薬剤師が人間関係が特殊なブラック病院を抜け出す方法 病院を辞めたい人はサクッと転職しましょう

薬剤師の就職先は病院・企業・薬局・ドラッグストアなどがあります。

その中でも特に病院は医療を直接行う場所で薬剤師の仕事もやりがいもありそうですし、実際仕事も大変です。

病院薬剤師は年収も高く、特に医師や看護師との連携も必要で薬剤師としての技能は特に高まる職場です。

病院に薬剤師として勤めようとしている人は特に意識が高く向上心が旺盛です。やる気全開で病院薬剤師になるパターンが多いです。

ただ、病院は正直薬剤師の地位が高いとは言えません。やはり病院の主役は医師であり次いで看護師、三番手に薬剤師といった序列がどうしても成り立ってしまいます。

医師から見れば薬剤師はただの「薬を選別する人間」程度にしか思われていないのが現実で、露骨にそういう態度をとる医師もいるでしょう。

実際は薬剤師は医師よりも薬の知識は高いですし、処方する薬の組み合わせなども医師は間違うことが多いので、絶対必要なのが薬剤師に仕事なんですけどね。でも、どうしても病院では薬剤師の仕事は軽く見られがちです。

そういった環境でモチベーションを保てる薬剤師は非常に少ないです。また、病院は人間関係が複雑で医師や看護師には仮に仕事は優秀でも人間的には偏屈な人間もかなり多く、付き合いにくい人間もいます。

病院によっては、院長から配属している医師ま企業で言えばパワハラ上司みたいな輩が集中して存在する・・・

なんて病院もあります。

こんな病院に勤務する薬剤師やストレスで精神をやられてしまうもの時間の問題なんですね。

ここでは、病院勤務の薬剤師が辞めたくなるケースと賢い転職の方法をご紹介します。

病院内での薬剤師の地位は低い

とにかく病院での主役「医師」であることは疑いがありません。薬剤師はおまけくらいの地位でしか見られていません。

そういう環境で仕事を頑張っても仕事をしていると認められたい「承認欲求」を得ることはむつかしいです。

仕事はお金のためもありますが、多くに人が「仕事をやっている自分が認められたい」という承認欲求を得るためにも仕事をしているんですね。

それが無いと、なかなか仕事へのやる気も出てこないのも当たりまえです。また、仕事にプライドを持っていたりする薬剤師でアあればあるほど病院内での自分の地位が低いことに嫌気がさしてきます。

そうなってくると仕事自体にやる気を出す意義を見出せなくなり病院薬剤師を「辞めたい」という意識が加速してきます。

やっぱり人から認めれれるというのは、仕事のやる気に直結します。正直、病院での薬剤師はそういう認められる仕事というふうにはなりにくいのが現実です。

別に仕事を割り切っていればそのあたりは気にしないでいられますが、やっぱり仕事にはプライドを持っていたいですよね。それが仕事というものですからねえ。

ブラック病院に勤めるとそこで精神ストレスが蓄積します

ブラック企業があるならブラック病院も当然あります。医師や看護師・薬剤師を奴隷のように働かせて、利益しか顧みない経営というのはどこの世界にもいるものです。

そうなると、社内の雰囲気は最悪で、パワハラ医師も出現して罵倒されることもあるでしょう。サービス残業も強制されて調剤をされるという、超悪循環な会社にハマってしまうこともあります。

こういう病院に勤めていると高確率で「うつ病」になります。自分病院の心療内科に通院するというシャレにならない状態になったら目も当てられません。病院と言っても「会社」と変わらないので、当然ホワイト病院もブラック病院もあります。これは経営者によって大きく変わってくるすよね。

当然ブラック病院に入ったらもう悲惨です。うつ病まっしぐら、そのまま人生アウトというケースも普通にあります。せっかく薬剤師の資格取ってこれじゃあ泣くに泣けません。

長時間残業をしてると、実際どのくらいやると「うつ病」になったりするのでしょうか?実際私が体験した状況からそれをご紹介します。結論を言うとそこまで我慢するのは絶対にやめたほうがイイです。体を壊す前にサクッと転職したほうがイイにきまってますからね。それはホントに辞めたほうがイイです。

