ブラックな会社で住宅ローンを組んだ瞬間に海外転勤させられる人たちリアルな話

住宅模型

住宅ローン組んでますか?私は絶対に組みません。なぜなら組んだ時点で会社奴隷になるのをリアルに見てしまったからです。

といってもまず私は金融機関にいたのですが、年収が300万とかで35年ローン組む人とか普通にいました。もちろん仕事ですからうまくローンが通るようにしますし、そのくらいの年主でも無事住宅ローンを組んだ人もいました。

でも心の中は「マジで怖いこれじゃあ、いっしょう借金が付きまとうじゃん何考えてんだ?」という心情です。口が裂けても言えなかったですけどね。

35年のローンですよ。30歳くらいで組んでも終わるのが65歳?????? しかも昔なら給料が上がっていく時代なので繰り上げ返済とかできたかもしれません。35年のローンを20年くらいで終わりにできたかもしれません。

でも今では給料が上がる可能性もひくくて35年間ガチでローンを払い続けるパターンがほとんどでしょう。

どうするんですかね、住宅ローンだけでもいっぱいいっぱいなのに子供が成長して大学とか行くときに学費もかかるわけです。

学費だけならまだしも、もし自分の会社とかが傾いたり、そこまでいかなくても経営不振でボーナスとかカットされたら破綻するのは簡単に想像できます。

それでも人はローンで家を建てます。頭がおかしいと思っていますけど、それはわたしだけでしょうか?

たぶん簡単な「試算」をしてないんでしょう。エクセルでもなんでもいいですから、自分の人生でかかる資金をおおまかに試算してないんですね。

また自分の会社が65歳まであるという計算をしているのが一番怖いです。同じ会社に40年以上も働く・・・それ無理ですよ。

東芝とか普通につぶれそうじゃないですか。シャープ買収されちゃいましたよ。あなたの会社はそういった会社より大手なんですか?

と言いたい放題ですが、金融機関に勤めていいたので、住宅ローンは本当に最悪です。銀行に3分の一の金利を献上してるんですからね。35年かけて金利払い続ける。銀行はウハウハですよ。

だから借り替えとかやりまくって住宅ローンの争奪戦が繰り広げられています。もう住宅ローンで家を買うのはやめましょうよ。

近い将来、受託ローン破産がめちゃめちゃ多くなりますから。

どのみち人口が減ってくるので、空き家がこれから日本全体で空き家がものすごく増えいます。そういうところを安く刈ったりすればいいわけです。

お金もないのに数千万の借金なんてしちゃだめです。そうするとうまく会社にそういうことを利用されますよ。

今回はそういった住宅ローンを組んだら会社でどういった扱いがあったかをご紹介します。

出世はできるけど、ほとんど海外で過ごすから家族に会えない 新築した家に住めない

住宅ローンって組んだ瞬間に会社から異動辞令がでるものなんです。これリアルというか何件もあったので、もうそれほど驚きもありません。

もともと勤めていた会社では、海外の工場がたくさなる比較的大きな製造メーカーでした。だいたい感のイイ人はわかると思いますが、海外転勤も多いです。

ただ、やっぱり海外に一度転勤するとかなり生活への負担が大きいです。そのあいだ家族には会えないですし、一度海外勤務になるとたいてい4~5年は行っています。

正直いきたくないですね。海外と言っても東南アジアとかインドとかベトナムとかそういうところですしね。アメリカやヨーロッパじゃないんですよね。これがまた嫌で・・・

だから行きたくないという人がほとんどです。でもそこで海外勤務を断れば出世への道は閉ざされてしまうので出生したい人はしぶしぶいくわけです。

そういうのどうでもいい人は普通に断っていましたね。そういう二極化になっていました。

そんな状況で住宅ローンを組むとですね、すぐその人に「海外転勤」の打診がくるわけです。そう住宅ローンを組んだらもう転職とかできないだろうということと、転勤を断れないだろうということで、すぐに海外勤務になります。

