ハローワーク行きづらい行きたくないという直感は正解な理由 ハロワを使わずに効率よく就活する方法

就職相談

ハローワークに行きづらい、行きたくないというあなたは、普通の神経というかなんとなく直感でハローワークがヤバいところっていうのが解ってるんじゃないかと思います。

ハローワークは退職して失業補償をもらう場所と割り切ったほうがイイです。求人を探す場所としてまじめにハローワークを使うと、正直痛い目を見ます。

ハロワに行ってみて求人とかを見てみればわかりますけど、まず「求人の質」が「なんだこれ・・・・」って絶望感が襲ってくるくらいの質の低さです。

これにはわけがあって、ハロワの求人は求人を掲載するのにも審査が無くてしかも無料で掲載されます。浸らく言うとどんなショボい会社でも求人を掲載することができるわけですね。だから、8~9割以上が「ブラック寄りの会社」というわけです。

また、ハローワークの求人て求人内容を嘘ついてもイイと言うことになっています 正確に言うと下記のようになっています。

Q 求人誌を見て就職しましたが、求人誌に書いてあった給料や勤務時間などの条件と実際の条件が違っていました。これは労働基準法違反ではないのですか?

A 労働基準法第15条には、労働条件の明示が定められていますが、この条文で言う労働条件の明示とは労働者個々人に対して書面で明示される労働条件のことです。つまり、求人誌やハローワークに掲載されている求人票はあくまでも募集の際に提示する労働条件の目安であり、労働基準法第15条で定める労働条件の明示には該当しません。
 なお、ハローワークに掲載されている求人票の条件と実際の条件が異なる場合は、まずはハローワークにご相談ください。

出典元 厚生労働省

ハロワでの求人で掲載されていることが、実際面接したら違っていた。その会社に就職してみたら待遇が違っていたというのはよくある話。

これってけっこうキツイ話ですからね。さすがに求人票で書かれていることと違っていたらドン引きです。

サラッと見ただけでも就活するのにはハローワークはあまり使わないほうがイイと思います。もちろんすべての求人がひどいってわけじゃあないですけど、圧倒的に求人の質が悪いので、そういう場所で求人を探しても、無計画な宝探し並みに効率が悪くなってしまいます。

ハローワークはブラック企業の奴隷の狩り場になっています 

ハローワークはぶっちゃけて言うと、「ブラック企業の奴隷の狩り場」になってるんですね。掲載求人の審査が無くてしかも無料で掲載できるわけですからね。

ブラック企業は、たくさん人を雇って、たくさん人が辞めるっていうのが一般的なケースです。奴隷をたくさん雇いますけど、そりゃブラック企業ですから、ガンガン人が辞めていくんですね。そうすると新しい奴隷をまた補充していく・・・・という永遠の悪魔のループを繰り返すわけです。

なので、ずっと求人を出している状況なんですね。だから人、仕事が欲しい人が勝手に集まってきて、しかも掲載審査が無くてタダで求人が出せる
ハローワークは最高の「奴隷の狩り場」なんですね。

ハローワークとブラック企業のニーズがマッチしてしまってます。ちょっと怖い連携ですけどね・・・・

正直、こういったブラック企業側も、ハローワークでいい人材とかを拾おうとは思っていません。ただ、頭数がいればいいと思っています。

そして、大量雇用していればそのなかで、ただ我慢強いだけの「優秀な奴隷」が生き残ってくれればそれでいいと思っています。

ブラック企業とかにとって、優秀な人材とかいらないんですよ。ただ、会社の命令を聞いて思考停止して仕事だけしてくれる、我慢強いだけの社畜精神旺盛な奴隷が星だけですからね。逆に優秀な人材とか入ってくると、へたに扱いづらかったり反抗してきたりしますからね。

余談ですけど、会社って効率のいい仕事をやろうと思って上司に意見したりするでしょ?そういった意見とかが的を得ていたりすればするほど

「めんどくさい奴だなこいつ」っていうふうに上司・会社側から思われます。

基本「現状維持」「会社のやり方以外は絶対に受け入れない」というのが会社のスタンスなので、会社にとって優秀な人間と言うのは「言われたことだけをタダ忠実にこなす人間」ということです。世間で言われている有能な人間との認識に大きくズレがあります。

だから会社で出世したりするのは「言われたことをダダ忠実にこなすだけの人間」なので、あんまり優秀だとかそういうのって関係ないです。

そういうのがイヤなら、個人事業主になるか、自分で会社を立ち上げたほうがいいんじゃないですかね。

ハローワークの職員は嘱託社員か派遣社員なんで正直やる気はない あなたがバイトだったらまじめにやります?

