ブラックな会社に行く前に頭痛やめまいや吐き気がする うつ病からの最初に地銀から製造業に転職した本当の理由

うつ病イメージ

会社に行こうとすると頭痛・めまい吐き気がする。こういった症状が出るので病院に行って検査しても特に体の異常は見当たらない。

あなたが、今の会社に行きたくないという思いがあって、こういう体の症状が出るのは普通に「うつ病」です。

「適応障害」とか「仮面うつ病」とかいろいろ種類はありますけど、大まかにはうつ病です。私は医師ではないので専門的な話はできませんのでご了承ください。

私の実体験で話しますけど、こういう頭痛・吐き気・めまいあたりが会社に行こうとするとき出てきちゃう場合はもう「かなり末期」の状態です。あと一押しストレスをかければ普通に精神が崩壊します。

ちょっと考えてみてください、精神崩壊して重度のうつ病になると体がまともに動かなくなって、社会復帰に1~2年くらいかかります。まともに動けるようになるまでが半年。

何か物事を「やる気」を出してやれるようになるまでには2年かかりました。いや2年間は自分の好きな趣味とかにもまったく「やる気」が出ませんでした。これってすごく怖いことですよ?

実際私がそうでしたが、会社は休職という形で会社に籍は置いていましたが、まあどうでしょうか?あなたなら会社に

行きたくなくて、うつ病になってしまうような会社に復帰したいですか?いやですよねえ・・・仮に家族がいても奥さんとかが、「それでも会社に行ってよ」みたいに言われたら離婚しますよガチで・・・

とまあ、それくらい会社が嫌だったわけです。見事うつ病になって休職したわけですが、傷病手当をもらって身体が回復したら転職活動をしました。もちろん休職しながら会社には言ってませんけどね。

ここではその転職したときの体験談をご紹介します。

もともと入社した時から限界だった 営業を無理して続けていた 最初から無理があったんですけどね

ブラック企業イメージ

なんどか書いているので、今更ですけど、もともと「営業」を地銀でやってました。特に28歳くらいに史上最低のゴミ上司に当たってしまい、悲惨でしたね。

もともと営業なんてやりたくないんですよね。当時はまだネットはありましたけど今みたいに情報がまだあふれているわけでもなくブラック企業の認知もまだ少ない時代でした。

だから、仕事って「我慢してやるんだ」「体を壊しても頑張って仕事」なんて時代でしたよね。今考えるとものすごいです。といっても今でもこういった「自爆願望」みたいのがありますよね。

なんか悲しい国民性です。もうやめましょうよ。こういう仕事ごときで体をこわしたりするのね。

営業やってるとノルマとかゴミ上司からの罵声とかイジメでまともな精神状態でいられるわけがありません。

しかもゴミ上司はお約束の「サイコパス」なので、自分のやってるイジメとか行動に全く悪意がありません。人に悪いことをしても悪意がないので、改善されるわけもないですしね。

そんな奴でも奥さんとかいるんですからすごいですよね。当時はよくこんなこんな男と暮らしていられるもんだなと思っていましたよ。そう、どんなゴミみたイな男でも奥さんとか家族がいるんですよね。なんかそれ考えると、ちょっと子供とかはかわいそうというかなんというか・・

まさか自分の父親が会社でこんな行動を取っているとは夢にも思ってないでしょう。ホント切ないです。

というわけで、今考えるとそりゃあ、会社行くときに吐き気とか頭痛も出てきますわマジで。

そもそも営業なんでやるもんじゃないです。仮にやるなら歩合制の営業ですよね。売れば売るだけ給料が上がる。

それ以外普通の会社って営業やって給料上がらないですし、出世もしません。やっても損ばかりです。そんな生活をしていたので

「会社行きたくない」という思いが極限まで高まってきます。当時は転職するとかそいういう概念スラかったですからね。

今は転職も一般的になってきていい事態になったもんです。

その時出てきた症状の一覧と自分の周りの状況の変化

株価暴落イメージ
頭痛めまいとかありますけど、実際にその時に出てきた症状をすべて書いてみたいと思います。うつ病って怖いですよ。

身体は検査しても正常でも、精神的に追い込まれると体っていたるところで不調が出てきます。

頭痛
めまい
腹痛
膀胱が痛い
どんな時でも尿意を感じる・・・櫃尿器かにいっても異常なし
夜眠れない
一瞬眠れてもすぐに目が覚める
当然不眠で体調が激悪になる
人間不信になる
うつ病というのがわかると友人がいなくなる(本当の友人は残ります)
趣味のサークルの友人が一番親身になってくれた
会社の人間は完全に関係が切れた
家族でもうつ病の理解は無い
付き合っていた彼女とも疎遠になった(当然別れました)
階段を上るのがきつくなる
身体に重りを付けているような気がする
部屋の掃除とか全くする気力がなくなるので汚くなる
風呂に入る気力もなくなるので汚くなる

