ブラック企業からの転職での面接で自信の自信の持ち方 他の人も自己暗示かけてハッタリかましてるだけですよ

よくあることですが

「面接で自信がないから怖い」

「自信を持つことができない面接でオドオドしてしまう」

という悩みってありますよね。

これは気持ちはわかります。新卒で入った会社を辞めて、そのあとフリーターでずっとやっていた人とかは、面接で自信満々にやれと言ってもいきなりは難しいです。たしかに自信を持つっての簡単には行きません。

ただ、面接ってやっぱり自信をもって堂々と発言するのが条件です。面接官も面接でその人の履歴とかよりも、どういう態度で受け答がきっちりできているかを見ています。堂々とした態度でキッチリ質問に答えることができる人のほうがそりゃあ印象は全然いいです。

ただね、これってみんな自信なんてない人のほうが多いんですよ。たまに自信満々で勘違いしている人いますけど、たいていの人は相当な自信家でない限り、ふつうに面接とかで自信がある人のほうが少ないですよ。

じゃあ、どうやった堂々とした態度で話してるるの?

と突っ込まれると、それは「ハッタリかましてる」だけなんですよね。

「ハッタリなんてそんなのどうなの?」

とあなたは思うかもしれませんが、実際仕事になると「ハッタリ」ばっかりの世界ですよ。

もちろん、全然実力が無かったり内容が無かったりしたらまずいですけど、仕事って、例えばお客さんの対応とかもハッタリで乗り切ったりします。

お客さんって、オドオドした態度の営業からはモノを買いません。自信をもってはっきりした態度で言い切る感じの営業から物を買います。

これって、実はハッタリなんですよね。世の中自信に満ち溢れている人なんて少数派です。みんな無理してハッタリかまして生きてるんですよ。

だって、ハッタリかませないと仕事も恋愛も、人生も上手くいかないことがおおすぎますからね。

そうその人生の一部の面接だって「ハッタリ」重要ですよ。自信を持ったような「ハッタリ」をかまさないと、面接官に

「こいつオドオドしてるなハイ不採用」

とかなってしまいます。

ハッタリって言葉尻は悪いですけど、かなり大事な要素です。面接でもそうですし仕事の面でもとても大事な要素です。ホントですよ(;^ω^)

会社とかに入ると「ハッタリ」かませる人が出世しますよハッタリをかますのはある意味スキルです

会社に入ると、重要な会議とかでも言い切れるだけの「ハッタリ」が大事になってきます。

「このプレゼン微妙じゃね?」

と思われていていても、堂々と言い切る口調で論破するというハッタリで押し通す必要があるときもあります。

これって、仕事やってるとかなりあります。こういうハッタリで行かなければいけない場面てかなりあります。

仕事をすでにやっている人なら「あるある」と思うでしょう。それだけ「言い切る」「堂々とした態度や口調」というのは大事なんですね。

もちろん、この人たちが自信があるというわけではないです。ぶっちゃけていうと「ハッタリ」です。上手くハッタリ使える人は結構出世します。もちろん仕事がある程度できるのが前提ですけど、それと同時に自分の意見を

多少強引にハッタリで押し通すことができる人が仕事をうまく回していくことができます。ハッタリかませる人ですね。

そうハッタリって悪いイメージがありますけど、なんでも「バランス」ですよ。

ハッタリだけじゃあだめですし、かといって仕事ができるだけでもダメです。両方バランスよく使いこなせるのが大事です。

でもね、ハッタリってなんか薄っぺらくて悪いイメージがありますけど、世の中の社長とかはハッタリのスキルとかものすごいあるんですよね。そのスキルだけでも生きていけるくらいハッタリがうまいわけです。

まあ自信を持つって事が根底に大事なんですけどね。その自信の持つためのマインドは、自己暗示で「私が面接を受けてやるんだ」暗示をかけることです。

面接でのマインドは「落ちても別にいい」「会社はいくらでもある」「私が受けてやるんだ」というもの

面接で自信がない人は、仕事での前練習と思って面接で自信があるような態度を「ハッタリ」かませるようにしましょう。

「でもさあ、ハッタリっていってもどうやってつかるようになるの?

というのはまず「マインド」を変えていきます。

これは自己暗示をかける感じで、

「面接では落ちても別にいいさ」

「会社はいくらでもある

」「私が受けてやるんだ」

位のマインドでいくとちょうどいい自信をもってハッタリかますことができます。

これも、自分で何度もつぶやいてみたりするのが効果的です。特に夜寝るときに10回つぶやいてから寝るとか普段からつぶやいてみるとか、とにかく自己暗示をかけるのがポイントです。

よくあるマインドコントロールによる自己暗示ですけどかなり効果があります。思い込みってやつですよね。

そう「いいいみでの思い込み」が「いい意味でのハッタリをかます」ということにつながります。

もともと自分に自信がない、自信が持てないという人は面接のときだけでも堂々とした態度をとることができるようになります。

ちなみに、もともと自信満々の人ってほとんどいませんよ。よく自信満々の態度を取っている人って、実は気が弱かったりします。

それこと自己暗示かけて頑張ってるんですよ。

一番いいのは、自分の人生で積み重ねていく自信がイイのですが、それを待っていると何年もかかってしまうので、面接を受けるというときには間に合いませんしね(;^ω^)

自己暗示は立派なマインドを確立する方法なので、やってみると効果はかなり高いです。大事な面接です。自のある堂々とした態度で面接を受けるように持っていきましょう。

転職エージェントで面接のアドバイスをもらのは必須です

考えるサラリーマン

面接で自身の無い人は転職エージェントの利用は必須です。転職のプロであるエージェントに面接のアドバイスをしっかりもらったほうがイイからです。

エージェントのアドバイス無しで自分の考えだけで面接をうけると、どうしても独りよがりになって失敗の基です。

もらえるアドバイスはしっかりもらって、自分なりにかみ砕いて自分のものにしていきましょう。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

ブラック企業やブラックな職場にいると、どうしてもその職場から脱出することまで頭が回りません。

余裕が無くなっているですね。転職なんて考える暇もないかもしれません。

視野がせまくなっていて、自分の勤めている会社が全てみたいになっているパターンもあります。

転職エージェントに相談してみると、「まともで従業員にやさしい会社」っていうのが世の中にはいくらでもあるというのに気づくことでしょう。

ブラック企業ばかりじゃないんですよね。普通の会社もたくさんあります。それに気づいていないだけです。

転職エージェントはそういった転職のやり方の相談もアドバイスしてくれますし、求人を扱っている会社を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークとか普通の求人誌は求人掲載する会社を審査しないので、ブラック企業がいっぱいの状態になってしまうんですよ。

転職エージェントの登録利用は無料です。求人依頼会社から報酬をもらってそれで運営しているからです。

まともな会社が世の中にはあるということを知るだけでも、視野が広がって人生の選択の幅が広がってきますよ。

ブラック企業はもう終わりにしませんか?
ブラック企業に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加