休日出勤が多いブラック企業はやめたほうがイイ理由 労働環境を変える行動は早いほうがいい

休日出勤

私も休日出勤はよくありました。出勤と言っても営業をしていて個人的にスーツをきてお客さんのところを回っていたんですね。

要は、土日までとうやって個人的にお客さんを訪問しないと、仕事が回らないし営業成績もキープできなかったからです。

もちろん、営業で普段外を回っているので、事務的な仕事をやってる時間も無くて土日も家で仕事をしていることもあります。

ある意味休日出勤みたいなものですけど、休日出勤といっても手当は全くつきません。

普段も残業をしていてもサービス残業で残業代はつかないんですよね。今考えるとほんと普通にブラック企業でした。

実際、職種が違ってもサービス業や小売業、広告業といろいろありますけど、普段残業をフルにしても仕事が回らない量をやらされるわけです。仕事が回らないから、休日出勤して仕事を回すしかないんですよね。下手すると睡眠時間を削って仕事をするわけです。

「いや、こんなのおかしくね?そんな仕事したら死ぬだろ」

とか思いますけど、実際死にます。過労死する人もいますしね。サラッと書いているけどこういった現状の会社は割と多いです。

色んな所で、休日出勤があってしかも休日手当もつかない会社の内情を書いた記事がありますけど、こういった悲惨な状況を避けるには、

その会社を辞めて普通の仕事量の会社に入る

そもそもそいう言うブラック企業には入らない

この2択です。これ以上でもこれ以下でもないので、休日出勤が多くて会社を辞めたいとか思ってる人はシンプルにこのことだけを考えてください。

休日出勤を仕事をしないと物理的に回らない仕事量がある これが根本の理由です 残業をフルにやっても終わらない仕事量

休日出勤が多いというのは、イベント的な仕事もあるかもしれないですけど、たいてい「休日以外の仕事だけでは回らない」からです。しかもフルに残業をしても仕事が回らないので休日出勤をして仕事をするという、ごくごく単純な展開ですよね。

仕事って年度末とか決算期とかで忙しい時はこういう場合もあります。

ただブラック企業は一年中こういった状態が続くんですよね。残業を深夜までして毎日終電までしても仕事が追い付かない

だから休日出勤をしてやる。しかも残業はサービス残業、休日出勤とかは休出手当なんてつかない・・・

こんな会社あるの?だって完全に法律違反じゃん。といっても今の労働基準法には強制力も無いザルな法律なのでこういった会社のほうが多いです。考えてみるとものすごく怖いですよね。会社が率先して法律違反している。

そう、そういう世の中なんですよね。だから、いくら休日出勤がいやだといってもその会社にいるうちは一生その状態が続きます。

あれこれ考えても一生続くんですよね。その労働環境がね。

私の会社でも転勤した会社はそんなにブラックな会社じゃないですけど、それでもタイムカードを先に切ってサービス残業をしたり、休日出勤して休出手当がつかなこともありましたしね。私の場合はたまにですけど、ブラック企業はずっとこれが「永遠」に続くわけです。

永遠に続くんですよ。真っ暗闇を手探りで進みながらゴールのない場所を目指しているようなものです。

こういう状況が続いていくと、当然ですけど精神的におかしくなっていくわけです。

人間休日が無いと、徐々に精神的に破壊されてきます 友人・家族・恋人と接する時間 自分の趣味の時間がなくただ仕事するだけだとだんだん怖いことになります そうでう「うつ病」です

人間てそんなに精神的に強くないんですよね。我慢してストレスをためながら無理に仕事をしています。

よく、定年して解放されたらすぐになくなってしまう人ってたまにいるじゃないですか。これって今までのストレスがたまっていたのが

たものが一気に悪化して無くなってしまうパターンです。60歳で定年して一年たたないうちになくなってしまう人がけっこういます。

ストレスをためているってことは「寿命を縮めている」と一緒なんですよね。そう、ブラック企業で休日出勤なんかをしていれば寿命を削りながら生きているのと一緒なんですよね。

寿命もそうですけど、休みが無いってことは仕事しかしていない状態が続きます。友人や家族・恋人なんかと過ごす時間も無いですし、自分の好きなこと、好きな趣味とかやる暇も気力もなくなってきます。そうなるとだんだんと「生きる気力」が無くなってきます。

