入社四年目で会社を辞めたいと思うようになる理由と実際の転職方法

悩む男性

よく「石の上にも三年」とかいいますよね。あれって、ブラック企業とかが奴隷を長く縛り付けておくための洗脳教育です。

ちょっと冷静に考えてみれば、「この会社は長く務めるに無理だ」というのは、1年もあればわかります。そこで無意味に3年くらい我慢するのはちょっとナンセンスなんですよね。

でもついつい3年くらい我慢してしまうんですうよ。そうすると、ズルズルと機会を失って10年くらい自分が痛くもない会社に勤めてしまうというパターンになります。

4年目ってそういった節目の年なんですね。大卒で就職してれば26~27歳くらいなので、転職するにはちょうどいいころなんですよ。

逆に言うとこれが30代になるとやっぱり20代に比べれば転職はむつかしくなります。30代でも転職はできますけど、やっぱり20代での転職が一番身動きがとりやすいというのは紛れもない事実なんですね。

私も会社を4年目に辞めたいと思うときがりました 異動を機会に激務の支店に配属されたからです

地銀に勤めていた私は、4年目に自分としては3回目の異動がありました。地銀営業をやっていて3年目で営業成績は普通くらいだったんですが、自分なりにはがんばっているつもりでしたけどね。

そして異動になった先というのが、支店長がなんかいわゆる「サイコパス」な人間だったんですね。サイコパスっていうのは、「悪いことをしても罪の意識が全く無い」と言う人種のことです。まあ先天的な病気みたいなもんです。

会社の経営者ってサイコパスが多いみたいですね。なぜなら、従業員をこき使って過労死させるまで働かせてもまったく罪の意識とかが働かないらしですからね。

ワ〇ミやユニ〇ロの社長とかはサイコパスとか言われてますしね。

そういう支店長がいる支店に配属になった私は、異動してからもう1週間で辞めたくなりました。その支店長っていうのが地銀の常務理事の甥っ子でいまま仕事の実績とか何もないのにコネ「だけで」支店長になったという人間です。けっこう地銀内では有名な話でした。

まあ、地獄でしたね。ノルマを毎日言われるのに離れていましたけど、なんか事あるごとに

「お前は行動が鳴っていない」

「歩き方がおかしい」

「営業の回る順番がおかしい」

とか、仕事のやり方や行動方法まで毎日文句をつけてきました。これをやられると、ぶっちゃえけ仕事ができなくなるというか逆に行動を制限されて営業成績も下がっていきました。

まあ、平たく言うと「仕事の邪魔をされているだけ」なんですね。そう、そういう上司っていますよね。仕事の邪魔しかいない上司。そういった支店長だったんですよ。

だから支店の営業成績はガタオチです。ただその支店長が自分の行動が原因だとは思ってないので、当然「お前らがふがいないせいだ」みたいに責任を擦り付けます。

とまあこの支店に行ってからずっと辞めたいと思っていました。そう思いながらも私は30歳になるまでなぜか頑張ってしまったんですね。

いままでの洗脳教育で「会社を辞めることは悪いことだ、我慢が出来ない人間は恥ずかしい」みたいな訳の分からない刷り込みがあったからです。

そして結局30代でうつ病になって休職するんですけどね・・・・・

そう、何が言いたいかというと、20代のうちに「この会社まずいな・・・ずっと勤めることはできないな」と冷静に判断出来たら転職はしておいたほうがイイと言いうことです。そのまま私のようにうつ病になって結局休職→退職になるケースもよくあるパターンですし、

30代になって転職が難しくなったり、結婚して家庭を盛ったりしたらさらに転職する機会を失って行きます。

幸いわたしは、32歳でホワイト工場に転職することができて、地銀とは全く違う、ストレスが無くてノルマもない環境で働くことができました。

ホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

そう、「もっと早くホワイト工場に転生しておけばよかった」と当時は思いましたね。そう変な「我慢するのがかっこいい」とか「我慢できない人間はダメだ」とかそういった洗脳があったからです。

でも今考えてみると、その我慢するっていのはただの「思考停止」だったんですね。我慢していればこの厳しい状況もよくなっていくだろう・・・・

とか思っちゃうんですよね。現実は全くそうでなくて、最悪でした。うつ病で退職ですからね( ;´Д`)

4年目で会社を辞めたいと思っているなら、もうすでに3年以上は会社にいることになります。そうならもうその会社がどんな状況でどんな労働環境、会社の将来性、自分にその仕事が向いているかっていうのはイヤというほどわかっているはずです。そのうえで冷静に考えて辞めたいと思ったら動きの摂りやすい20代のうちに動いておくべきなんですね。

まずはその会社での将来をイメージしてみる そしてそのイメージが暗い物だったら転職したほうがいいです

入社4年目で年齢が26~27歳くらいだと、普通なら仕事もできるようになってきて、その仕事が嫌いじゃ無かったら一番仕事が楽しくなってくる時期です。本当ならね。

20代でまだ体力もあって、仕事も覚えてきて、彼女がいたら結婚とかも考え始めて自分の人生計画のビジョンが明確になってくる時期でもあります。

だから、普通なら希望にあふれている時期なんですよ。仕事が順調なら一番いい時期といってもいい時です。

そんな時に、「辞めたい」とか思うってすでにその仕事がイヤでしょうがないんじゃなんですか?図星じゃないですか?

