給料が少なくて休みの取れない業界は?休みの多い業界(会社)と比較してみました

上り調子イメージ

世の中には数えきれない業種の会社があります。

その中でも、休日数の多い会社少ない会社の休みの日の差は大きいですね。

あまりに休日が少ないと仕事だけをやっている感覚に陥って、なんのために生きてるのかわかなくなってきます。それだけ、休日日数は仕事のモチベーションに直結するので、多いか少ないかは企業選択の重要な要素です。

自分が入る会社の休日数を知らないまま入って、休みが最低日数しかなかった・・・なんてことになったら目も当てられません。

ただ、外資系企業などでは休日日数が少なくてもその分賃金が日本の企業とはくらべものにならないくらい高い場合があります。

とはいえ、日本企業へ就職・転職するなら休日数は必ずチェックしておきたい項目になっています。

日本での年間休日数の平均値は120日です。

この数値からどれだけ上下するかでその業界がどれだけハードワークかも判断することができます。やっかいなのは、年間休日が何日以下だからといって「違法」になることはないんですね。

これちょっと怖いですね。ただ、法定労働時間を加味して年間休日が105日以下だとヤバいです。なぜなら法的に年間フルに働いても260日が限界で一年365日からその日数を引いた数が「105日」だからです。

このような状況を知ったうえで、ここでは、休日数の多い業界と少ない業界とその傾向をご紹介します。

休日数の多い業界と少ない業界

休日数が多い業界と少ない業界

休日数が多い業界はずばり「製造業、特に自動車関連」の会社です。

製造会の会社は、お盆やゴールデンウィーク、年末年始に工場を完全ストップして休暇に入ります。

これは製造系メーカーがほとんど同じ休日期間を摂っているため、関連企業もその通りの休みにすることができます。そのため製造業は長期休暇を取りやすいんです。

それでいて、給料の相場も金融や外資系程高くはないですが、そこそこの給料をもらうことができます。

これは休日が少ない業種にとっては本当にうらやましい限りです。私も金融にいたときには、友人が製造業で連休が長いことがとてもうらやましかったです。多いところでは12連休とか普通にあるので、かなりリフレッシュすることができます。

ただ、製造業は「祭日」が出勤日のところが多いです。工場の稼働が飛び石連休なんかで止めてしまうのは効率が悪いからです。

ただ、そこを考慮しても製造業は年間休日が多いので、休日数を重視する人ならねらい目な業界です。

関連記事

信用金庫の仕事ってかなりブラックなんですよね。しかも女性でも窓口業務とかでノルマもあって神経をすり減らしてストレスのたまるブラック企業です。信金の女性は製造業の経理とか総務など、企業の経理系の仕事に転職しやすいです。なぜなら金融業界の女性は仕事歴を高く評価されるからです。

休日数が少ない業界

これは、「外食・小売り・サービス業」の業界で素。お客様相手の業界ですね。

土日はもちろん、祝祭日も出勤日です。普通の人が休みの日がかきいれ時の業界なので、これはしょうがないですね。飲食業界などは、ワタミをはじめとしてブラック業界として燦然と輝くブラック企業が名を連ねています。

名ばかり店長の問題や、長時間労働の問題など休日数が少ない=ブラックというイメージはどうしてもぬぐえない業界です。

しかも、長時間繁多らいても残業もつかないことが多く、給料が安いという悲しい現実の業界がこの職種です。

というかこんだけブラックで長時間残業でしかもサービス残業しなければいけない業界とわかりきっているのに、それでもこういった外食、小売りサービス業につくのが意味が分かりません。

普通に定時で帰れるて有休も多い仕事が世の中にはいくらでもあるんですけどね。そのあたりの情報は転職エージェントでエージェントに効いてみるといですよマジで。

実際私は、数社の転職エージェントを利用しました。その中で転職が成功できたのがDODAです。金融業界から製造業の総務部に転職できたのも...

関連記事

ブラックバイトで辞められない、辞められないように圧力かけられていう場合は最悪バックレればいいです。そんな圧力かけてくるバイトに未練はないでしょ?別にバイトなんて簡単に辞めればいいです。あなた真面目で責任感が強いのを利用されてるだけですよ。

休日数が多くても、人間関係が悪ければキツイ 会社を辞める90%の理由が「人間関係の悪化」だからです

こう見てみると「休日数が多い=ホワイト企業」「休日数が少ない=ブラック企業」と言えなくもないです。

ただ、会社には人間関係やその会社の経営方針などがあり、仕事はきつくても人間関係が良ければそこそこやっていけるものです。

逆に、休日が多くても質の悪い上司にあたってパワハラをうけたり、仕事がキツイ部署に転属したりすると最悪です。

結局どんなに休日とか多くても、職場の人間関係が悪くなるとアウトなんですよね。そのくらい会社を辞める理由って「人間関係の悪化がほとんど」なわけですよ。90%人間関係が嫌で会社を辞めている人がほとんどです。

関連記事

職場の人間関係が多いというのはそれだけで簡単に精神的におかしくなったり、身体が不調になったりします。そうなる前にしストレスが限界になる前に労働環境をどうするかを検討するのが大事です。ストレスで人間て死ねますからね。とても大事なことなんですよ。

また、製造業と言っても研究職は残業のオンパレードですし技術職になると工業が止まっている土日に機械のメンテナンスをするため休日出勤も多いです。

一概に、休日数だけでは仕事がブラックかホワイトは判断できない面もあります。

また、会社によっては「サービス残業」をやっているかやっていないかは情報が無いとわからない場合があります。

特に中小企業などは入ってみないとわからない部分もあり、その点の情報収集が重要になってきます。

休日数を参照にして、その業界の動向と企業単体での情報を知ることが就職・転職活動を成功させるカギになってきます。

休日日数が少ない企業は避けたほうがいいです自分の身は自分で守るべき

休日日数が少ない「外食・小売り・サービス業」はその業界でやっていきたいという強い思い入れが無いとなかなかやっていけない業界です。

飲食業についた友人が何人も退職していく姿を実際にに私は見ています。

正直、ただ仕事が無いから飲食業に入ったという安直な理由でサービス業の従事するのは避けたほうが良いです。

仕事自体は工場系の製造業のほうが正直ゆるいです。(あくまでも業界全体を見てでのはなしです)もちろんトヨタの期間工などのハードワークもありますが。製造業に正社員で入った時の休日日数の多さには感謝することになるでしょう。

ただ、リーマンショック後、製造業の正社員は新卒で入るのを逃すとなかなか求人枠がなく中途採用で入るのはむつかしいご時世になっています。

なかなかむつかしいですね。年間休日が企業のすべてではないですが、休日があったほうが「人間らしい」仕事をすることができるのは確かなんですね。

では年間休日の多い会社へ入るためにはどうすればいいのでしょうか?それは転職エージェントを利用して非公開求人をゲットすることが必須です本当に。

休日数の多い企業を選ぶなら転職エージェントを利用しよう

気楽なサイクリング
年間休日の多い会社の求人は、一般の求人誌やハローワークではほとんど見ることができません。

そういった企業は「転職エージェント」にお金を払って登録してよい人材を確保しようとしています。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!