病院薬剤師に向いてないから辞めたい 職場がブラックか適性が無いのか判断して転職しましょう

病院薬剤師に向いてないから辞めたい。こう思っている人もいるでしょう。

病院薬剤師といってもドラッグストアとか調剤薬局とは大きく違うところがあります。それは「組織の大きさ」です。

病院といっても基本は経営者がいて、その下に配属されている社員が医師・看護師・薬剤師・事務員・介護士・雑用の人など様々な人間が交錯しています。

大きな病院になればなるほど組織としての壁は厚くなり、自分の意見は全く通りませんし、どんなに間違っていても会社の方針に従わなければなりません。法律違反なら別ですけどね。

ちなみの残業とかが払われないサービス残業が横行しているならすぐに労働基準監督署に申告しましょう。

こういったブラックな病院てのも本当にあります。ほんとブラックな病院て勘弁してほしいですよマジで。こういう病院があるから薬剤師も苦労するんですよね。

さて、病院薬局に向いている人はどういう人かを具体てみていくことで、自分は本当に向いていないのか?ただ辞めたいだけかのか??を判断できると思います。

病院は企業と一緒なので、サラリーマンに向いていない人はやっぱり向いていません。そこはしょうがないです。人には向き不向きがあるんですからね。

そういったことを全体にして、ここでは病院薬剤師が向いていない例を挙げてみます。

まず病院は医師が主役のサラリーマン社会 普通の会社といっしょです

まず前提ですけど、病院薬剤師はサラリーマンです。

技術的なことは薬剤師の仕事ですが、位置づけは普通の会社の社員と一緒です。特別なことはありません。

夢を奪うようでアレですけど、薬剤師だからといって特別というわけではありません。これは医者でも看護師でもそうなんですけど、雇われている以上会社員です。

病院の経営も社長によって大きく違いますし、はたから見ると「これどうよ?」っていう経営方法でも従わないといけません。

それが大前提です。そおこは大人になって理解する必要があります。

「薬剤師だから特別」というプライドが変にあると病院薬剤師をやっていくのにマイナスになります。

病院組織ではなんだかんだ言って医師が主役ですし、看護師のほうが薬剤師より発言権があります。薬剤師は下から病院を支えているイメージですよね。だからあまり意見することはできませんし、そういう自分の意見が強い人は逆にやりにくい職場なってきます。

薬剤師ってマインド的には「縁の下の力持ち」的なマインドを持ってる人がうまくいきます。

薬剤師は薬に関しては医師よりも知識が深いので、医師よりも劣るということではありません。ただ実際に患者を診察するのは医師なので、医師をサポートするというマインドがあれば意外と病院薬剤師はうまくやっていけます。

そうマインドですよマインド。無駄なプライドみたいなのを持っている人は病院薬剤師には向いてませんよ。

病院薬剤師に必要な力とはどういうものか?

病院薬剤師に向いている人というのを具体的に見てみましょう。これを見ることで、しっかりと自己分析ができてくるのではないでしょうか?

長時間労働に耐えられるか?

病院は会社といっしょで、人員削減・効率化などを推し進めてきいます。人員が減れば一人当たりの作業量も増えてきて残業も増えてきます。

普通の調剤薬局ではそれほど残業は無いイメージですが、大きな病院薬局では患者が多かったり先進医療を導入しているときは薬局もかなりいそがしくなります。

そういう時期は長時間残業になります。

普通の企業でも忙しい時は終電というケースもよくあるので、そのイメージと同じです。

これも平たく言えば「会社」と一緒ということですね。薬剤師といえども、病院の薬局い入れば普通のサラリーマンと一緒で長時間労働は避けられないんですよね。会社ってのはそういうところなんですよ。良くも悪くも。

最新の医療を学んでいけるか?

大きな病院では最新医療を導入していかないといけません。医療も年々進歩しているのでその分新薬の量もふえていきます。

その分処方の仕方や体への影響など勉強することは多いです。特に病院薬剤師は生涯勉強していくというスタンスが必要になってきます。

最新医療を学んでいきたい!!という意思が強い人は病院薬剤師に向いています。向上心の強い人ですね。

ゆるく仕事をしてきたいと考えている人には向いていかもしれません。

組織なので、自分を殺して組織のやり方に従えるか?