普通の人なら生きる気力がなくなるのも無理はないですよね。例外は本当の「社畜」なら仕事だけが生きがいなので寿命は縮まりますけど生きる気力はキープできます。

ただ、ほとんどの人が「普通の人」なので、仕事だけの人生に嫌気がさして、しかも疲労とストレスでネガティブになり

「死にたい」「生きててもしょうがない」

みたなことになってきます。典型的な「うつ病」の症状です。

そしてある日、布団から起き上がろうとすると起きあがれなくなってくるんですよね。身体が鉛のように重くて身動きが取れないくらいに金縛りみたいになります。

完全に思考停止になって廃人ですよね。心療内科に行って、抗うつ剤を飲まないとずっと体が動きません。

抗うつ剤を飲んでも、体は動きますけど精神的なダメージは変わらないので、そこから物事にやる気が出てくるのには

1~2年くらいはかかります。これくらいの時間を無駄にしてしまうんですよね。もちろん仕事なんでできないので、ずっと休職か会社を辞めることになります。

結局、休日出勤とかずっとしてブラック企業にいると自分で限界がきて辞めるか。うつ病になったりして休職して退職に追い込まれるか、最悪の場合過労死するので、どのみち破滅の選択肢しかないんですよね。

これに早い段階で気づいていれば労働環境を変えるという行動をする人も、もっと奥なると思うんですけどね。

過労が限界になって「うつ病」が重度になった時、体が動かなくなるくらい、身体的にも負担がきます。階段を上るのもきつい状態です。いままで膨らんできた風船がはぜてしまう感覚に似ています。そうまったく空気が入らないスカスカな精神状態です。何も考えれない、思考力が回らない。それが重度のうつ病です。

中にはすでに社畜奴隷として出来上がっている人もいる 完全にブラック企業の兵隊になっている人もいる怖い世の中ですだから平気で成り立つ休日出勤

あと余談になりますけど、ブラック企業に完全洗脳されていると、なんかハイテンションで「仕事大好き」と言う人間がたまにいます。

仕事さえしてれば幸せだなあ、サービス残業でも休日出勤でもなんでもこい。俺はこの会社で一番働いているんだかっこいいだろ・・・

みたいな自分に酔ってる社畜っていますよね。こういう人が基準で休日出勤て成り立っているので、ブラック企業の休日出勤(休出手当もちろん無し)は無くなることはありませんからね。

こういった人が上司だったりすると、仕事を効率よくやろうとすることなね全く考えないわけですね。そうするとただでさえ終わらない仕事が多くなって終日、終電までサービス残業をした上にそれでも仕事が回らないから休日出勤をするという風になります。

おまけにそういう社畜上司はパワハラとかをするのは定番なので、まいにち仕事が遅いとか、もっとできないのか?とか逐一いってくるわけですよ。

ブラック企業の「あるある」ですけどね。こういう完全に洗脳された社畜には注意が必要です。

ブラック企業は洗脳をして奴隷を教育します。たくみな洗脳術でまじめでがんばり屋な人ほどブラック企業の洗脳に引っかかってしまいます。この洗脳の方法とその対応方法をご紹介しています。なるべく早くブラック企業の洗脳を解いて脱出してほしいと思います。

そもそも、こういう違法行為をしている会社にいること自体が人生のリスクになります どのみち長期間は勤めることができないので自分の身の振り方を考えましょう

こういった、休日出勤が一年中続くブラック企業は普通に違法行為ですし、そのまま会社にいると先ほど言いましたけどどのみちあなたの身が「破滅」する選択肢しかないわけです。こういった会社に定年まで勤めるができますか?

無理だと思います。

だから、できれば早めに自分の労働環境を変えていく行動をしてくのがベターです。転職をするのも良し、自分で仕事をやっていくのも良し、ですしね。

とにかく休出手当の出ない休日出勤がエンドレスで続くブラック企業にいるよりは、労働環境を変える行動をする方が結果が良いような気がします。そのままいその会社にいても、精神的に参ってきて悲惨なことになるので早めの行動が大切です。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!