家電量販店の仕事がきついしつらいので辞めたい時の対応 ブラックな仕事内容と仕事を変えるときのポイント

家電量販店

知人で家電量販店のヤ〇ダ電気に勤めている人がいたので、たまに飲むことがありました。話を聞くたびに家電量販店のブラックな仕事っぷりを聞かされていましたからね。

ただ、その人はワーカーホリックというか、社畜洗脳が完了していたので、「仕事している俺ってなんかすごい」みたいに仕事をしている自分に酔っていましたからね。

でもその知人も結局「うつ病」で家電量販店を退職してしまいした。4年くらいで精神的に限界が来たというわけです。

そう、こういった社畜で仕事に酔ってるタイプでも4年ん持たなかったわけですから、普通の神経の人はもっときつい状況になっていると推測されます。推測ですけどね。

家電量販店い行くととにかく、一生懸命セールスしていますよね。これって地銀で営業やったことがある私にはなんとなくわかります。

「ああ、ノルマがきついんだな。上司から毎日のように売り上げが悪いって説教されてるんだな・・・・」

ノルマが上がったところで給料がアップするわけじゃないのに毎日説教です。ノルマがあるなら絶対に実力が給料に反映される外資系企業にいったほうがいいですからね。

外資系企業のメリットは、日本的な人間関係のしがらみが無くて給料が高いということにあります。仕事ができても給料が上がらなないという矛盾が外資系企業にはありません。仕事に自信がある人なら迷わず外資系企業い転職すべきです。日本的なしがらみが無いのは想像以上に仕事がやりやすいですよ。

そんなことを考えていいたので、ちょっと家電量販店の闇の部分を調べてみました。

家電量販店はスキルが身につかないでノルマもきつく長時間残業と絵にかいたようなブラックっぷりが清々しいですよ

家電量販店にいてもそれほどスキルって身につかないですからね、家電のことを「広く浅く」知ってるだけなので、あとはひたすら「家電を売る」ということをやり続けます。唯一身に着けられるスキルは「がんばってモノを売ること」だけなんですからね。

ちょっと仕事を続けていくにも怖い感じがします。長期でこの仕事をしていたら、何も残らないことになってしまいますからね。

給料は安いです 激務で安い給料だからやる気が続くわけなし

実際、家電量販店の年収って20代だと330万円くらいです。知人から聞きましたけどそれってマジか?とか思いましたからね。

年収がこれくらいでも実際は長時間残業で残業代もサービス残業だったりするので、実際に働いている時給に換算すると800円くらいじゃないの?

ということです。マックのバイトと同じくらいかそれより低い感じです。

とにかく給料は「時給換算」してみないと実際のところわかりません。いくら給料がそこそこもらっていたとしても、一日16時間とか働いていたらあまり意味が無いですからね。それにしても家電量販店の給料は安い・・・・これだと生活することや結婚して家庭を持つのは厳しいかもしれません。しっかり稼いでくれる嫁さんとかがいればいいですけどね。

意識高い系で就職しても無駄 利益主義に走らされるノルマ 客の取り合いが大好き

こういった家電量販店みたいな接客がメインの職場に就職する人で

「お客さんのためになる家電を売ろう、売上とかは二の次でお客さんのためになるものを売ろう」

というふうに意識が高い感じで就職す人もいます。これって現実を知らなすぎますよね。人間としてはイイ人というかこうあるべきですけど、家電量販店の仕事では成り立ちません。とにかく売り上げと上げてなんぼですからね。

ノルマもきついですし、とにかく会社は利益を上げること「しか」考えていません。末端の従業員がどうなろうとぶっちゃけどうでもいいわけです。

ノルマがあるので、店の中でもお客さんを従業員同士で取り合いして、必要のない高価な家電を売ることに全力なわけです。

自分の売り上げが上がればいいわけですからね。お客さんのことを考えていたら高いわけのわからない機能がいっぱいついた家電なんて売れませんからね。

インカム越しに説教 売れなければ説教 説教大好き業界

家電量販店の店員てインカム付けてますよね。あれで指示されてお客さんのところにいくわけです。

といっても上司からのインカムの指示が来るわけですけど、これっていつでもインカムで行動を握られてるわけです。

キツイですよ。いつ罵声が飛んでくるか若なら行って。

「お前今日売れてないだろ、いいかげんにしろよ」

「さっさと売り場で営業しろ。今日も売り上げ達成しなかったらわかってるだろうな」

とか脅しに近い支持をされるわけです。いやこんなのいやだ。ほんとにいやですね。24のジャックバウアーじゃないんですしインカムでの指示方式は精神的にだんだんとやんでくるのも当たり前です。