ハローワークの職員は嘱託社員か派遣社員なんですうよね。そう公務員じゃあないんですよ。平たく言うとただのバイトです。

だからハローワークに行くと、どう見てみただのおっさんとかおばさん、へたするとおじいちゃんみたいなのがハロワで受付やってるんですね。

これってハローワークに行った人なら一度は思うことです

「なんでこんな普通のおっさんとかおばさんみたいな人がハロワで職員やってるんだ?」

って素朴に思いますからね。あの人たちは公務員じゃなくてタダの地元の人でバイトです。こういったバイト感覚の人が多いので、プロ意識はほとんどありません。マジメにやってる人もいるでしょうけど、正直「就活」というデリケートで人生を左右するような事柄を扱うレベルの職員じゃあないんですよね。

よくハロワの職員でいるのが

「正社員の探していても、なぜか派遣や契約社員を勧めてくる職員」

「なぜか自分が勤めていた会社の自分の働きぶりを自慢する職員」

「自分の就活理論を押し付けてきて、自分の好みの求人だけを紹介する職員」

「そもそも態度が上から目線で就活してる人間をバカにしている態度をとる職員」

とこれもよくネットで挙げられている情報でありますよね。実際ハロワにいってみるとこういう職員も結構います。

バイトですからね・・・・職員の質が低いうえに上述したように、求人の質が悪いというかブラック企業が多いのでハローワークは利用価値はかなり低いものなんですね。

正直、ハローワークにはいわゆる「まともな企業」っていうのはあんまり求人を出しません。そりゃそうですよね。こういったハロワの環境にわざわざ求人を出しても意味が無いというのは企業側もわかっています。

特にまともな組織体系を持った会社がハローワーク使うと思わないでしょ?なんとなくでもそういったことは簡単に想像できますからね。

就活をするなら普通に就活エージェントを使ったほうが効率がイイ理由

ハローワークをつかっても時間を浪費するだけなので、就活をするなら就活エージェントを使うのが効率がイイ就活をすることができます。

就活エージェントは厳しい基準で求人掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、就活のプロであるエージェントが就職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

就活エージェントでは、人材を企業に送り込むことが義務付けられています。なぜかというと、掲載企業のほうがお金を払って、求人を掲載して人材を送ってもらうように依頼してるからですね。

だから、エージェントも仕事そして人材を企業に送り込むためのノルマもありますし、そんために求人者に優良な求人を紹介することに必死ですし、アドバイスも的確に行います。

そうですね、就活エージェントは会社として機能しているので、あたりまえですけどやる気があるというか効率のイイ就活をすることを目標としています。

ハローワークはバイトの職員がテキトーにブラック企業の多い求人から求人を紹介するだけですからね。

差がありすぎて議論の余地が無いのはよくわかります。どちらを使うのが効率がイイのかは火を見るよりも明らかですからね。

たしかに、就活って言うとハローワークを使ってしまう人が多いですからね。そういう風に世間で言われていますからね。

しかし、就活エージェントを使うことで、ブラック企業を避けることができますし、就活に対して履歴書作りかたや面接のアドバイスも的確にもらえるわけです。

やはり、使う就活ツールが良い物であれば結果も全く違うものになってきます。

一度、優良な求人を紹介してもらって実際に自分の目で見てみるとハローワークとの違いにびっくりすると思います。

優良な就職エージェントは下記のとおりです。就職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して就職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって就職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

結局最初の話にもどりますけど、ハローワークがなんで行きたくないって思うかって言うと、あまりに求人の質と職員の質が悪いからなんですね。

私も纏足するときにはハローワークには行ったことがありますけど、正直雰囲気もあまりよくないですし、求人を見るとほんとに逆に人生に絶望感を感じるくらいの質の低さでしたからね。

職員とは会話してもなんというか、上から目線の態度の割には、的を得ていない会話しかできない職員が多くて「いやこれは話にならないな・・・」

と失望した記憶があります。多分、ハローワークの職員て一般企業で営業とか販売とかお客さん対応の仕事をまったくやったことが無い人が多いんじゃ仲と思います。全員がおかしいってわけではないですけど、ハローワークの8割くらいの職員がちょっと微妙というか、突っ込んだ会話をすると

まともに受け答えができない感じでいた。あとは、頭が固いというか・・・・

とにかくハローワークに行きたくない、行きづらいっていうあなたの感覚は正しいので、時間を無駄にするよりも正しい就活ツールを使って就職活動をしてださいね(^O^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!