IT企業に未経験で転職出の注意点 ブラック会社に捕まらない方法

IT企業というと、勢いよく成長している産業。時代の最先端を行く産業というイメージです。

そのイメージ通りに技術の移り変わりも激しく、一年前の常識が通用しないといったケースもある日進月歩の業界です。

移り変わりの激しい業界で、技術も絶えず磨いていかなければいけないこともあり、ハードな職種であるのはイメージ通りです。

ただ、こんごIT技術がどんどん進歩していくのは間違いないでしょう。人類にとって必須の技術とというkとおになります。

スマホやゲームなどから始まり、自動車・電気機器などホトンともモノにIT技術が不可欠になってきています。

そんな時代なのでIT業界に就職したいという場合にはどうすればいいのでしょうか?

ここではIT業界の基本的な分類と、効率のいい就職方法をご紹介していきます。

IT業界の仕事の種類

IT業界とひとくくりにしても仕事の種類は複数あります。仕事の種類を見てみましょう。

Webデザイナー

俗にいう「サイト作成」の仕事ですね。HTMLやCSSのスキルなどが必要になります。またデザインのスキルも必要なクリエイティブな職業ですね。サイト作りはセンスも問われますしね。

Webディレクター

サイト制作の監督をする役目です。webデザイナーを管理する職業ですね。そのサイトがきちんとした品質を保っているかなどがメインの仕事です。webの知識も必要ですが、おなじくらいに人をまとめる力も必要になってきます。

ITコンサルタント

企業から仕事上の問題点を聞いて、その解決策を提案するのがITコンサルタントです。もちろんIT系の技術を駆使した解決策を模索しながら企業と連携してより良い解決策を展開してきいます。

セールスエンジニア

エンジニアが自社の製品をアピールして顧客が持っている問題を解決する提案をします。もちろんITを駆使した問題解決方法を提案していきます。ITの技術だけでなく営業力も必要になってきます。

プログラマー

IT業界でこれが一番メジャーな仕事ですかね。ソフトウェアの開発をする仕事です。プログラム言語を駆使してソフトウェアを作成していきます。どれだけの先端の知識と技術を駆使できるかがプログラマーの腕の見せ所です。

システムエンジニア

システム開発を総合的に行う業種です。「SE」という求人よくみませんか?これがシステムエンジニアの略です。ソフト開発だけでなくマネジメントやコンサルも行います。プログラマーが顧客をもって対応するという仕事のイメージです。

ネットワークエンジニア

企業などではたくさんのパソコンを使用していますよね。そのパソコンを企業の中でのネットワークをつないでの運用や保守をする仕事です。OSの知識やパソコンやハードウェアの深い知識が求められます。

IT業界といっても主にこういった職種があります。もちろん入る会社によって待遇も違いますし、やることも幅も広かったり狭かったりします。

自分がどういう方面のIT関係の仕事をしたいかをじっくり選択する必要があります。

IT業界への就職するときのマインド

IT業界というのはひたすら知識を広げて日々研鑽していく業界です。とにかくwebが好きというひとでないとなかなかやっていけません。

納期が間に合わなければ、残業もあたりまえで終電まで働くこともざらです。いままで普通の会社で普通の仕事に慣れていた人はかなりの仕事量に驚くかもしれません。

また、仕事もかなりスピードを求められるので、他の業界の日本的な「仕事ができなくてもなんとなくいる人材」というのは

ほとんどいません。ある意味仕事ができる人が頭角を現していくわかりやすい業界です。

そのあたりはある程度「忙しい業界」というのを覚悟してIT業界に潜り込む必要があります。「定時で帰りたい」「仕事は

ハードにしたくない」という人はIT業界には向いてないので、注意が必要です。

IT業界は入る企業でかなり待遇が違ってきます その点を注意しましょう

IT業界というと「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」という映画があったようにブラック企業のイメージも高いですよね。

IT業界って入る企業でかなり労働環境がかわってきます。もちろん先ほど書いたように業界全体がハードなんですけど、

そのかなでもホワイト企業・ブラック企業の差は激しいです。IT企業の構図わかりやすくて、下請けになればなるほど労働環境が平均して悪いです。それこそ名物の「デスマーチ」というのが見れてしまうでしょう。

それを考えるとIT企業への就職は基本大手のほうがおススメです。もし下請けに入るのであれば、自分が未経験だからそこで経験を積んから大手IT企業に転職する・・・・くらいの計画をもってIT企業にのぞんだほうがベターです。

「俺みIT未経験だからまず下請けに2年いてその間にプログラミングに技術を取得する」

→「大手のIT企業を受ける」

といった計画が一見遠回りのようですが、結局早いです。この業界は「スキルのあるひとが正義」という業界です。

逆にいうとスキルが無いととても生きていけない業界でもあります。ITスキルを上げれば上げるほど転職もゆうりになるので、いきなりは大手IT企業は無理でも数年修行したから転職活動をしていくのがキーポイントになります。

大手のIT企業というと「サイバーエージェント」「GMOインターネット」「DeNA」などがありすが、移り変わりの激しい業界のなので、数年でIT大企業になる会社もこれからどんどん出てくるでしょう。そこを狙って行きます。

そうはいっても最初に入る会社あまりにブラックというのもキツイです。最初に入るIT企業をなるべくホワイトにするポイントがあります。

ITホワイト企業に入るポイントは採用の段階できちんと見分けることが大事

可愛いアドバイザー女性

ITホワイト企業いはいるには、徹底的にブラック企業を排除する必要があります。

これはネットの情報を拾えばわかることですが、IT企業にもそのままあてはまるのでブラック企業の特徴があったら回避することができアmす。

▲常に求人を出している
▲若い仲間が働いています
▲アットホームな職場アピールがある
▲残業無しと言っている
▲少数精鋭の職場です
▲未経験でも高収入可能
▲仕事内容がしっかり書かれていない
▲やる気が大事とアピールしている

こんな感じのところはたいていブラックです。若い仲間がいるのは離職率が高くて若い人しないないわけですし、IT企業でアットホームってのもおかしな話です。IT企業で残業無しなどありえませんし、少数精鋭で、ものすごい量の案件をこなすという意味です。

未経験で高収入の業界など現代の世の中であり得ませんし、仕事内容が書かれていないのはどんな雑用でもやらされるとうことです。

ヤル気が大事と最後には精神論と根性で仕事を押し付ける気満々です。

それこそいきなりこういう「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」の世界になってしまうと簡単にIT業秋が嫌になるので、こういう会社を避けてまともな環境の会社にはいるのが大事です。

特にIT業界は会社によって大きく労働環境に差がある世界なので、これはシビアに判断していく必要があります。

ただ、自分ひとりで求人を集めて判断するのはむつかしい面もあります。転職エージェントを利用して求人選択のプロであるエージェントに求人を集めてもらうのが効率的にIT業界に入るのに大事になってきます。

転職エージェントを利用してIT業界に入っていこう

気楽なサイクリング

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。

ブラックが多いIT業界でも、エージェントが企業を審査しているのでブラック率はかなり低いです。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!