派遣社員から正社員登用は絶対無理 ブラック企業を避けて転職活動して正社員になるしかないのが現実

かわいい営業の女性

派遣社員から正社員になる方法があちこちで情報が流れていますが、そんなの「転職活動して正社員の募集の求人を受ける」しか方法はないです。

なぜなら、今あなたが、派遣として勤めてる会社で「派遣社員から正社員登用あり」みたいなことを言われていても正社員にはなれないからです。

それって、私は6年ほど派遣社員を募集する担当を某会社でやっていましたが、その6年間で「一人も」派遣社員から正社員になった人を見たことが無いです。

こういうと、「お前の会社ってただのブラック企業だからだろ?」

と言われそうですけど、名前は言えませんが上場企業で仕事も緩いホワイト企業でしたよ。派遣からは一人も正社員になっていません。

いわゆる「派遣社員の正社員登用」というやつですね。この制度で正社員になった人って一人もいないんですよね。

これをやるより、普通に正社員の中途採用で入ってきた人は最初から正社員委慣れてきました。

つまり派遣でその会社に入った時点で正社員にはなれないんですよ。正社員になるなら、最初から正社員採用の枠で入ってこないとダメ・・・・ということが言いたいのです。

これが現実なんですよね。けっこうホワイト企業でもこの有様ですから。もっと待遇のわるい会社なんかは絶対派遣から正社員になれませんよ。

正直、派遣の人でも正社員よりも全然仕事ができる人もいましたけど、そういう人でもボンクラ正社員は正社員で有能な派遣社員は派遣社員です。

そうです。一応法的には3年で正社員になれる的な法律がありますけど、3年直前で切られます。そりゃ正社員を減らしたいのに正社員増やすわけないですよね

というか新卒で正社員が入ってくるんですからこれ以上増やしてもねえ。しょうがないです。

というわけで、派遣社員が今務めてる会社で正社員になったのを現実的に見たことがありません。

派遣はあくまでも「つなぎ」の仕事のやり方、もしくは「実務経験を積む」ための手段の働き方です

見上げるサラリーマン

派遣社員はあくまでも「つなぎ」の仕事として考えましょう。

例えば、会社をリストラとかブラックでもう限界だとかで辞めたとします。そうして転職活動をするときに、生活のために「つなぎ」でやるのはまだいいです。半年契約とかそのくらいですよね。そいう働き方ならアリなのが「派遣社員」です。

女性が出産後に仕事をする場合でもありだと思います。派遣のほうが帰りも実際早いですし、残業もつきますしね。

ただ、男性が派遣社員でずっとやっていくのは、30代後半くらいから地獄を見ます。とにかく当たり前ですけど派遣社員は給料は上がっていきませんしボーナスも無いです。総じて給料が低いです。

しかも、派遣も30代後半以降になると、派遣契約すら更新するのが難しくなってきますからね。なぜなら若い派遣のほうが派遣として雇うにしてもいいに決まっています。

年齢が行けば行くほど派遣はきつくなってくるので、正社員のほうがイイにきまってるんですね。

たしかに正社員のほうが責任が重いとかいろいろ言いますが、日本は「さららリーマン正社員優遇」の国なので正社員になったほうがイイのはしょうがない現実です。

派遣社員の使い方としては、実務経験を積むためにあえて「派遣社員」として入社して、その仕事のスキルを盗みつつ実務経験を得るという手もあります。

会計事務所とか、ベンチャー企業とかに入って、仕事のノウハウを得ながら、実務経験も得ていくということですね。

そうすれば、求人でよくある「実務経験〇年以上」という求人に応募することが出きます。

正社員では入れない会社も、派遣社員はら潜り込めることが多いので、仕事の技術や実務経験が欲しい場合は派遣で入るのも一つの手段です。

といってもほんとに派遣はこの「つなぎ」と「実務経験」を得るというくらいしかメリットが無いです。長期間

派遣で仕事をしていくのはかなり人生詰んだ状態になります。なのでやめたほうがいですよ。

「でもさあ、正社員になれないから苦しんでるんじゃねーかよいい加減にしろよ」

そ言われそうです。なので派遣から正社員になるには転職エージェントを利用して転職活動をするにがベターなんですね。

ということで正社員になりたいなら、転職活動をして正社員になりましょ 「派遣の正社員登用」の制度は機能していません


正社員になりたいなら、派遣社員で勤めてその会社で正社員にしてもらう・・・っていうのは無理です。1000人に1人くらい鳴れるかもしれませんが、無理ですね。

最初から「正社員募集の求人」を探して面接を受けていく転職活動をしていったほうが全然早いです。

ただ、正社員になりたいからといって、焦ってブラック企業に引っかかってしまわないようにしましょう。

ハローワークとか求人誌を使っちゃダメですよ。ダメ絶対・・・っていうくらいのレベルです。それだけハローワークなんかはブラック企業のオンパレードなんですね。一度見てくるといいですよ。

「なんだこれ・・・・・」

ってため息が出るくらい悲惨な求人しかありません。テキトーな奴隷を集めてこき使うことしか考えていない会社ばっかりですからね。なんか世の中の悪い部分を見ている感じがします。それがハローワーク。

そうならないためにも、転職エージェントを利用してブラック企業を避けましょう。転職のプロであるエージェントが求人企業を審査しているので、ブラック企業はありません。

ハローワークは普通にウソの求人を出せるので、転職活動で使う意味はありません。公的なものなのに悲しい現実です。転職エージェントを選択すべきというかハロワがひどすぎるので、転職エージェントの求人の質の良さがきわだってしまうというのが実際のところです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

もちろん登録から利用までが無料になっています。これは求人を出している企業側が、エージェントに報酬を支払っているので求人するあなたは無料で利用できるのです。

転職エージェントに登録するメリットは履歴書の作成から面接のやり方などプロのエージェントがしっかりアドバイスしてくれます。

あなたと面談して、求めている求人を選ぶ手助けもしてくれるので、一人で手探りで転職活動をするより格段に効率が良くなります。

また、転職エージェントには会社の中の情報もあるので、事前にブラックな会社や残業の多い会社、離職が多い会社を教えてくれます。

一人で転職情報を調べていても、こういった会社内部情報はほとんど入ってこないので、その情報だけでも価値があります。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!