入社三年目で転職したい人のマインドと行動  辞めたいタイミングを逃すと後悔する理由 

キャリア

なんだかんだ言って、「入社三年目」って節目の年ですからね。その会社に3年も務めて入れば仕事もまかされちゃって、仕事量も増えてきて、早い人なら役付きとか店長とか主任とかいう肩書がつく人もいます。

いや、ほんとに3年間頑張りましたよ。まずはお疲れ様です。さて、この記事読んでるってことは、「会社3年目だけど仕事変えたいなー」と思ってるんですよね。

でも、まず結論から言うと、三年勤めることができる人は、転職することはそれほど難しくはないですよ。もちろん年齢にもよりますけど20代から30代前半くらいだったらまずは余裕です。

なぜなら、3年間会社で我慢できるという「資質」があるということと、3年の勤めて職歴が出来上がっていることで充分転職の武器になるからですね。

だって、ちょっとブラック企業とかはもちろんですけど、ちょっとブラック寄りな会社でも3年我慢できるってなかなか我慢強いですからね。

「3年は我慢したほうがイイ」ってのはまあ、正論ですけど、あるいみブラック企業が奴隷を「やる気」とか「やりがい」とかいうあいまいな言葉で奴隷を縛り付けておく方法と一緒ですからね。

さて、あなたも3年勤めていれば正直言って、この仕事が自分に合っているか?、どれくらい出世できるか?、この会社は今後成長するのか?そもそも定年まで

務めることができる会社か?っていうのはイヤでもわかってくると思います。

そういった、自分の状況をじっくり見つめてみたうえで「転職したいなあ」と思っているなら、行動は早いほうがイイです。そのままの状況で5年10年とたってしまったら、とてつもない後悔に毎日さいなまれるのは目に見えていますからね。入社3年目での自分が思っていることってだいたい的中しますからね。

3年も仕事をやってると、その職場での自分の立ち位置とか将来とかはハッキリ見えてきます

正直その会社での立ち位置を確認するのは入社1年でも十分と思いますけど、3年やってその仕事辞めたいと思ってるなら今後その気持ちが変わることは無いです。残念ながら。だって私がそうでしたからね笑。

地銀に勤めていてもう3年勤めていた時には「辞めたい」「ここでは出世できないだろうなあ」というのはわかっていました。それが5年7年たっても同じでしたからね。

同じと言うよりも、「辞めたい」「転職したい」っていう気持ちはさらに強くなってきましたよ実際には。

それでも転職の行動ができなかったのは、今考えるとたしかに自分の行動力の無さもありましたし、世間体とかですかね。銀行に務めていれば田舎だったのでそれだけでも

一目置かれるみたいな感じがありましたからね。今考えるとどうしてさっさ3年目で転職活動をしなかったのかと思います。

結局8年目で製造業に転職したわけなんですけど、ほんと「遅かったな」「もう少し早く転職すればよかった」と正直後悔していました。

転職したい理由って人によって違うと思いますけど、私の場合は「営業をやりたくない」「ノルマに追われたくない」「ゴマすりができない性格なので出世も無理」ということがありましたね。まあ、これだけはっきりと理由が分かっていたのにズルズルと8年間勤めてしまったのは本当に後悔しています。

そう、転職するとやはり生活自体が変わるんですよね。ノルマのない製造業に務めることで精神的なストレスも激減しますし、サービス残業を無いですし、上司に異常なほど媚びる必要もないわけです(会社なので多少のゴマすりはひつようですけどね笑)

そう、もうすでに3年も同じ会社に勤めていれば「自分の立ち位置」「その会社での自分の将来」「その会社の仕事が自分に合っているかどうか」ってのは残念ながらわかってるんですね。ただ、そこを押し殺して我慢して勤めている人もいますし、おもいきって転職する人もいます。

どちらが正解かは正直わかりませんが、私は3年くらいで転職しなかったのは後悔しています。もっと早い段階で転職していれば、もっと若いうちにできることの幅が広がっていただろうな・・・・と思っていたからです。

転職する前は、本当に休みの日でも仕事のこととかが頭から抜けなくて、まったく人生を楽しんでいない状態でしたからね。転職後はその状況が一変しました。

とにかく、人間て環境に支配されると言っても過言ではないです。環境が自分に合っていなければ、もしくは、その環境が自分にとって余りに厳しい物であれば環境を変えていく行動はやっていくべきなんですよね。