もちろんほとんどの人が海外勤務の断れません。だって住宅ローン組んだばかりですからね。数千万円の借金抱えて会社のいうことを聞かなかったらどうなるか・・・みたいに不安になるんでしょう。

でもいきなり、新築で立てたいえにロクに住んでないのに、いきなり海外ですよ。

ある人は「まだ新築で立てた家の風呂にまともに入ったことが無い」と言っていました。なんじゃそれ・・・・

たいてい、家を建てたばかりなので、奥さんや子供がいれば当然単身赴任で海外にきます。新築の家に住めないばかりか家族とも年に数回しか会うことができません。

一番のネックはたいてい子供がまだ小さいってことですよね。そんなときにほどんど父親の顔を知らないとなるとあまり子供にいい影響を与えるとは思えません。

あとヤバいのは一度海外勤務になると「海外派遣要員」みたいになって、国内に帰ってきてもまた数年で海外に行くということです。

海外4年→国内2年→海外5年→国内1年半→海外5年・・・・・みたいになります。

海外に行っている期間のほうが長いです。これってちょっと怖いですね。住宅ローン組んだ家にろくに住めないっていうことになります。

数千万円のローンを組んで、ほとんど自分の家に住めないってどれだけ人生罰ゲームなのかわかりません。

本人が幸せなら袖ていいですけどね

でも本人が納得して幸せならいいです。でも職場でどうみても幸せそうに見えません。

海外組はたまに日本に帰ってきても、疲れ切っていますし普通に目が死んでいます。そこまでして生きていくんだみたいな印象です。

本人どう見ても納得していない感じです。我慢って怖いですね。どうして住宅ローン組んでまで家ってほしいんでしょうね。

どうせ子供が独立して出て行ってしまったらデカくて扱いに困るだけですし、どのみち老朽化して建て替えもしないといけないし固定資産税もかかるち維持費ばかりです。

でもやっぱり「家を持つ」ということが一種のステイタスみたいになっていますね。特に田舎では。なので、さっきみたいな年収300万でも35年ローンを組みますし、銀行も貸してしまいます。怖いですマジで。

もし住宅ローンを組んでしまったらなるべく繰り上げ返済するかできなければ借り替えをしましょう

住宅ローンをくんでしまったら、返すしかありません。利息を銀行にいいように持っていかれています。

銀行サイコーみたいにおもってますよね。銀行経営者は。

もし住宅ローンをくんでしまっていたら、一年でも多く「繰り上げ返済」していきましょう。それが金利をはらうのをなるべく少なくする唯一の方法です。

すこしでもボーナスに余裕のあるうちに少しだけでも住宅ローンの繰り上げ返済を地道にやって行くのをおススメします。

いつボーナスが無くなったりするかもしれないので、できるだけできるだけローンを詰めたほうが良いです。銀行の思うつぼのですよね。そうしないと。

もしそれがどうしてもでいないのであれば借り替えをもう一度見直してみましょう。最近では「住宅ローン借り換えセンター」という専門のサービスがあります。住宅ローンの借り換えを極限まで家計を減らす工夫をするために必要なサービスですね。

利息が削減できなければ一切の費用はかからないので、一度相談してみるのが賢明です。金融緩和によって住宅ローンの金利が低くなっている昨今、借り替えによる家計費の負担を軽減するタイミングは今です。

消費税増税対策!「住宅ローン借り換え」で家計費負担軽減!

もし十楽ローンを組んで、海外勤務になってしまうのが嫌な人。海外勤務なくてもすぐに異動させられたり理不尽な仕事を押し付けられるような会社が

嫌気がさしている人は、転職エージェントを詳しく説明したページをご覧ください。

実際私は、数社の転職エージェントを利用しました。その中で転職が成功できたのがDODAです。金融業界から製造業の総務部に転職できたのも...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加