薬剤師なら、抗うつ剤はいったん服用すると、減薬していくのがキツイという事実はもちろん知っているでしょう。

でもうつ病になれば、抗うつ剤は飲まなければ悪化の一途をたどっていきます。その状況を改善するには、ブラック病院を辞めるしか手はないのです。

病院では薬剤師でも夜勤があり人間関係が複雑すぎる

病院勤務では薬剤師でも夜勤があり生活が不規則になりがちです。

夜勤を経験した人ならがわかりますが、夜勤をした後、次の週に昼勤に戻したりすると体調が悪くなったりします。

夜勤をやっている人は通常に人より10年平均寿命が短いと言われています。これは、昼夜が逆転するとホルモンのバランスが崩れたり、睡眠の質が低下して体にストレスをためていくからです。

10年ですよ10年。生活を豊かにするための仕事で寿命削って10年間も時間を無駄にするわけです。悲惨ですよね。なんのためにはたらいているのかぶっちゃけわかりません。

少しの期間の夜勤体制ならそれほど影響はありませんが、数年、数十年を夜勤があるケースでは寿命が縮んでもおかしくはありません。

自分の命を削っていく夜勤を続けいていくのと病院薬剤師を続けていくのかを選択するのは重要ですね。私なら絶対嫌ですね。だからサッサと転職したいというのが本音です。

病院薬剤師でも夜勤のないところを選ぶか、別の環境に転職するかが妥当なケースになってきます。

病院薬剤師を辞めたい場合どう転職するべきか?

喜ぶスーツの女性

病院薬剤師を辞めたいなら、まず、どういった点が嫌で辞めたいかをピックアップします。

「人間関係が嫌だストレスがたまる」

「薬剤師の地位が低すぎてやる気が出ない」

「残業が多すぎて体がきつくて毎日が楽しくない」

「夜勤を続けていたら病気になった」

「上司にイヤな人間がいてもう耐えられない」

など自分が今不満に思っていることや、耐えられないと思っていることをピックアップします。

そして、そのピックアップしたことが解決できるであろう転職先をさがしていきます。

「人間関係がいい病院」

「薬剤師の地位が高い調剤薬局や企業」

「残業が無い地域のドラッグストア」

「夜勤が無い薬局」

「上司がイイ人がおおい会社」

など自分の転職希望がはっきりしてきます。そうしたら、そういう転職先を探して面接を受けていくわけです。

ただ、そういう希望を満たした薬剤師の転職先を一人で探すのは簡単ではりません。

転職先を効率よく探したい場合は「薬剤師の転職支援サービス」の利用をおススメします。

「薬剤師転職支援サービス」は転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがあなたと面談をしてすぐれた薬剤師求人を紹介してくれます。

登録から利用はすべて無料になっています。これは求人を希望している企業側が転職支援サービスに報酬を支払っているので、あなたは無料で利用できるわけです。

薬剤師転職支援サービスは、あなたに履歴書の書き方や面接のやりかたをしっかりとサポートしてくれます。

良い求人情報があっても面接がうまくいかないと難しいですからね。そういう細かなところまで配慮してくれるのが転職支援サービスです。

一人で薬剤師時の求人情報を探すより、格段に効率よく転職活動をすることができます。

また、北海道から沖縄までの求人情報を網羅しているので、勤務地の相談もでき、あなたのライフスタイルにあった転職を可能にしています。

薬剤師は安定した求人があるので、あなたのニーズにあった求人は見つけやすいです。転職支援サービスを利用してスマートに薬剤師の転職活動を行いましょう。

ブラックな薬剤師の職場はもう終わりにしませんか?
ブラックな薬局・病院に関わらない人生には転職支援サービスが必要です。ブラック職場の無い人生を選択しませんか?
転職支援サービスの詳細ページはコチラ
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加