終電で帰宅とか普通 ちょっと寝てまた出社するこれじゃ死にますからね

家電量販店は日中はずっと接客してるので、店が閉まってから事務処理します。これをやってると当然終電近くの時間に帰ることになります。田舎なら車でしょうけどね。

深夜に帰宅しても次の日に仕事があれば、事務処理は店が開く前にやらなければいけないので、早めに出勤して事務処理します。

これも自主的に早く出社してるので、特に手当がつくわけでもありません。10時出社でも8時ごろに出社して仕事してます。

これだと先ほど言った時給換算で800円以下になるのが解かると思います。コンビニバイト以下の時給で仕事をしているのにずっと耐えていくことができるならこの仕事をやっていくことができるでしょう。

家電量販店はイメージ通りのブラックっぷりですかから、仕事に限界を感じているなら労働環境を変えたほうがイイです。

こういった家電量販店はイメージ通りのブラックな仕事ですから、そりゃ辞めたくなるも無理はありません。そこで耐えていても全く意味が無いので、肉体的、精神的に限界にきていたら冷静に労働環境を変えていくことを検討すべきです。

よく、「どんな仕事でも3年は耐えたほうがイイ」というのは「まっとうな職場で自分に落ち度がある場合」です。

サービス残業で長時間残業があり無茶なノルマを課せられる職場は「まっとう」ではありません。そいう職場で3年以上耐えることはただの「自己満足」「苦しい仕事を耐えた俺ってかっこいい」といった社畜洗脳が完成してるわけなんですね。

こわいですよね社畜洗脳。自分が社畜になっていないかどうか冷静に見つめるののにのにもいい機会だと思いますよ。

家電量販店から職を変えるなら独立するか異業種へのホワイト工場(製造業)などに転職するのがベター

家電量販店から職を変えるなら

「独立する」か「異業種に転職する」かの2択です。

独室するとなると、家電量販店でパソコンの知識があれば例えば、パソコン教室を開いたり、パソコンの修理会社を立ち上げたりする人もいました。

こういったスキルが無い場合は異業種に転職するわけになるんですけど、このサイトで頻繁に取り上げているのは「製造業のホワイト工場」は転職先にはかなりおすすめです。

製造業のホワイト工場は、定時で帰れて、残業もほとんどなくて、残業があってもキッチリ残業代がつきます。

週休2日制で、長期休暇も正月。GW、お盆に一週間以上休めて有給休暇もとることができます。ボーナスもしっかり5か月分出ますしね。

肉体労働をするなら、大手企業の下請け当たりの製造業がおススメです。こういった製造業はたいていホワイトな工場が多く、ポイントは「部品の小さい製造業」というのがキーワードです。ついついホワイトカラーに目が行きがちなので製造業って穴場の工場が多いんですよね。残業もついて、休日もしっかりしているホワイト工場がおススメです。

こういったホワイト工場に就職するのも一つの選択です。また、製造業でなくてもこういった、当たり前の待遇がある会社は普通にあります。そう、残業代が出るのって「当たり前」ですからね。

サービス残業はただの違法行為です。なぜか日本では罰則が無いので、労働基準法は機能していないのが現実です。悲しいことなんですよね。

転職するのがイマイチ不安で怖い、転職してブラック企業に捕まるのが不安だという場合には

家電量販店のの仕事から転職したいと思っていても、初めての転職だったりすると不安はあります。せっかく転職しても転職先がブラック企業だったらどうしようという不安もありますしね。

そういう場合は、一度、優良な求人を紹介してもらって一度実際に見てみるといいかと思います。

優良な求人を見ると、世の中にはちゃんとした会社があるということが確認できますし、異業種に転職するにしても視野が広がって自分が何をすべきかが見えてくることが多いです。

転職は、優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらいつつ履歴書の対策をして、面接の対策をしていけばそれほど難しくはありません。

特に最初の求人の紹介がダメだとその時点で、アウトになってしまいますからね。

ハローワークとか普通の巷に出ている求人誌とかではブラック企業の求人がいっぱいです。これはハロワとかでは掲載企業を審査していないからです。

転職エージェントでは求人企業を厳しい基準で審査しているのでブラック企業はほとんどありません。

優良な求人を紹介してもらって、実際に見てから転職するかどうかを選択するのでも十分アリだと思います。求人を見てないのに決断するのも勇気がいりますしね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!