上司合わなくて辞めたい場合は転職すべき理由 うつ病で休職する前に行動しよう

「上司に嫌われている」

「あきらかに理不尽な対応をされる」

「無視される」

「そもそもイヤミしか言われたことが無い」

「というかゴミ扱いされている」

こういうケースって多いですよね。上司とうまくいかないと、毎日会社に行くのが地獄になります。

毎日、自分より立場が上の人に際られているともう悲惨ですからね。強硬な態度を採れるわけでもなく、どのみち反論とかしても上司には会社という枠にいる時は勝ち目はありません。なんか、会社っていう枠にいるのって切ないですよね。

どんなに上司がゴミでも従わなくてはいけません。そういうシステムになっているというか・・

たかだか手取り20万円とかで、ゴミ上司の言うことを聞かなければいけないのってキツイ世の中ですよねえ。

まず、覚えておいてほしいのは、上司との関係がうまく行っていない場合は時がたつとさらに悪化していくのが間違いないです。

今までの経験で、上司との関係が悪くなってから改善したことなんて「一度も」ありません。ドラマじゃないんですからね。

現実はどんどん関係は悪化していきます。その上司が転勤するまでいなくなるまで関係は悪化していきます。

もし、その上司がすぐに転勤するってわかっていたら我慢する方がいいですけど、その見通しが無い場合はストレスが溜まって仕事がいやになる可能性のほうが高いです。多少仕事自体はきつくても、人間関係さえよければ耐えられますしね。

逆に、楽な仕事でも人間関係がクソならとても耐えられません。それだけ、人間関係っていうのはストレスがものすごくかかる負のパワーがあるんですよね。

上司との関係がうまくいかない時は転職するべきですよ。

結局転職理由なんて人間関係の悪化が9割です 人間関係だけが自分でコントロールできない部分ですからね

結局ですね、転職理由なんて「人間関係の悪化」が9割です。

よく、「キャリアアップのため」「自分のやりたいことをやるため」

とかいった前向きな理由で転職がフィクチャーされますけど、結局実際は、

「その会社が嫌になった、理由は人間関係がクソだから」

「もう人間関係が耐えられない、どうしようもない」

みたいな理由がほとんどなんですよ。転職するときにはポジティブな転職理由のほうがイイにきまってるので、そうやって人間関係の悪化で転職するのを隠しているだけです。

人間関係がやっかいなのは「自分でコントロールできない」からですね。

仕事の内容なら自分が工夫して、うまくやって以降みたいなことができますし、実際改善していくことができます。

でも、一人、クソみたいな上司がいるともう「終わり」ですからね。いくらあなたが人間関係を改善しようと思っても「無駄」に終わります。

やってみたことありますけどね人間関係を改善しようとして。上司をおだてたり、うまく会話を合わせたりしましたけど、結局ゴミな上司はそんなことやって無駄です。ゴミなんですからね。

だから自分でコントロールできない部分である上司との人間関係はぶっちゃけ「運が悪い」だけなんですね。

そういう上司と当たるか当たらないかだけです

ありましたよ。いままで平穏に仕事をしていたのに、ある日ゴミ上司が転勤してきてその日から地獄になるってこともすごーくありがちなことです。実際、そうなってからは半年もたなかったですからね私なんか。すぐ転職しましたよ。

労働環境もそうですけど、一人の上司のせいで人生が破たんすることもあります 人間関係の悪化を舐めちゃいけません

そう、労働環境があまりにブラックっていうのも悲惨ですけど、もっとやっかいなのは「直属の上司」が

ゴミだとそのせいで人生が破たんすることもあります。

友だちでも上司からパワハラをうけて「うつ病」になって、社会復帰に2年かかった人がいます。2年ですよ・・・・とにかく直属の上司がパワハラ上司なら逃げ場がありません。

毎日朝から晩まで一緒にいるので、ずっと嫌味を言われて、ちょっとのことで怒られて、それが続くと自身が無くなり、ドンドン精神的に追い詰められていきました。

そしてほかの上司に相談してもまったく解決することなく、結局ある日うつ病が発症して、布団から出られなくらい体が動かなくなったわけです。

こうなると会社どころか日常生活も支障が出てもう悲惨でした。自殺も考えたそうです。

その間収入も減りますし、うつ病で体は動かないしかなりきつかったらしいです。

長時間残業をしてると、実際どのくらいやると「うつ病」になったりするのでしょうか?実際私が体験した状況からそれをご紹介します。結論を言うとそこまで我慢するのは絶対にやめたほうがイイです。体を壊す前にサクッと転職したほうがイイにきまってますからね。それはホントに辞めたほうがイイです。
仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

そんな風になるんですよ。その知人はうつ病になる前はかなり性格も明るい感じでしたけど、今では以前の明るい感じの性格は見る影もありません。

というふうになります。上司一人がゴミなだけで人生がけっこう破たんします。

これが現実です。というか会社なんてどんなにいい会社でも上司がゴミならこうなってしまいます。怖いですよね。

しかも上司だから、自分がどうこうしても状況は悪くなる一方ですからね。悪いことは言わないのでこういう状況になったら考えるべきですよ。上司との関係がうまくいかいとか悩んでいても解決できないので、さっさと転職したほうがイイですマジで。

上司とうまくいかない場合はサクッと転職すると見違えるほど状況は変わりますよ

ということで、上司との関係がうまくいかないとか悩んでいるのは時間がもったいないです。

なぜなら「自分では堂宇仕様もないこと」だからです。あなたがどう人間関係を改善しようとしても良くはなりません。できることは、そのクソみたい環境を変えることですね。サクッと転職したほうがイイです。

実際、私の友人も、そこそこホワイト企業に勤めていましたけど、ある日上司が変わってパワハラを毎日受けるようになったんですね。

それから半年くらいで転職していました。その友人が言っていたのは、

「仕事自体が辛いのは我慢できるけど、上司とかのパワハラは耐えられない。もう転職するしか方法が無かった」

と言っていました。切ないですけど、これが現実です。

転職すにはハローワークとかをう使ってもブラック企業ばっかりなので、辞めたほうがいいです。

会社を退職したら、とりあえず行くところがハローワークです。離職票を持っていき、再就職の意思があるかどうかを確認して、雇用保険給付の手...

転職するなら転職エージェントの利用が必須です。転職エージェントでは世に出ない「非公開求人」を豊富に持っているので、条件のイイ求人誌などいは出ない求人をエージェントが選んで紹介してくれます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!