ハローワークの職業訓練後の就職率と就職するためのポイントと裏技

職業訓練はハローワークが主催する、まさにその名の通り「就職するための技能を訓練する講習」を無料で受けることができるというシステムです。就職率の平均は7~8割くらいです。

訓練が終わったら、その職業訓練にちなんで業種の求人を紹介してもらうことができます。

職業訓練を受けている間は失業給付が延長され支給されるので、適度な職業訓練を受けて執拗給付を受けているという人もいます。

「ぶっちゃけ職業訓練て役に立つの?」というとそれは使い方次第です。無料で受けれるものですし、訓練の講座自体はかなりしっかりしています。これは民間の企業にハローワークが委託しているためで、その辺の専門学校と何ら差はありません。

学校の授業と同じで、「きちんとやる人は習得できるし、テキトーにやってる人は習得できない」といったところです。

きちんとできる人は職業訓練を受けるメリットがあります。無料ですしそのあとの求人紹介はハローワークの中では比較的まともな求人が来る可能性が高いです。

ハローワークの正規の求人はブラック企業が多いですけど、職業訓練校へ来る求人は比較的まともな求人が多いというなんとも面白い傾向が出ています。

会社を退職したら、とりあえず行くところがハローワークです。離職票を持っていき、再就職の意思があるかどうかを確認して、雇用保険給付の手...

今回は職業訓練の種類とその講座の特徴をご紹介します。

職業訓練の種類を見てみましょう 就職率は講座によって違います

職業訓練はかなり多岐にわたります。まずは挙げてみますね。

簿記・機械加工・電気工学・情報プログラミング・システム設計・ウェブデザイン・CAD・宅建・パソコンスキル

大まかにはこういった感じです。あなたの行くハローワークによって受けることができる講座は違ってきますが大まかにはこういったコースが主になります。

その中でも、機械加工や電気工学などはマジメにやれば工業系の会社への就職率はかなりいいです。もちろん年齢が若ければさらに有利になりますが、受けておいても損は無いはずです。

ホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

情報プログラミングなどもシステム系の会社には就職率は高いものになります。ただ、システム系の仕事は会社によってはかなり激務になるので、就職活動をするときは慎重な行動が必要です。

プログラマーの仕事はブラック職場が多いです。でもその中でも比較的「普通に仕事ができる職場」も結構あります。そういう職場を探していくのがプログラマーへの就活のポイントです。ちょっと後ろ向きですけど現実なのでしょうがないですね。

あとは比較的講座内容はかんたんですが、その分、就職に有利になるということはあまりありません。簿記はどは商業高校の人ならほとんど持っていますし、宅建など不動産業界の人ならほとんどの人が持っています。

こういった職業訓練でも、むつかしいものはそのあとの就職率は高いですし、誰でも持っている系の職業訓練は就職率は低いです。わかりやすい図式になっています。

職業訓練にもこういった難易度の差や、就職率の差があるので、受けるときは自分の適性を考えて受講するのが大事です。

私の地元なんかはいわゆる「工業地帯」なのでこういった機械加工や電子工学あどの職業訓練を受ければ就職に困ることはありません。

逆に都会だとこういった技術系の職業訓練の会社は少ないかもしれません。田舎と言うと語弊がありますけど田舎になると職業訓練校からの就職はわりといい求人が来る傾向にあります。

簿記などは2級を摂ったら派遣で実務経験を積むのもアリです

簿記や宅建などは、持っているだけではなかなか即就職に役立つといことにはなりません。

ただ、簿記や宅建など事務所系の資格を取っておけば、正社員は無理でも派遣で会計事務所は不動産事務所に就職して「実務経験」を稼ぐ方法も有効です。

「実務経験」は正社員であろうと派遣社員であろうとカウントされるので、派遣で事務所に就職して、実務経験を2~3年習得すれば、そのあとよくある「実務経験者のみ」の正社員の求人を受けることができます。

これは一見遠回りのようですが、働きながら実務経験を学べるので、資格をいかした就職活動プランを実行することができます。

せっかく資格を取っても、そのままペーパー資格にしておくのはとてももったいないです。幸い、職業訓練でこういった無料講座が開催されているので、専門学校に通うことができない人でも、まじめに勉強すれば資格を取得することができます。

そういった長期のプランを考えることで、職業訓練の講座を無駄にしない計画を練ることもできます。

また、職業訓練を受けている間でも、民間の求人情報などを受けて求人をチェックしていくことは大事な作業です。

絶えず求人をチェックすることで思わぬ普段採用を出していない優良企業が採用を出しているというとはけっこうあります。

ただ、一人でそういう求人をチェックするのはとても大変です。そういうケースでは転職エージェントの利用をおススメします。

ハローワークは職業訓練の内容は充実しているが求人はブラック企業ばかりな現実

実際に職業訓練を受けるかどうかは、自分が就職活動するのに十分なスキルがあるかどうか、また、今就職活動をしても上手くいくかどうか客観的に判断してからにしましょう。

ただ、自分だけではそういった判断をするのはむつかしいケースもあります。

そこで「転職エージェント」などに登録して、実際にエージェントに求人を紹介してもらうのが手っ取り早いです。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

また、転職活動って難しいイメージですし、実際に私もむつかしいと思っていました。

しかし、転職エージェントで優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらいながら履歴書を作成して面接対策をしていけば内定を取ることができました。準備と採択をすれば無理なく内定を取ることができるんですね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!