離職率の高い保育園に注意 保育士を続けるには労働環境の良い保育園に行くべき理由

女囚人

保育士の仕事は激務だ・・・というのが最近の定評です。とはいっても保育園を辞めるというほどひどい労働環境ってうのは相当なことなんです。

もともと、保育士になるためには資格の取れる専門学校や短大に行く必要もあり、国家資格である保育士資格を取るのはかなり大変です。

そんな苦労をしてまで取った保育士資格。そして希望をもって勤め始めた保育園。こんな状況でそう簡単にやめる人は少ないでしょう。

でもそんな中で、離職率の高い保育園は多いです。それは保育園の経営方針が利益追求だったりすると、人件費削減でギリギリの人数の保育士でやっていたりするからです。そうなってくるともう仕事量が激増して「もうダメだこんな仕事」みたいな状況になるパターンもあります。

また、保育園に運悪く意地の悪い先輩や園長がいると、保育士が意味もなくいじめられたしたりする人間関係が劣悪な保育園もあります。こういう保育園も離職率が高くなってしまうんですよね。そういうカスみたいな先輩や園長がいるとそれだけで人間関係って最悪になりますからね。

こうなってくると、自分の意志や努力だけではどうしようもなくなり精神的に限界が来てしまう・・・わけです。。

今回は離職率の高い保育園の特徴と、転園をしたほうが良い理由をご紹介します。

離職率の高い保育園の特徴あげてみます これに該当したら要注意

離職率の高い保育園には具体的な理由があります。こういう理由があったたブラック保育園=離職率が激高になるのは間違いありません。では見てきましょう

就労条件給料があまりにひどい保育園

保育士の仕事はもともとが忙しいです。そりゃ繊細な子供という生き物を扱う仕事なので、ストレスもたまりすし保護者の相手や普段の保育日誌やイベントの準備とかでてんてこまいです。

そんな状況でも残業代がサービス残業だったり、給料が異様に安い。最悪なのは通勤手当や住居手当といったものが出ない。

完全に労働法違反の保育園です。また一切昇給しないという保育園もあります。これ普通に考えただけです。こういう基本の就労条件がおかしいというところは早めに気づくべきです。かなり離職率も当然高いです。

人間関係が最悪の保育園

これは最も保育園での「離職理由」で多い項目です。女が基本の保育士ですが、やはり陰湿なイジメや派閥があったりします。

ほんとうに「マジですか?」くらいの暴言を吐く保育士もいます。

「早くやってよ、なにやってんの?使えないなあ」
「そんなに仕事できないのに給料もらうの?」

とかいう言葉が平気で吐かれる保育園もあります。耳をたがう状況です。

また、保護者もちょっとキチガイじみた人がいます。たまにならいいんですが、運悪くこういう保護者が多い保育園はその対応だけで精神的にギブアップしてしまうことも多いです。人間関係というのが一番ストレスを色濃くするものです。

勤務時間がエンドレス 仕事を押し付けられた終わらない持ち帰り仕事が毎日

保育士の仕事は持ち帰り仕事が多いです。個人的には「持ち帰り仕事」という形態がちょっともうすでにアウトなような気がしますが、

週に1回くらいならいいです。ただ仕事の量が尋常でなかくて、毎日残業うえに毎日仕事を持ち帰るという厳しい状況の保育園もあります。しかも残業してもサービス残業という、悲惨な労働環境の保育園です。

これって完全に労働法違反だよな・・・今時ならこういうことが法律違反だとういのは簡単にわかる時代です。ただ、マジメな人は上の人の言うことを聞いてしまって、永遠に仕事をやり続けてしまいます。そうして気づかないうちに心と体がボロボロになり「うつ病」になってしまいます。

そうなると電通の新入社員のように命を絶ってしまう女性もめずらしくありません。主沙汰になっていないだけでかなりの人数がこういう目にあっているのが日本の労働状況の現状です。