病院薬剤師は病院という会社組織にいる社員です。

大きな組織になればなるほど自分の意見は通りにくく、普通の会社とおなじで一番いい方法は自分を殺して組織の方針に完全に従うことが大事です。

事あるごとに意見をしているとたちまち上層部から目を付けられ余分な圧力をかけられます。(異動・左遷など)自分の意志通りやりたいなら、個人事業主になるか会社を興すなりの行動が必要です。

薬剤師だから特別というわけではなく、医師といえど看護師といえど病院に雇用される社員なので、そこは組織の方針の従うのが義務になってきます。

例外はその組織があきらかに法律違反(サービス残業やモラルに反したパワハラやいじめ)をしていた時は速やかに上司に報告するか労働基準監督署に相談しましょう。

医師や看護師との連携をうまくやっていけるか?

病院では、普通の調剤薬局とちがい、医師や看護師との連携は不可欠になってきます。

患者さんを都に買いう優先するので、スピード勝負のケースも生じてきます。その時には医師や看護師といかに連携して患者の窮地を救って行くというポイントが何より大事になってきます。

ただ、調剤を淡々とおこなう調剤薬局とは違った充実感は得られると思います。最低限のコミュニケーション能力や機転も必要です。

これも普通の会社なら、連携プレイは必須になってくるので、病院だから特別ということはありません。

基本は組織なので、上下関係が厳しく自分の意見がある人改善したい人は向いていません

こういった調剤薬局に向いている人の事例を見てみると、病院は組織で上下関係もあり会社員の意識で働くことが必要になってきます。

会社なので、忙しい時期もありますし残業が出る時期もあります。

淡々と仕事をこなしていきたいなら小さな調剤薬局などがいいかもしれません。

向上心があり、人間関係おそつなくこなしていくキャラの人が病院薬局向きですね。

なので、不器用な人や長時間労働が厳しい人は病院薬局を辞めてくなってくるでしょう。

もし病院薬剤師が限界だと思うなら転職を視野に入れていったほうが良いでしょう。

「でも転職といっても何から始めていいかわからない。」というケースでは「薬剤師の転職支援サービス」の利用をおススメします。

転職支援サービスは転職のプロであるアドバイザーがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。

「薬剤師転職支援サービス」は転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがあなたと面談をしてすぐれた薬剤師求人を紹介してくれます。

登録から利用はすべて無料になっています。これは求人を希望している企業側が転職支援サービスに報酬を支払っているので、あなたは無料で利用できるわけです。

薬剤師転職支援サービスは、あなたに履歴書の書き方や面接のやりかたをしっかりとサポートしてくれます。

良い求人情報があっても面接がうまくいかないと難しいですからね。そういう細かなところまで配慮してくれるのが転職支援サービスです。

一人で薬剤師の求人情報を探すより、格段に効率よく転職活動をすることができます。

また、北海道から沖縄までの求人情報を網羅しているので、勤務地の相談もでき、あなたのライフスタイルにあった転職を可能にしています。

薬剤師は安定した求人があるので、あなたのニーズにあった求人は見つけやすいです。転職支援サービスを利用してスマートに薬剤師の転職活動を行いましょう。

優良な薬剤師の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.ファルマスタッフ

2.薬キャリ

3.ヤクジョ

 

「ファルマスタッフ」は東証一部情報の「日本調剤グループ」が運営する転職支援サイトです。

職場へ足を運び求人情報を収集し、面接同行サービスを実施してキメの細かいアドバイスで定評があります。

薬剤師専任コンサルタントが80名在中し、あなたの希望に合った薬剤師求人の提供・面接指導を行ってくれます。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして名前・とアドレス、生年月日・住所と携帯番号と必要事項入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

ファルマスタッフの公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

「ファルマスタッフ」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「薬キャリ」や「ヤクジョ」を選択しましょう。

「薬キャリ」も「ヤクジョ」も大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「薬キャリ」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

「ヤクジョ」の公式ページを見てみる

↓ ↓

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!