就職活動で失敗して絶望して死にたい若者が第二新卒の就活で再出発する方法

就職活動をして失敗する・・・・これって新卒の人にとってはかなりキツイ状況ですよね。

みんな知ってますが、新卒で就職するところが、いちばん就職しやすい・・・・いわゆる「新卒カード」を使っても就職できなかったわけですから、そりゃ絶望感も出てきますよ。
でも、世間では「就職できないくらいでなんで自殺するの??」という風にも言われます。

でも思うんですよね

「いや、だって子供のころから、頑張って働いている人はエライとか、素晴らしいとか教育されてるじゃん」

「負けたらだめだよとかいつも言われてたじゃん。

「やりがいのある仕事をしていくことが人生で大事とか言われてるじゃん」

こんな感じでいわれてきたらそりゃ、仕事をすることさえできないと思うと「自殺しよう」っていう気持ちにもなりますがな。

まず、子供からの教えが洗脳ということに気づいているかいないかで大きな違いが出る

「就職できないくらいでなんで自殺するの?」という人は、いわゆる「マジメな人」がどういう風な思考状態になるかわかってないんですね。

子供のころからこうやって教えられてますからね。

「一生懸命仕事している人は素晴らしい」
「マジメに働けば、世間で認められる」
「働くことで人間は生きがいを感じる」
「やりがいがある仕事ができる人は幸せだ」

とかいわれて育つわけですよ。こうういったことをしていくために「比較と競争」を強いられるわけです。

「あいつよりいい会社に入りたい」→いい会社って何?電通とかいい会社だけど自殺者出たけど

「いい会社に入って勝ち組になりたい」→勝ち組な社畜になりたい

「新卒でいい会社に入るためにはほかを蹴落とさないとな」→俺が人生で勝っていくんだ

とこんな風な思考になっていくわです。

この状態から、たとえば就活をけっこうマジメにやって、しかも就職できなくて全滅したとしたらどうなりますかね?

かなり絶望しますよね。この落差は激しいです。

いやあ教育って怖いです。こういう教育さているわけで、まじめな人ほど就職活動を知っぱしするともう「絶望」の二文字しかないわけです。

あと、面接して何度も落ちると自己否定をされた感じがハンパないんですよね。これが何十回もあって、しかも全滅されたら、人格を全否定されたような感覚になるのも無理もないような気もします。

こういった複雑な心理になって自分を完全否定されたような気になってしまうんですね。

いや、ここは洗脳教育だから気づきましょうよ。

この点を気づいていると気づいていないとでは、行動に大きな差が出てきます。

もしあなたの親が気づいていたらラッキーなんですけど、だいたいの親が「一生懸命=すばらしい」

「いやなことでも一生懸命=すばらしい」という思考になっているわけです。

これじゃあ、せっかく会社に入れたとしてもそこがブラックだったらどうするの?うつ病になっちゃうよ?

とにかく他人と比較して競争するという教育だから結果は見えているよね

他人と比較して競争するっていう教育が小さいうちから始まっているわけですからね。

そういう人材にしないと、会社で一生懸命働いてくれないわけですから。日本がイタリア人みたいになったら

日本の会社は一瞬でつぶれそうな気がします。

給料以上の「やりがい」「一生懸命は美しい」「やる気のある人はかっこいい」

的な教育をされて成長するわけです。ただ、自分のやりたいことならこれでもいいですけど、やりたくもない仕事をしながら「やる気」とかちょっと無理がありますからね。

ぶっちゃけ仕事なんでお金のために仕方なくやってる人が8割以上いや9割くらいですよ。現実はそんなもんです。

そう、「仕事=人生」みたいな価値観を幼少のころから叩き込まれて、しっかりと働くサラリーマンを作っていくのがこの国にとっては最も必要ですからね。

そうはいっても、働かなければ生きていけないので、就職するわけですけど、就職したらしたでずっと競争ですからね。

終わりはないです。

でも、2000年代前半くらいまでは就職や起業するしか選択肢はなかったですけど、今はネットで工夫すれば割とお金は稼げる時代になってきました。

それって教えてくれる人もいないんですよね。そういうネットでのお金稼ぎ方とか、ましてや起業の仕方とか絶対に学校の授業や、教えてくれる人っていないですからね。大学や専門学校でもそういう系のものは見たことないです。

そりゃそうですよ。そんなこと教えたら、会社でイヤイヤでも働いてくれる人が減ってしまうわけですからね。

サラリーマンになってサービス残業とかやらされても、何も言わずに働いてくれる人が大好きなんです。会社はね。

だから、それほど会社とか社会に希望を持ちすぎると、どこかでギブアップする日がくるので自分で何かしようということを考えたほうが、勝ち組なっていく時代なんですよね。

ネットが発達していくともう、会社もいらなくなるような世の中にだんだんとなっていくような気がします。

話がそれましたけど、要は、競争ばかりしていても結局最後まで勝ち続けるのは無理だから、就職で失敗しても

その時点でそういうことがむなしいということに気づいてもらうといいなあってことです。

新卒で就職できなくても第二新卒とかの枠もあるからゆるい気持ちでうけてみましょうよ 20代ならいくらでも就職あるよ

新卒の就職で失敗しても、いったん落ち着いてみましょう。

今では「第二新卒」という25歳までの枠もあります。一度新卒で失敗しても第二新卒という枠で就職もできます。

また、例えば簿記2級などの比較的取りやすい資格を取って、いったん派遣社員とかで会計事務所などに努めます。

派遣なら募集も多いですし、未経験でも入れます。そして派遣で実務経験を積んで、正式に正社員として会計事務所

に転職する方法もあります。派遣社員でも契約社員でも「実務経験」にはカウントされることを使った行動方法です。

新卒で失敗したからと言って、バイト生活に入ってしまうのはあまりお勧めできません。

ユックリ着実でもいいですから、数年先のことを考えて行動していきましょう。

まだまだ20代前半です。焦る必要はありません。自分にできることをやっていくのが大切です。

第二新卒用の就職エージェントや派遣に強いエージェントも充実しています。

そういうものを利用しながら、生活を安定させていくこうどうをしてみませんか?

ブラック企業はもう終わりにしませんか?
ブラック企業に関わらない人生には第二新卒の転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加