます。

しかし、自分が嫌な仕事で辞めたいと思ってるしごとで、しかもこういう厄介な上司にあたってしまったら確実に緊張の糸が切れて、一気に「辞めたい」気持ちが3倍増になります。

まだ、こういうおかしなパワハラ上司にあたっていないならあなたはまだ運がいいです。

ただ、今後仕事をして行く以上そういう上司を選べないというリスクはサラリーマンは永遠についてまわるので、イヤな仕事plusいやな上司になったときのことを想定しておいた方が無難です。

その会社に三年いて気持ちがついていかなければアウト

ちなみに三年務めていれば、仕事のいい面と悪い面は十分んわかってきています。

社会では、いいことより悪いこと、我慢することのほうが多いということはこの三年間でしみじみ感じたことでしょう。

その上で仕事に楽しみを見出すことができればまだいい方です。

その仕事に楽しみを見出すことができずに、イヤな仕事を惰性でダラダラこなしている毎日に気付いてしまったら要注意です。

そのまま10年たった時のことを、鮮明にイメージして多くことが大事です。

「その時どうなっているか?」
「10年後公開していないか?」

と考えればもう答えは出ているのかもしれません。

三年目と言えばまだまだ年齢的に転職に関してはそれほどリスクが少ないですが、10年経過して30代前半から後半に

なってるとすれば、転職は総じてかなり条件が厳しくなっていくということを忘れてはいけません。

そのまま勤め続けると、中途半端に責任が高くなり辞める機会がさらに狭まる

就職して三年以上たつともう一人前です。

はない人では5~7年くらいで主任などの地位を与えられることになります。

そうなるとまじめな日本人は「自分が辞めたら周りに迷惑がかかる」という思考になります。

日本ではそういう責任感が得てして利利用されるんですすね。責任感が強い人を選んで地位を与えて逃げられない従順な会社の犬に仕立てていきます。

これがうまい会社は会社としてはさすがだなと思いますが、個人にとってはどうよ?と思いますね。

これにうまくはなるともう辞めることはできません。というか「辞める」「転職する」という思考が麻痺してしまうんですね。

一種のマインドコントロールです。これにハマるともうその会社で働くことに疑問をもたなくなってくるので、

仕事でキャリアアップして給料を多くするとかそういう思考が成り立たなくなってきてしまいます。

そうなる前に、行動していく勇気を持つことが大事ですね。転職は若ければ若いほど年齢的な有利があるので、

三年目くらいで、仕事に向かう気持、やりがいを感じられない時は転職を検討するのがベターです。

少し高い地位を与えられて搾取される前に転職をおススメします 

就職三年目を超えて、5年くらいたつと会社によっては主任や係長などすぐに役職を与えられることがあります。

場合によっては「課長」などの管理職に抜擢されて、仕事の責任は大きくなるのですが、管理職は残業が付かないため終業時間をやりたい放題延ばされることがあります。

外食産業などの「雇われ店長」にはアリがちですが、管理職とは名ばかりの体のイイ奴隷のされてしまいます。

こうなると、転職するほどのパワーまで吸い取られてしまい、延々と好きでもない仕事をやらされるハメになるので、

なんちゃって管理職にされて搾取される前に転職しましょう。

「でも、転職ってどうすればいいのかわからない・・・」

という人は「転職エージェント」を要するのをおススメします。

転職エージェントは転職のプロのエージェントがあなたと面談して希望の求人をピックアップしてくれます。

ブラック企業やブラックな職場にいると、どうしてもその職場から脱出することまで頭が回りません。

余裕が無くなっているですね。転職なんて考える暇もないかもしれません。

視野がせまくなっていて、自分の勤めている会社が全てみたいになっているパターンもあります。

転職エージェントに相談してみると、「まともで従業員にやさしい会社」っていうのが世の中にはいくらでもあるというのに気づくことでしょう。

ブラック企業ばかりじゃないんですよね。普通の会社もたくさんあります。それに気づいていないだけです。

転職エージェントはそういった転職のやり方の相談もアドバイスしてくれますし、求人を扱っている会社を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークとか普通の求人誌は求人掲載する会社を審査しないので、ブラック企業がいっぱいの状態になってしまうんですよ。

転職エージェントの登録利用は無料です。求人依頼会社から報酬をもらってそれで運営しているからです。

まともな会社が世の中にはあるということを知るだけでも、視野が広がって人生の選択の幅が広がってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!