保育士の仕事が好きなら労働環境のいい保育園で長く続けるのが賢い選択です

こういう離職率の高いブラック保育園にいるケースでは、どうしても心と体が磨り減り限界にくる日は近いです。

あなたは保育士という仕事を選んで、子供の成長を感じたり、一生この仕事を続けたいと思ったりしているかもしれません。

もしそうなら、労働環境のイイ保育園を選ぶことは当然の行動になってきます。

もともと仕事は賃金をもらうためでもありますが、仕事をすることによって、自分の成長や子供の成長をともに喜ぶことができる・・・・そんな仕事が本来の保育士の仕事です。

ただ、きついだけ、人間関係も最悪で自分のこころとからだをスリ減らして、もう何もかもいやになってしまうかもしれない

離職率の高い保育園ならその環境を変えていく行動をしていくべきなのです。

そうでないともう一度言いますが、仕事を続けられないだけでなく精神的にもたなくなってきて「うつ病」になる危険性が高いです。

そうなると、生活自体も送れなくなり、まともに仕事ができるようになるまでは数年の回復期間が必要になってきます。

最悪一生うつ病から回復しないケースもあります。そうなる前に自分で自分の人生を守っていく行動は決して「逃げ」でなありません。

勇気ある撤退ができる人は、自分の人生をうまく形成していける人でもあります。

「でも、労働環境を変えるって言ってもどうやって転職活動すればいいかわからない」という場合は保育士の転職支援サービスを利用するのがおススメです。

転園をするなら保育士専門の転職支援サービスを利用しましょう

他の労働条件のいい保育園に転職活動をすることは労働環境を変えるにはとても大切なことです。

ただ、保育士の仕事をしながら一人で他の保育園の求人情報を集めたたり、履歴書を書いたり面接対策をするのはかなり大変です。

そういうケースでは「保育士専門の転職支援サービス」を利用するのがおススメです。

転職支援サービスは転職のプロであるアドバイザーが面談をしてくれて、あなたの希望に合った適性のある求人をピックアップしてくれます。

転職支援サービスを利用するメリットは、求人誌に載ってない保育園の求人案件をたくさん紹介してもらえるということです。

いわゆる「非公開求人」です。こういう非公開求人は転職支援サービスがしっかりと保育園をチェックしてるので、ブラックな労働環境の求人はほとんどありません。

登録から利用まではすべて無料になっています。これは求人を希望している保育園が転職支援サービスに報酬を支払っているためで、あなたは無料で利用することができるのです。

保育士専門の転職支援サービスは、丁寧なヒアリングをして、あなたの適性を見て求人を選び保育園の雰囲気などの情報も教えてくれるケースもあります。

そういう普通の求人誌では得ることのできない情報などもあり、一人で転職活動をするより格段のメリットを受けることができるのです。

そのため、保育士の求人情報を自分の力だけで探すより、効率よく時間を使って転職活動を進めることができます。

保育士は求人の量は安定しているので、あなたに合った保育園の求人を転職支援サービスを利用することで、かなり早く見つけやすくなります。転職支援サービスを使用して効率の良い転職活動を行いましょう。

優良な保育士の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.保育ひろば

2.「保育士バンク」

3.「ジョブメドレー」

 

 

「保育ひろば」は特に厳選された保育士求人があることで定評がある転職支援サービスです。

アドバイザーが的確なアドバイスで、転職の面接指導などをやってくれますし、面接の段取りなどと保育園とうまく交渉してくれます。

特にアドバイザーの対応が良いという口コミの多い転職支援サービスで、保育士の転職には欠かせない支援サービスと言われています

登録は公式ページで必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

保育ひろばの公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

「保育ひろば」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「保育士バンク」や「ジョブメドレー」を選択しましょう。

「保育士バンク」も「ジョブメドレー」も大手支援サイトであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、アドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「保育士バンク」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

「ジョブメドレー」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!