たいてい3年たつと自分のやりたいこととが分かってくるので、ドンピシャの会社に行きたくなる それか、もうただブラック企業でもう耐えられないってなるのが3年目( ;´Д`)

あと、3年たつと会社での立ち位置とか、仕事が合ってるかどうかもわかってきますけど、それとは別に「自分のやりたいこと」とかもわかってくるんですよね。

社会に出て、社会の理不尽さとか矛盾とかがわかってきて、仕事とかでも苦労してくるとそのうえで「自分に何ができるか」っていうのが分かってきます。

それとついでに「自分が本当にやりたくないこと」もわかってくるんですね。私の場合は「営業と言う仕事」は本当にやりたくない仕事でした。いや別に営業の成績は中の上くらいでしたよ。成績が悪いわけではなかったです笑。

でも、営業成績が悪くても楽しそうに営業やってるやつもいましたし、営業に向いてる向いていないって成績がいい悪いって安間関係ないような気がしますね。とにかく営業ってネットが普及したこの世の中で足で稼いでただやみくもに営業をかけるっていうのが嫌で嫌でしょうがなかったんですよ。

と、話が逸れましたけど、「自分のやりたいこと」「自分のやりたくないこと」がハッキリしてくると、今やってる仕事がやりたいことじゃ無かったり、しかも「自部のやりたくないこと」にドンピシャの仕事だったらそりゃ転職したくなりますよね。

人間てどっちかっていうと、「負の感情が強い」時のほうが行動します。たとえば、怒りとか憎しみとかのほうが行動力がすごくなるんですよね。だから「自分のやりたくない仕事」が今務めてる仕事だったりしたらたいていの人が転職活動を間違いなくします。

転職って自分の職場への不安とかを冷静に見ることができると、転職への決意って固まるんですよね。

「ただ、今の仕事がイヤだ」

とか単純に考えるだけじゃあなかなか人間て行動を起こさないんですよ。大事なのは「この会社での10年後の自分をイメージしてみる」ことです。

10年後に自分が不満を持ちながらもなんとかやっているイメージができるなら、まだその会社に勤める価値はありますけど、もうこの会社に10年後に自分が勤めているイメージが無い

場合はすぐにでも天昇区したほうがいいです。

10年後に会社自体がまだあるのか?経営状態が悪い・・・

10年後にこの仕事をやってて精神的に持つわけがない・・・

10年後そもそも出世もせずに平社員でこき使われているイメージしかない・・・

こういった負のイメージしかない場合には転職したほうが無難だと思いますよ。

一番やっちゃいけないのがダラダラと4年目5年めに突入して年食って転職が不利になることですね、特に20代後半から30代前半は迷ってる暇はほとんどない

入社3年目で転職するかどうかでダラダラと添書するのを迷っていると、「年齢」が高くなってしまうんですよね。そうなってくると転職自体がふいになってくるのは鉄板の事実です。

転職って「完全年齢至上主義」なんで、若けりゃ若いほど有利っていうのはこれはどうしようもない事実です。25歳と30歳だったら圧倒的に25歳が有利なのはわかりますよね?

まずは、先ほどの10年後のこの会社での自分をイメージしてみて「こりゃ転職すべきだな」と思ってら行動は早いほうがイイです。特に28歳以上になっていたらあんまり迷っている時間てないですからね。この年代は1年ごとに転職市場での価値がガクンガクンと下がってくる年代なので、早ければ早い方が有利です。わかり切ったことですいませんね。

このくらいの年代は、だんたんと会社で主任とかリーダーとか係長とか肩書がついてくる時期なんですね。

そうなってくると仕事量も当然増えてきますし、仕事に忙殺されることも多いです。よくブラック企業なんかは名ばか店長とかにして、管理職にして24時間いつまでも働かせようとするのがいつものパターンと言うか手口です。

役職がつくのは悪いことではないかもしれませんが、給料とかほとんどかわらないのに、仕事量が増えて責任ばっかり重くなるっていうケースがありがち有パターンですからね。

こうなってくると、仕事が忙しくなって「転職しよう」てきな意識もついつい忘れてしまうことになるんですよね。というかこれもブラック的な会社の手口かもしれません。

けっこう、会社って従業員を拘束するために高等なテクニック使ってますよ。いわゆる洗脳とか、忙しさで行動を制限したり、サービス残業させたり、肩書だけ管理職にして24時間ずっとこき使ったりするのはホントよくある手口ですからね。

