仕事のキャリアアップ(出世)は上司に媚びるもの必要 気に入られる奴は出世する

燃え上がるサラリーマン

仕事ってキャリアアップっていうのは「出世」と考えるということにします。今ここではそういうことにします。

やっぱり、キャリアをアップするには出世しなければできないという面もあります。特に日本の会社では役職が上に行かないと、なにも発言権もないですしキャリアを積むのはむつかしい世の中ですからね。

出世が全てではないですけど、やっぱりある程度の出世は必要です。そこをやっていかなければいけません。

日本の会社でのキャリアアップをするために必要なものは「邪道コミュニケーション力」と「逃げる力」ですよね。

いまあなたの会社で、役員とか部長以上で尊敬できる人っています?どちかっていうと人間的に魅力が無い人のほうが多いでしょう。

いや、私の前にいた会社なんて、役員とかやっぱり出世している人は、かなり人間的には尊敬できる人っていないんですよね。

逆に「なんだこの人??おかしくねえか?」っていう感じの人が出世します。そりゃそうですよね、会社にとっては部下をこき使って仕事を回す人間のほうが重宝されます。

まあ、こういうことをやっていると長期的には会社は傾いていくわけですけど、結局、部下をこき使って奴隷として扱って行く上司のほうが会社に重宝されます。

ただねえ、そういうのが上に行って会社を動かすようになってくると、さすがに下がついていかない状態になってきます。

そうなると会社自体の覇気が無くなって、傾いていきますね。生産性悪くなります。三菱自動車や東芝とかシャープとかそういう感じなんでしょうね・・・・・

といわけで、出世してキャリアアップするための「邪道」の方法をご紹介します。今の日本の会社で、「イイ人」では絶対出世できませんよ。

現実的な話で申し訳ないですけど、出世するには悪い意味でのコミュニケーションが必要

現実的な話ですけどね。悪いんですけど、出世するには「上司に気に入られる」これだけです。

仕事の力量なんて最低限でいいです。上司に気にいいられるためには

「上司を褒める」

「上司と付き合ってゴルフに行く」

「上司と飲みに行く」

「上司が言ったことが間違っていてもそのまま反論しないで業務を遂行する」

「絶対に口答えしない」

といった邪道のコミュニケーション能力が必要です。これも立派なスキルの一つです。

学校とか、普通の生活だと「イイ人」とか「正しいことをしよう」と教えられて生きてきますよね。

マジメで、正しいことをするみたいな人間が価値があるみたいに思われています。実際そうだと思いますし、そういう人はまわりに人が集まりますしね。人望があってそういう風な人間になったほうが間違いなくいいと思います。

ただ、会社に入るとそういう出世とかに関しては「人望」とか関係ないんですね。

パワハラをしまくって自殺まで追い込む上司がいるように、結局「人間的にいい人かどうか」っていうのは会社ではまったく意味がありません。

そんなことより、上司に気に入られるころだけに集中できる邪道コミュニケーション能力が必要になってきます。

とにかく上司の言うことがどんなに「あれ?おかしくねえか?」と思ってもそれを忠実に実行して、反論などしてはいけません。

そうすればそこで出世の芽は絶たれてしまいます。これはホントにしょうがないことなんですけどね。

会社は「そういうところ」です。極論を言うとあなたの意見などどうでもいいわけです。上司の言うことが間違っていようと

それを聞いて実行して、上司に気に入られれば出世していきます。下手に反論すると出世はできません。

そう邪道なコミュニケーションは結局、自分の意見は完全に殺して上司犬になるという、なかなかむつかしいコミュニケーションのスキルです。

ただ、これができると出世します。とくに保守的で守りに入っている日本的な会社だとグングン上に昇っていきます。

これも現実的で申し訳ないですけど、キャリアアップには「逃げる力」も必要

あと出世に大事なのは「逃げる力」ですね。この「逃げる力」がとても重要です

これはどういうものかというと「自分がやったミスを他人に押し付ける」「部下がやったミスは部下のミス」「自分がやったミスは部下のミス」というジャイアン理論を会社でやっていくことです。

要は、やばいことになったら「逃げる」ことですね。

今出世している上にいる人たちは、そういう力がものすごく高いです。危機回避能力?っていうやつで野生動物の世界では「逃げる力」が強いものほど生き残ります。

そう、会社って野生動物の世界と一緒です。自分が不利になったらその場にいないほうがいいです。責任逃れをしましょう。

それも、なるべく早く「ヤバそうだな」と思ったら、同僚や部下にミスを擦り付けて「逃げる」ことが大事です。

いやあ、会社って素晴らしいですね。こういうことをする方が「出世」していきます。今上にいる人の8割以上はこういう、責任を逃れて「逃げまくったことに成功した」人です。これはこれですごいことですよ。

相当割り切って仕事しないと、こうはできません。人間どうしても良心みたいな部分がありますからね、

そういう心を殺して、とにかく自分の保身を考えてい来るってのはなかなかできることじゃあありません。

でも、会社で生き残っていくためにはそういう「逃げまくる」力が必要なんですね。いいですねえ。なんか会社に行くのがホント嫌になってきますよマジで。

とにかく会社は現実社会の悪いところが多く出るところなのでこういうスキルはあったほうがイイです会社が耐えられなければ転職しましょう

とにかく、会社は社会の「超現実的」な縮図になっています。ほんと現実って厳しいです。

今思うと、ほんとになんか人間的によかった上司とか100人中3人くらいですよね。その3人はやっぱりされに上までは出世できませんでしたけどね。人間的に「尊敬される」ような人は役員クラスにはなれません。

だって平気でサービス残業やさせたり、長時間労働をさせてるような会社の役員ですよ・・・・そんなの人間的に

「まとも」であるわけないじゃあないですか。

人間的にまともで従業員のことを考えているなら、サービス残業なんてやらせないですよね。ものすごく簡単にわかることです。会社ってそういうところなんですよ。そのあたりをなんかわかってない人も多いので、自分の身は自分で守って言いましょう。

そして、会社で出世してキャリアアップしたければ「邪道コミュニケーション能力」と「逃げる力」をしっかりと身に着けておきましょうね。

でもそんな会社に耐えられなければ、サッサとまともな会社に転職したほうがイイですよ。

会社で出世の芽が無かったり、仕事に嫌気がさしているなら、サクッと転職したほうがあなたの人生が上向きます。

そう、会社って悪い会社はいい方向になっていくことはありません。もっと悪くなっていくか、経営が傾いてつぶれていくかの

二択なんですね。そうなる前にさっさとその場所から去っていったほうが確実に自分の身を守れますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

関連企業

転職をする時に利用したいのが転職エージェントです。転職エージェントを利用するときに迷うのは度の転職エージェントを利用するかということ...
転職エージェントを実際に使って転職しましたけど最終的には3つ掛け持ちで使っていました。その3つを使っていた理由は「アドバイザーがしっかりしていた」という理由につきます。転職はアドバイスがないと正直効率がものすごく悪くなります。自分で考えるよりもプロのアドバイスともらったほうが全然時間的に効率がいいからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!