転職活動がうまくいかない疲れたときは転職エージェント一本に絞って求人を探していこう

心臓が痛いサラリーマン

転職活動が疲れたもう勘弁してくれ泣きたいようまくいかない・・・とあなたはキツイ状況ですよね。

そう転職活動って楽ではないんですよね。でも転職活動でうまくいかないと、また会社を辞めるハメになったり、

ずっと不満を抱えたまま転職先の会社で仕事をしていかなければいけないので、疲れているといってもなかなか手を抜けないというジレンマがあります。

でも、疲れてるならまず、一週間から1か月くらいは一度休んだほうが良いです。転職活動自体を完全に休んで求人情報とか最低一週間は見ないほうが良いです。

そうするとだいぶ違ってきます。どのみち、転職活動を「やめる」という選択肢を選ぶと人生でものすごい後悔をすることになります。

それだけ転職活動は人生において重要なターニングポイントです。だから疲れるんですよね。とてつもなく気持ちはわかりますよ。

私も31歳の時に転職活動してましたけどハゲそうなくらいプレッシャーがありました。といっても別に私の転職活動が

どうなろと別に他人から非難されるわけではないので、勝手に

「このまま就職できなかったらどうしよう」

「ずっと無職のままだったら悲惨だどうしよう」

とか自分でネガティブオーラをだして、自分で勝手に自分にプレッシャーを与えて苦しんだ居たんですね。

なので、転職活動で疲れてるときは1週間から一か月くらい求人とかそういうのを見るの辞めてオフにしましょう。

そしてさいかいするのがベターです。けっこうリフレッシュできますよ。

リフレッシュしたら、まず今度は疲れないように転職活動をしてく必要があります。

転職活動がうまくいかないのは理由がるので、そこをつぶぢていきましょう。

まずあれもこれもと手を伸ばしすぎると正直疲れます 自分の譲れない条件を1~3つくらい上げてそれをクリアーする求人に絞るべき

転職活動がうまくいかなくて疲れるというのは自分が転職に対し手の希望が「ブレている」ことが多いです。

自分の希望で絶対譲れないもの、これだけは転職で譲れない希望というのおを1~3つくらい上げておきましょう。

「定時で帰れる」

「給料が今よりいい」

「サービス残業がない」

「希望の職種」

「自分のスキルをいかれる職種」

というふうに、自分が譲れない希望をまず最初に決めておきます。希望も言いだしたらきりがないので、絶対に譲れない少な目の希望をキープしておいて、それに合った会社があったら受けてみるというスタンスでいくと迷いがありません。

転職の目的は、キャリアアップ、給料アップ、会社がつぶれた、会社不満があったから辞めた、会社がブラックだったら辞めたという転職理由って限られてるものなんですよ。

平たく言うと、今までの会社よりいい会社に行きたいというのが根本的な理由です。

だから、転職って今の会社よりいい会社だったらひとまず「成功」なんですよね。上を見たらきりがないですしね。

転職して今の会社よりも状況が悪くなったら「失敗」です。

とにかくわずかでも今よりいい状況に行ければいい・・・・くらいのスタンスで転職活動をすればだいぶ楽な気持ちで活動します。

もう少し肩の力を抜いて転職活動をしていきましょうよ。

転職中のマインド的なものについて 楽観的なマインドは転職には実は強いという理由

転職中はマジメな人ほど、

「仕事が見つからないと人生終わりだ」

という風にマイナス思考になってきます。テキトーにやってる人のほうが意外といい結果が出てしまうのは

「まあなんとかなるだろう、じっくりやっていくか」

と楽観的だからです。楽観的と言っても一番強いのは「行動力のある楽天家」というわけですね。

あなたがマジメ性格っていうのが自覚があるなら、転職活動には正直疲れるでしょう。そりゃあプレッシャーばかりでしかも現在無職のケースもあるわけですから、自分で自分を責めるわけです。

結局そういう「楽観的なマインド」って面接とかにも出るんですよね。

面接って、面接官が何を見てるかというと、あなたのスキルとか職歴とかなんてほとんど見てません。そんなの履歴書で見ればわかりますしね。

面接官はあなたのキャラをみてます。受け答えやどれだけ明るい雰囲気を持っているかを見ています。

だって暗い雰囲気の奴採用しても、仕事一緒にやりたくないでしょ?だからまじめな人って面接通りにくいんですよ。

だから、楽観的な感じのマインドって軽視しがちですけど、実場ものすごく大事なんですよね。

これを知ってるだけでも、転職活動がうまくいかなくて疲れたという「精神面」での疲れは変わってくるはずです。

第三者であるエージェントをとことん利用しましょう 自分の負担を軽くするのは転職活動では必須です

転職がうまくいかない時にはそりゃあ疲れます。一人で転職活動をしていればさらに疲れは倍増します。

それを防ぐために、転職であなたの代わりにやってもらえることがあれば転職エージェントを利用してやってもらいましょう。

エージェントは転職のプロなので、転職での面接対策を具体的にアドバイスしてくれますし、希望の求人を探してくれます。

先ほどの「自分の譲れない条件」を伝えておけばそれに対応する求人を探してくれます。求人はエージェントが審査してるのでブラック企業もありません。

ハローワークとかだと求人はブラック企業ばっかりです。怖いですよね。ハロワってどうしてあんなにブラックばっかりなのか

正直いいかげんにしてほしです。

参照記事

会社を退職したら、とりあえず行くところがハローワークです。離職票を持っていき、再就職の意思があるかどうかを確認して、雇用保険給付の手...

転職活動がうまくいかなくて疲れるのはしょうがないですけど、なるべく負担を減らして第三者にやってもらえることはやってもらうというスタンスがいいです。転職エージェントを使い倒して、自分はなるべく楽をするというのが、疲れることなく転職活動をやっていくのに大事なポイントですよ(^O^)/

転職エージェントを利用して疲れない転職活動をしていこう

転職活動をしているとどうしても疲れます。これは避けることができないですけど、うまく負担を減らして、自分の希望の会社をゲットすることは可能です。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!