心療内科に行っても基本医者はうつ病になったことが無いので、気持ちが分からないためか親身なってくれる医者は少ない

心療内科のカウンセリングをやったが全く意味が無かった、というかカウンセリングの時間が負担だった

心療内科は基本薬をくれるものだと割り切ったほうが良い

とこんな風になりました。

結局いいことは「一つも」ありませんね。

唯一よかったと思っているのは、人間の本質みたいのが分かったからです。

こういうふうに、自分が厳しい状況になると去っていく人間がものすごく多いということですね。逆にこういう状況でも今まで通り接してくれる友人もいました。そういう友人は「本当の友人」です

話は飛びますけど、適当な友人なんでいらないですよ。いわゆる「人間関係の断捨離」ができたのは唯一のうつ病になって良かったと思ったことです。

仮に家族であっても旦那がうつ病になると「離婚」とかするケースがあるのがよくわかりましたよ。そこでいい奥さんなら旦那のために何とかしようと思って行動するものですけど、そこですぐに離婚するような女性だったらその時点で離婚しても正解のような気がします。

そう人間て自分が弱くなた時に本当の人間関係がわかるんですよね。そこは大きな収穫でした。

会社を辞めたらすっかり良くなった この時実感したのは仕事より体のほうが大事ということ、ごくごく当たり前なんですけどね

というわけで、転職活動をして内定ももらいさっさと会社を辞めました。

もう本当に1ミリも未練は無いですね。こんな風に人生を折り曲げた会社なんてどうでもいいです。

そして不思議なことに会社を辞めたら、うつ病の症状もかなり回復しました。そうです。すべては「環境」なんですよね。

このサイトでも環境を変えるのがいかに大事かというのをクドクド書いていますが笑。

仕事していて体を壊すっていうのはもう「論外」の時代です。というか身体を壊したら仕事どころか「社会生活」もできませんよ。

このあたりを考えないひとはタダの「思考停止」です。まあ世間ではこういう「思考停止」するように世論をあやつっていますからね。

だから過労自殺とかが起こるんですよね。仕事をしていて限界を超えていても、それでも逃げない、なんかよくわからない「責任感」とか「世間体」とかいう抽象的なもののほうが大事だと思って、そのまま死んでしまうみたいなことがよくあります。

いや・・・・こうなる前にやっぱり会社辞めて転職すべきですよ。

ブラック企業ばかりじゃないですよ。世の仲にはブラック企業もありますが、現実的に働生きやすい会社、労働条件がいい会社もたくさんあります。

そういう選択肢あがるのに、「転職はリスクがある」「一つの会社でずっと勤めるのがかっこいい」「三年は我慢したほうが良いよ」とかいう伝説の言葉がいっぱい出てくるわけです。もうやめてくださいよ、こうやって人の選択肢をせまくするのは。

あと会社から「逃げるのは卑怯」とか思ってる人がいたら頭おかしいですよ。野生動物の世界では逃げる力があるほど生き残るわけです。逃げ遅れたらエサにされてくわれてしまうんですからね。怖い世界です。あなたも会社に「エサ」にされてませんか?

参考記事

「逃げるのは恥ずかしい」「我慢して仕事しろ」とか言われますけど、これは奴隷として社員を働かせるための子供のころからの洗脳です。だいたい体調崩すまで仕事をする自体が全くのナンセンス。だって体壊して死んだら「終わり」ですからね。そこまでしなくても自分で労働環境を変える行動をするために「逃げる」ことをするのがとても大事な行動ですよ。気づいてください。

転職エージェントをつかって転職活動をしました とにかくブラック企業に引っかからないで転職するには転職エージェントの理容が必須です

私は転職エージェントを使って転職活動をしました。自分が決めていた「営業以外の職種」「なるべく定時で帰れる会社」

というシンプルな希望だったので、たくさん求人はありましたよ。

30代でしたけどふつうに未経験でも内定もらえました。ネットの情報で30代だと絶対経験がないと転職は無理だとか言ってますけど、どうしてそういう情報になるんですかね?

自分でやってみて、自分で行動してみないと実際はわかりません。

転職エージェントを利用して自分の希望の求人をしっかり伝えればエージェントがそれに応じた求人を選んでくれるので自分で求人を探す手間が省けます。これってものすごく大きいです。

おかげで、自動車部品系の製造業に転職できました。現場作業を一年くらいやってから総務課に配属になり基本は定時で変えれます。もちろん決算月や月末月初は残業がありますけど、当然残業が付くのでまっくもって地銀とは違います。

地銀はサービス残業のオンパレードでしたからね。こんなことやってる企業は成長しないですよ。東芝みたいに負債1兆円とかになる例もありますしね。怖い時代です。

どの転職エージェントを使うのかはあなたの判断です

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

もちろん登録から利用までが無料になっています。これは求人を出している企業側が、エージェントに報酬を支払っているので求人するあなたは無料で利用できるのです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

ブラック企業はもう終わりにしませんか?
ブラック企業に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加