家族の仕事が過酷でブラック企業で退職した 旦那と協力して家計ともりあげていきましょうよ

うつ病イメージ

今時のご時世は仕事は普通に激務な会社が多いです。ましてやブラック企業なんかに捕まったら、会社を辞めるしかない状況に追い込まれるのも不思議ではありません。

なので、夫が会社を辞めた・・・なんて状況は最近では珍しくないですよね。本当に人間追い詰められるとうつ病になったりするので会社を辞めないまでも、休職したりすることは日常茶飯事です。

そういった時の対応って嫁としてはどうすればいいか困りますよね。いくら家庭のためとはいえ夫が体を壊してまで働く姿は見たくありません。

余談ですけど、ここで「なんて根性がないの?」とか言う言動は絶対ダメです。そうなると夫は「離婚」の二文字がちらつきます。

男はかなり厳しい状況でギリギリの状態で働いているんですよ。奥さんその辺理解してやってください。

ただ、そういう厳しい理由で会社を辞めるパターンもありますけど、旦那がいい加減な男だと、大した理由もないのに会社を辞めてふらふらしていることもあります。

このあたりの「会社を辞めた理由」をしっかりと見定めて、そのあとの対応をするのが嫁の役目です。家族って共同体ですからね。そのあたりをわかってないから最近は離婚率がめちゃくちゃ多いんですよ。家族を大事にしてください。

これは切なる願いです。

ここでは会社を辞めたときにの嫁の対応方法についてみていきましょう。

基本男はプライドが高いです 就職に関して何か言われると腹を立てます 

男ってプライド高いですよね笑。これはしょうがないです。そういう生き物ですから。

なので、会社を辞めた時ってかなり落ち込んでいます。プライドがズタズタになっていますからね。

会社を辞めてしばらく(1~2か月くらい)は基本放置しておいたほうが良いです。この期間は何を言っても男はネガティブに受け取るので、仮に嫁さんが正論をいっても高確率で言い争いになります。多分逆切れされることになるでしょう。

嫁さんとしては、夫が無職になってかなり不安だと思いますが、見守ってあげましょう。

もちろん、夫が「ブラック企業に耐えられなくて辞めた」とか「ストレスで体調が悪い、もうこの会社では無理だ」とかそういうまとも?な理由で辞めた場合ですけどね。その場合はしばらく「そっとしておいてあげる」というのがベターです。

そうすれば数か月すれば傷も癒えてくるので、徐々に次の仕事への行動を自然にしてくれるでしょう。

ただ、夫の会社を辞めた理由がいい加減なとき「会社の仕事が合わない」「俺にはもっとあっている仕事がある」みたいなテキトーな理由だったら・・・まあその男とは別れたほうが良いかもしれません。子供がいれば吉備氏かもしれませんが、子供がいなければ速攻で別れますね私なら。

会社を辞める時って、男もけっこう本性が出ます。その時にどういう態度をとるかで今後を冷静に判断するのも嫁さん・・女として大事な選択ですよ。

ブラック企業に勤めていた夫って相当心身が疲れています。それはねぎらってあげてもいいんじゃないかと思います。

ただ、きちんと「話し合い」はしたが良いです 感情的にならないのが大前提です

ただ、どちらのパターン「まともな理由」と「まともでない理由」でも話し合いが必要です。これは1~2か月放置して落ち着いたら、一度きちんと話し合ってみたほうが良いですね。

男はプライドが高くてある意味「子供」な生き物です。嫁さんの方から「今後のことだけど・・・」といった体で話し合いをしたほうがいいですね。

お互い大人ですし、こういう時こを本音を言うことができるいい機会です。もしこういう話し合いを避けるような男だったらまたそれはそれで問題ですけどね。そうしたらそれこそ今後の行動を考えたほうが良いです。離婚を薦めるわけじゃあないですけど

「話し合い」ができないっていうのは大人にとってかなり致命傷です。

ここで大事なのは、嫁さんも言いたいことがたくさなるでしょうけど、「感情的になったらダメ」ということです。

ホントこれ、ガチで大事です。女性はここで感情的になりがちなので男性としてはそうなると一気に「どうでもいいや」的な気分になったりします。そうなると就職とかどうでもよくなって離婚・・・・みたいな最悪の結果になりがちです。

そのためかなりここは感情的になるのだけはグッと我慢して旦那と今後のことを話し合いましょう。逆にこれができれば家族の絆はかなり高まりますよ。

これからの話し合いができれば男は自然と就職に動く

今後の話し合いをすれば、男は自然と再就職にむけて動き出します。その話し合いで大事なことは「私にはあなたが必要なの」的なニュアンスを伝えることです。

男はかなり承認欲求(認められたいという欲求)が強いので、嫁に必要とされていると思いこむとかなり頑張ります。

そういう風に誘導していくのが嫁の役割なんですね。こういうのを俗にいう「尻に敷く」ということです。

なんでもガミガミ言って夫をしたがわせている人がいますが、これは最悪です。鬼嫁っておっとはあなたが思っているより離婚とか考えていますよ。

これも余談ですけど、男の趣味とかを否定しちゃダメです。もちろんパチンコとかで散財している男はダメですけど、お金のかからない趣味とかを楽しんでいる夫いたいして「そんな趣味辞めろ」とか言ったらもうアウトです。

趣味を否定する=人間性を否定することなので絶対やめましょう。

話が逸れましたけど、こうやって男をうまくいい方向に導くことができる嫁さんになってください。本当にそういう家庭が増えていくのが希望なんですよね。特にこれから結婚する男たちにがうらやましがるような雰囲気をもってしいものです。本当に。

家族がブラック企業を退職したら協力して家計をきりもりしていきましょう

夫が無職の時には嫁さんが稼ぐというのもてです。今時では女性がネットを使ってかなり高時給で稼げるバイトがあります。

以前なら水商売とかが定番でしたが、今ではネットをつかって短時間でできるバイトもあるのでこういうものも参照にするといいでしょう。

とにかく家族である以上やはり夫をサポートするのは嫁さんの役割です。そういう感情が無くなってしまったら家族である意味はありません。

夫が無職になって厳しい状況になると精神的も嫁としてはつらいですが、夫を温かい目で見てサポートしいくのが家族というモノの形なのかなと思います。ちょっとクサいですけど、正直な感想です。

また、ブラック企業を退職した家族が、再びブラック企業に捕まらないためにも再就職の転職活動は必ず転職エージェントを使ってくださいね。ハローワークとかつかうとまたブラック業に引っかかってしまいますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!