転職するか迷っている人は転職理由を書き出して分析すべき理由と後悔しない転職方法

迷い

転職するかどうかで迷っているっていうのはちょっと、私的にはうらやましいです。

私の場合は、うつ病で会社を退職して問答無用で転職活動でしたからね( ;´Д`)選択肢の余地が無かったわけですよ。

といっても私の場合も、うつ病になる前にさっさと会社辞めるか、もしくは転職活動して会社が決まってから辞めればよかったわけなんで、自己籍ん人ですけどね。

ハッキリ言いますけど、飲み屋とかで同僚に会社辞めてえなあとか言ってるうちはまだ、転職はしません。本当に迷っている悩んでいるときには絶対に社内の人に言ったりしないですからね。めんどくさいことになりますから。

ただ転職するか迷っているうちにどんどん時間がたって、年齢を重ねてしまいます。転職するか迷い始めてすぐに3年と語ってしまいます。

転職って誰でも知ってると思いますけど、年齢が大きなアドバンテージになるんですよね。そう、特に日本の転職って「若い方が有利」という鉄則があります。

28歳と32歳では4歳しか違わないですけど、20代と30代というくくりで分けられてしまうので、難易度は正直32歳のほうが高いです。

何が言いたいかというと、「転職を迷っている暇なんかない」ということですね。すでに転職を迷ってるレベルなら、今いる会社に相当な不満があるのは簡単にイメージできます。そのまま今の会社に10年20年いて人生が上向いているイメージがあるならいいですが、そういったイメージがわかない場合にはまず、自分んで転職したい理由を書き出して、その理由を冷静に考えてえて早急に転職するかどうかを判断する必要があります。そうしいとズルズルと年月が経って大きな後悔を迎えることになってしまいます。

転職するのに迷っている人は転職したい理由が明確ではない その理由を書き出して納得いなないなた転職するというシンプルに考えるべき

まず転職に舞う寄っているなら、シンプルっですけど転職したい理由を書き出してみましょう。意外ですけど毎日転職したいと思っていても、書き出したりしたことが無いと言う人は多いです。

転職したいという理由としては、

収入が少ない、今のままではとても自分の肢体生活は望めない仕事が向いていない 

まったく仕事がやる気が出ない 今の仕事では自分の力が発揮できない、もっとキャリアを積める仕事をやってみたい、

いくら仕事をしても全く評価されない ここにいても承認欲求が全く満たされない

いや、会社がブラック企業すぎてこのまま務めたら過労死で確実に死ねる

上司がキチガイすぎてもうダメだ、このままでは自殺するかもしれない

この会社明らかに傾いている 5年たったら確実につぶれるんじゃないか?

そもそもこの仕事もうぜったいにやる気が出ないしやりたくない

とこういった理由を書き出していきます。そうすると、たいてい転職したい理由うが人によって「ポジティブなもの」と「ネガティブなもの」に分かれるわけですよね。

「ポジティブな理由」っていうのは

今より給料を上げたい
キャリアアップしたい
自分の力がこの会社では発揮できない

といったものですね。この会社の仕事がダメと言うわけではなく、さらにいい環境に行ってもっと自分の力を発揮したい系の理由です。

一方「ネガティブな理由」っていうのは

会社がブラック企業すぎて過労死ですぐ死ねる

会社が傾きつつあるもう倒産する

上司がキチガイすぎてパラハラがある

こういった理由です。たいてい転職したい理由ってのは細かいことはありますけど、「ポジティブ派」と「ネガティブ派」に分かれます。

どっちがイイとか悪いとかいうことは全く関係ないです。ただ、転職したい理由がポジティブ派かネガティブ派によってそのあとやって言う行動が違ってくるわけです。

理由がポジティブなものだったら第三者に相談してみる 理由がネガティブなら相談しても無駄です

まず、転職したい理由がポジティブなものだったら、第三者に相談してみるのがイイと思います。会社内の人だとちょっとめんどくさいので、理解ある友人とか、転職エージェントを利用してみて、その転職のプロであるエージェントなどに相談してみるのがイイでしょう。これは、やはり転職して給料を上げたりキャリアを上げたりっていう会社を選ぶのは、独りよがりになっている場合もあるからです。

今いる会社が意外といい会社なのに、「隣の芝はよく見える」的な視野になっている可能性があります。なので、一度自分以外の第三者に状況を説明して相談してみるのがイイともいます。そうすることで、実際に転職するのが必要なのか。もしかしたら今の環境でももっとやっていけるのではないか?という冷静な判断をすることができます。そのうえで転職したほうが自分のためになるな・・・・と思う場合には転職活動を開始していけばいいでしょう。

転職したい理由がネガティブなものだったら、誰かに相談しても無駄です。相談しても「辞めないほうがイイよ」と言うに決まっています。そういうもんですからね。

逆にネガティブな理由で本当にブラック企業で過労で精神的に参っているなら、早急に転職活動をしたほうがイイですよ。どのみちそんなブラックな会社に長い間勤めることは無理ですし、そのうち精神的に限界がきてうつ病になったり、最悪の場合、過労死したり自殺したりします。

実際にうつ病患者が続出するようなブラック企業。実際ありますよね。そういう会社で精神病になる前に転職すべきなんですよね。ずっとその会社に居たいならいいんですけど、精神を壊してまでそこにいる意味がないわけです。それをわかってほしいところなんですよね。

ポジティブな転職理由の場合は、第三者に相談したりして自分の置かれている状況を冷静に考えてから手職活動をするかどうを決めるべきですが、ネガティブな転職理由の場合はそのままその状況を放置しても状況は悪化していくだけなので、あまり考えすぎずに転職してしまったほうがイイです。

迷いっているうちに年齢を重ねて転職不利になるのでサッサと行動を起こさないと後悔しますよ

とにかく言いたいのは「迷っているうちにドンドン年齢を重ねてしまう」というのが一番厄介です。

日本の転職では「若い方が有利」というのは鉄則です。なので、迷って言ううちに年齢を重ねて転職ができなかった・・・・というのが一番よくあるケースです。

そのためには、上述のように自分の転職したい理由をとにかく書き出したしして、行動するかしないかの選択をなるべく早くするべきなんですね

そうはいっても、転職が不安だからどうしよう、転職するのがめんどくさいとか言っているうちは正直本気じゃないのかもしれません。

本当に転職したい人なら転職活動しますし、それをしないって言うことは現状でもいいという行動の表れなんですよね。

転職したいと本当に思っているなら、何も言わずに行動するもんです。迷っているっていうものおかしな話なんですね。

でも転職するのがどうしても不安だ、転職してブラック企業に捕まったら最悪で不安だと言う場合には

転職するのがどうしても不安だ・・・・転職しても転職先がブラック企業だったら最悪だ・・・・と言う不安がある場合には、一度優良な求人を紹介してもらって、実際に自分の目で求人を見てみるのがイイと思います。

そうすれば、実際にいい企業があるとうい確認にもなりますし、自分がどういった会社に入りたいかの判断材料にもなります。転職への悩みも減ってきますしなにより不安も少なくなってきます。

ただ、ハローワークはよくコンビニとか駅や書店にある求人誌だとブラック企業が多く掲載されています。これはハロワとか求人誌が掲載企業を審査していないからです。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてしてくれます。

確かに、転職って蒸すかしいイメージがありますし、不安になることも多いです。実際私も転職活動は不安でしたしね。

しかし、転職って優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらいながら履歴書を作成して、面接対策をしていけば普通に内定を取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!