このあたりに気づいていいる人なら転職する行動はけっこうやんですけど、ついつい忙しさにかまけて転職する行動を「忘れてしまう」というケースも多々あります。

そういうのって会社のペースにのみこまれて、気づいてみたらいいようにこき使われて10年20年たってしまった。・・・・・というよくあるパターンに陥ってしまいます。

会社って逃げられないようにだんだんと外堀を固めてきますからね 住宅ローンとかくんだらもう終わりなのでその前に動いたほうがイイ

そう、会社って逃げられないように外堀固めてきまますよ。3年勤めてるとすでにけっこう固まってきています。さっき言った名ばかり店長とかリーダーとか肩書与えて給料はほとんど変わらないのに仕事量と責任だけどんどん増えていきます。

あとヤバいのは住宅ローンとか組んだら、すぐに会社は「こいつもうこの会社逃げられないな」とか思って、僻地に移動させられたり、海外に移動させられたりしますからね。

私がもと居た会社もまあ、住宅ローン組むと海外転勤がすぐにくるので、新築の家にろくに住んでいないって人がイヤってほといました。

ブラックな会社って住宅ローンを無んだ瞬間に僻地とか海外に異動させられます。なぜなら住宅ローンを組んだらもう会社を辞めることはできないぞこいつ・・・と思われるからです。首輪をつけられているわけですね。そりゃ3000万円とかローン組むなんて頭おかしいですよ。住宅ローン組む前に転職したい人はしておいたほうがイイですよ。

会社側も、まあ普通に仕事ができる人はソロ掘りを固めてきますからね。10年くらいはこき使おうと思っていますから、そのくらいのことは計算してやってます。

こういう外堀を固めてくるのはブラック企業になればなるほど多いです。仕事をガンガン入れて、もうとにかく忙しい状態にしてあなたを思考停止にするんですよ。

忙しくすると、あっというまに2~3年とかたってしまいますからね。その間に転職する時期を逃してその会社でずっとイヤイヤ仕事をする・・・と言うケースがものすごく多いです。

そこで、会社の外堀作戦とかをうまくかわしてサクッと3年目で転職できるかどうかは、クールに自分の環境を考えて転職を行動に移せるかどうかにかかっています。

そもそもこのページ見てる時点で転職したいって思ってますよね その会社に勤めててもつまらないですよ

そもそも、入社3年目で転職したいって思ってる時点で、もうその会社にはいたくないって思いがメチャメチャ強いはずです。

そんな状態で仕事してても正直「死んだように生きている」だけなんですよね。これって経験上すごくわかります。転職したいと思いつつ仕事しててもただただ苦しいだけで自分をごまかして仕事してるだけなんですよね。

こうなると、どっちにしろ転職するとは思いますけど、それが遅れたり、結婚したり、異動したりと環境の変化で転職できなくなったりしたら、とてつもない後悔をすることになります。

私みたいに、だらだらと転職しようと思ってから5年もたってしまうと、転職できたとしても「もっとや薬転職しておけばよかった」みたいな後悔はいまだに消えません。

なんで行動できなかったのか?と振り返ってみると「世間体」「日々の仕事が忙しいから」「なんとなく」といったまあよくありがちな理由ですよね。こういうのって自分に言い訳してるだけなんですよね。気持ちはわかりますし、なかなか行動ってしにくいですけど入社3年目の機会を逃すとほんとにダラダラと5年10年あっという間です。

もし転職する方法がイマイチわからないとか、転職に不安があるという場合には一度、転職エージェントを利用して優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみると

視野が広がり、転職の方法もアドバイス手してもらえるので効率的なのでおススメにですよ。

入社三年目だと転職は初めてだしイマイチどうやっていいかわからない場合には

転職するといっても、初めての場合はどうやっていいかはわかりにくいものです。

まず、とにかく転職するには優良な求人を紹介してもらって、ブラック企業を避けるというのが大前提です。せっかく転職してもブラック企業に捕まってしまったら元も子もありませんからね。

求人をさがす場合にはハローワークとかちまたにある求人誌をつかっても、ハロワとかはブラック企業がたくさん掲載されています。これってハロワとかが掲載企業を審査していないからなんですね。

転職エージェントは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

たしかに転職活動ってやる前は不安ですし、どうやっていいかもわからない場合もありますからね。

しかし、転職って優良な求人を紹介してもらって、アドバイスなんかをもらいながら履歴書を作って面接対策をやっていけば内定は普通に取れます。準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

優良な求人を紹介してもらって実際に自分の目で見てみることで、これからやっていく仕事を選ぶ判断材料にもなるのでおススメですよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!