ただ、辞めたいという感情だけで辞めてしうまうのもちょっと勢いだけになってしまうので、まずはあながたその会社で10年後にイキイキ働いているかどうかをイメージしてみましょう。

今の会社の状況を考えてみて、じっくりとイメージしてみます。そのイメージがたとえば

・30代後半くらいでストレスたまりまくりで毎日イヤイヤ働いている
・そもそも、会社の経営がうまくいかなくて給料が減ってるかもしれない
・結婚してしまって、この会社を辞めてくてしょうがないのに転職することができなくていやだけどしかたなくこの会社に勤めている。
・いやそもそも、このままいたら、過労死するかうつ病になって体を壊すかもしれない

こういった「負のイメージ」しかわかないなら、私としては転職したほうがイイと思います。負のイメージしか出てこない会社に勤め続けるって本当に悲しいものですよ。

自分の今の状況を冷静に考えみて将来をイメージしてみましょう。その結果が暗い物しかなかったら行動する方向性はもう決まってくるはずです。

もうこの会社では働けない、30代になっても無理だというなら労働環境を変える必要があります

上述のようなイメージをしてみて、「もうこの会社で働けないな・・・このまま30代に突入するのは無理だ」と思ったら労働環境を変えていく必要があります。

入社4年目で辞めたいと考えるなら、新卒で入った会社選びは失敗したということになります。その失敗の原因を考えつつ自分の今後の働き方のイメージしてく必要があります。

新卒で失敗した理由でよくあるのが

「会社のネームバリューだけで入ってしまった」

「なんとなく働きやすそうなイメージがある会社にイメージだけで入ってしまった」

「新卒の就活がめんどくさかったので入れればどこでもよかった」

こういった理由だったとします。転職するにしても、ネームバリューだけとかなんとなく会社をいらぶとまた同じ失敗をすることになるので同じ失敗をしないような行動をしていくことが重要です。

そして、自分が今後どういったことを重視して働いていくかをまは決めておくことです。

ちなみに私の場合はとにかく「定時で帰れて、休日もあって、ストレスの少ない仕事」といういことだったのでホワイト工場を選択しました。その選択は間違って無くて、ストレスは地銀時代にに比べてものすごく減りましたし定時で帰れることがほとんどなので、毎日プライベートの時間も取れて人生が上向いてきました。

「定時で帰れる会社」

「有休がしっかりととれる会社」

「サービス残業のない会社」

こういった会社を選ぶのはまずは基本ですね。定時で帰れる会社は正直少ないと思いますが、残業あがっても残業代がつくってのは法律上当たり前なんですね。

労働基準法で決まっています。サービス残業をするってことは違法行為なんですね。違法行為をしている会社はどのみちこの世の中の流れでは成長してくことは難しいでしょう。効率の悪い仕事をしているということですからね。

こういった基本があるうえで

「こういった職種をやってみたい」

「営業をしたい」

「事務をやってみたい」

「コンサルティングをやってみたい」

といったやってみたい職種を考えるといいと思います。

こういった職種を考えるときにわかりにくいときには、優良な求人を実際に紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイと思います。実際に優良な求人を見てみてみると自分がどういった仕事をやっていきたいの判断材料になりますからね。

今の会社から転職するのが不安だ もし転職してもブラック企業に捕まったらどうしよう・・・・と言う部案がある場合には

今の会社から転職するって言ってもちょっと不安だな・・・・転職してもブラック企業につかまったらシャレにならない・・・とこういった不安がある場合には一度優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイと思います。優良な求人をみてみれば上述したように自分がやってみたい仕事の判断材料になりますし、優良な求人が実際にあるとう確認にもなります。また、転職への不安も少なくなってきますしね。

ただ、ハローワークやちまたに出ている求人誌ではブラック企業がたくさん掲載されています。これはハロワとかが掲載企業を審査していないからです。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動に的確なアドバイスをしてくれます。

たしかに、転職って難しいイメージとかが情報として流れていますし、私も転職活動をする前には不安でした。

しかし、転職って優良な求人をしょうかいしてもらって、アドバイスをもらいながら履歴書を作って面接対策をすれば内定は普通の摂ることができます。

準備と対策をすれば恐れるものではありません。うつ病経験の私でも内定取れましたからね。普通の人なら普通に大丈夫でしょう。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!