雑誌の裏にあるフェロモン香水って実際買うやついるの?いたんですよ実は私の職場でねw

燃え上がるサラリーマン

よく少年誌の裏にある「フェロモン香水」ってありますよね。

これって、フェロモンの力でこの香水をつけると女性にモテまくるという、夢のようなアイテムです。

でもこれって、実際売れてると思います?というか買ってる人っているんですかね?

私も人生40年近く生きていますが、リアルで買おうとして人に初めて出会いました。

その衝撃といったら、たぶん逆立ちしながらアイラブユーと叫んでもいいくらいですよ。

ここでは、そのフェロモン香水購入(未遂?)のエピソードをご紹介します。

Eさんは職場でアラフォーの独身 フェロモン香水の魅力に気づく

Eさんはアラフォー独身で工場のライン現場のベテランです。いい人なんですが、正直モテるタイプではないのでアラフォーですが独身です。

本人は婚活パーティーなどに行って、彼女を作ろうと頑張っています。イイ人なんですけどね・・・

さて、Eさんは工場に勤めていてあまり社交的でもないので世間を知らないという面があります。

そして物事を信じやすく、女性に騙されてお金巻き上げられたこともあるそうです。

それはさておき、Eさんが中国人の派遣社員のFさんにまじめに相談していたことが超絶内容でした。

フェロモン香水を派遣社員(中国人)のFさんにこれ効果あるかな?と相談するEさん

「Fさんこれ買おうと思ってるんだけど、どう思う?」とEさんは雑誌の裏にある「これをつけるとモテモテになるフェロモン香水 バーゲンセール」という広告をFさんに見せました。

Fさんは中国人の派遣社員さんです。ぶっちゃけ日本語はある程度話せますけど、読むことはできません。

雑誌の内容はよくわからないですが、その広告の怪しさから「これはヤバいね」と気づいたみたいです。

必至で広告の内容を理解しようとするFさん。でもEさんはこのフェロモン香水が欲しくてたまらないみたいです。

なんといっても、「付けるだけで女性にモテモテになる」という最強アイテムです。欲しいですたまらなく欲しいです。

「Eさんだめね、これヤバいね」とFさんはEさんい言いました。

「ええ?これだめなの?なんで??」とEさんはびっくりしたようでしたが、Fさんは中国人。くわしい説明はできません。

Fさんはほかの日本人社員にヘルプを求めました(*^▽^*)

Fさんは日本人の社員Aさんに「Eやばいね」と相談する

Fさんは同じ工場現場のラインいいるAさんに助けを求めます。

「Aさん、Eさんやばいね、ちゃんと説明してほしいね。」

Aさんはその広告を見せるFさんの表情で本当にヤバイことなんだなと直感しました。

Fさんの軽い説明ですべてを把握してAさん。ちなみにAさんはEさんとは長年の付き合いでEさんのキャラは把握しています。

Aさん「Eさん、こんなの買っちゃだめだよ。これつけてもモテるようにはならないよ。」

Eさん「ええ??でもフェロモンが出るから女が寄ってくるって説明に書いてあるんだけど。」

Aさん「・・・・・Eさん、これはねなんたかかんんたら・・・・etc・・・・・・(長い説明)」

という会話で、30分くらいEさんを説得するAさん。それを眺める中国人のFさん。

なんともシュールな光景です。

やっとのことで納得したようなEさん。でもまだしぶしぶ従ったような感じです。フェロモン香水に未練がたらたらです。

この話を聞いて思ったこと

この話は私はAさんから聞いたのですが、まず実際にこの「女を惹きつける効果抜群のフェロモン香水」を買おうとする人がいるということい驚きました。さすがに絶句しましたね。

そして思いました。やっぱり広告費をかけて雑誌の裏に掲載されているだけあって「買う人」はいるんですよね。

広告費をペイできるくらい買う人がいることを考えると、全国で相当数いるわけです。

でも、これ普通買わないですよね。フェロモンが出る香水・・・・これを見たら、「どんなものでも付加価値を付ければ売れるんだな。」ということが分かりました。

良くあるたとえですけど、「砂漠で水が欲しくて喉がカラカラで死にそうな人に、水一リットルを10万円と言たらたぶん買う」という例は本当に心理を突いていますね。

実際リアルでこういうエピソードがあると、怪しげな商品ていうのは今後永遠に無くならないと思います。

もちろん、これだけネットで情報があふれている時代なので、怪しげな商品は減っていくでしょうけど無くなることはないですね。断言できます。

それだけピンポイントを突いたニーズあれば、どんなに怪しいものでもついつい買ってしまうというのが人間です。

これは勉強になりました。Eさんも騙されやすい性格が少しずつでも治っていくといいなと思います。

結論 フェロモン香水は買う人がいるんです リアル体験でした

結論は「美女にモテモテ つけるだけでフェロモン出まくり香水さいこうだぜ」という商品は売れるという結果になりました。

いやあ、一度買ってみたいですけど、今って広告の裏とかに乗ってるんですかね。この話も5年くらい前の話なので今では見つけるのはむつかしいのかな?

でも、絶滅することはないでしょうね。

背を高くする方法とか、機運が高まる何とかグッツとかね。(よく札束のプールで美女をはべらしているアレ)

世の中これくらいの遊び心があってもいいような気がしますね。なんでも規制したら面白くないですけど。

まあ、詐欺になるのかどうかはグレーな部分ですけどね。こういうのに騙されて、そして気づいていくのが成長なんなないですかね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!