ブラック企業でワンマン社長が従業員から労働力を搾取する会社は今すぐ辞めたほうが良い理由

スマホを見るおっさん

社長は当然従業員から搾取して会社を成長させていく。これがいわゆる同族経営ブラック企業に多い考え方です。

ブラック企業の原点はこの親族だけが役員を占める会社、いわゆる同族会社です。こういう会社は当然、従業員はただの駒、奴隷であってその搾取された労働力の恩恵は社長の親族にすべて注がれます。

そういう会社がほんと多いですよ。しかもそういう会社は社員の洗脳技術が妙に高くて、洗脳されてしっまった従業委は高レベルな奴隷として、永遠に利益を社長の親族に送り続けるんですね。

なんとも切ない話です。日本人は幼少から「マジメに生きる人がいい人だ」という教育を受けているので、人のことを素直に聞く人が「いい人」という固定観念があります。

そういう人が同族経営系ブラック企業に入ると,スーパーな奴隷に成長するという。最終的にはうつ病になって捨てられます。

でも会社はそれでいいんですね。だってまた人を雇って洗脳して奴隷にすればいいんですからね。本当に切ないです。

ここでは、同族経営系ブラック企業がどうやって社畜として洗脳するのかとそれを防ぐ方法をご紹介します。

自分の会社でしか通用しないルールを徹底的に洗脳する これが搾取テクニック

会社の搾取のテクニックとして、初期段階ではとにかく社員を洗脳します。洗脳方法は自分の会社でしかない独特のルールを毎日のように教え込みます。

朝礼でわけのわからない社訓を言わされたり、その会社でしか通用しないレポートを提出させたりするのはよくある手口ですね。

そしてこれをやらない社員はこっぴどく叩かれるわけです。これが無いん回か続くと「自分は間違っているのか?」と思うようになり、

更には「間違っていたんだ。この会社が正しいのかも」と思うようになったら、洗脳完了です。有能な兵隊のできあがりですね。

後は壊れるまで社長の言いなりで、その搾取された利益は親族に還元されるというシステムです。

しかも兵隊が壊れればまた別の人間を採用すればいいわけで、かなり合理的なシステムです。

日本は派遣社員はパート社員の割合がどんどん増えている状況です。正社員のカードをぶら下げればそれだけで人は入ってきます。

こういう無限ループができる社会なので、搾取は永遠に無くなることはありません。会社の社長とその親族だけがおいしい思いをするわけです。

ある意味宗教と一緒で洗脳されやすい人間は搾取されるのが現状です

こう見てみると「新興宗教」と似ていますね。ワタミの社長もこんな感じで社長の著書を読んでレポートを提出させていますしね。

社長をカリスマとして、従業員という信者を集めるといった手法です。よくできています。洗脳できない人間もいますが、そういう人間は辞めてもいいんです。一定数の洗脳できる人間が会社にのこり優秀な奴隷になってくれれば会社は成り立つからです。

人間の弱さと、日本人特有の真面目と素直さを利用した、優秀なテクニックです。これを組織単位でやられるとたしかに簡単に洗脳されてしまうでしょう。

そして洗脳された従業員の行く末はほとんど未来がありません。本当に切ないですね。

現実はやさしい社長などいない やさしいのは自分の親族に対してだけ

これを見てもわかるように、会社を設立する人間は人間的に尊敬できる人だと思われがちですが、実は人をこき使ってどれだけ自分に利益が出るかをしたたかに計算している人がほとんどです。

人を人とも思わないタイプのほうが、経営者には向いているものです。温情など挟んでいたら会社は大きくなっていきませんからね。

ただ、今まで日本は高度経済成長期はどん何仕事がきつくても給料は上がっていったので、我慢もできました。

現状では、ほとんど昇給もなく、労働時間ばかり増えてざーびす残業も当然になっている同族経営会社がほとんど。

「文句があるなら辞めてもらっていいんだよ。君の変わりはいくらでもいるからね。」というスタンスです。

「経営者は人間的にも器がでかい」というのは映画やドラマの世界の中の出来事なんですね。

私は金融時代にいろんな経営者を見てきましたが、そういいう人は残念ながらほとんどいませんでした。これが現実でした。

そして、同族経営は例外なしに自分の親族のみを役員にして、それ以外の待遇はただの使い捨ての社員という状況はどこでも一緒でした。

現実をみると少々悲しくなりますが、現実を見たからこそ「自分の身は自分で守る」というのが身に染みるわけです。

社畜洗脳されないためには自分の人生の我を通すことが必要

こういう高度な手口で社員を洗脳してくるのが同族経営系のブラック企業です。

この社畜洗脳避けるためには、「自分の人生の選択に我を通す」ことが必要です。

平たく言うと「自分の選択は自分で考えて決める。」ということですね。ただ、これは親や学校の先生の言うことをキチンと聞いてきたまじめな人にはとてもむつかしいです。

「人の言うことを聞くのが素直でいい人」という価値観が刷り込まれていますからね。

でもそれって、おかしくないですか?そんな人生でいいんですか?自分のイヤなことでもいうことを聞いてやっていくんですか?

そういうことです。私は嫌ですね。たしかにお金を稼げなければ、食っていけませんが職業の選択くらいは自分の意志で決めたいです。辞めたい会社は辞めたいです。

仕事を簡単にやめろと言っているわけじゃないですよ。同族経営系ブラック企業や搾取系の会社にはいたくないということだけです。

完璧な会社はないですけど、自分の以後ゴチのいい会社を求めて転職するのは普通の考えです。

「よく3年は我慢しろ」といいますけど、それは環境が普通の状態である場合のこと。

異常な洗脳が行われた上に搾取される同族経営ブラック企業でこの先10年我慢しても先は無いので、すぐにやめて転職しましょう

人生を考えて転職するステップを踏もう

ビックリする考える人
同族経営・家族経営の搾取会社から転職したいと思い立った。

でも転職を考えてステップアップしたいけど、具体的にどうすればいいかわからない。

そういうケースは「転職エージェント」を利用しましょう。転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人を探してくれます。

ブラック企業との関わり合いを絶つには、

「転職して今いるブラック企業から脱出する」

「就職するときにブラック企業に引っかからないようにする」

とこの二点が必須ですよね。このポイントを同時に兼ねそろえているのが「転職エージェント」です。

ブラック企業から脱出するにしても、一人で転職活動をするのは大変ですが、転職エージェントではプロのアドバイザーが転職の方法を詳しくアドバイスしてくれます。

また、転職エージェントの求人はアドバイザーが審査を行っているので、ブラック企業は限りなく少ないです。

ここが、ハローワークや普通の求人誌とは大きくし我う点です。ハロワや求人誌は求人掲載に審査が無いので、ブラック企業の求人の巣窟になっています。

会社を退職したら、とりあえず行くところがハローワークです。離職票を持っていき、再就職の意思があるかどうかを確認して、雇用保険給付の手...

こういう理由で転職活動をするなら転職エージェントを利用するのがブラック企業を避けるために最も有効なんですね。

もちろん、転職エージェントの登録も利用も無料です。求人企業からの紹介料で運営しているので登録者にお金がかかることないので安心して利用できるのが転職エージェントです。

ブラック企業はもう終わりにしませんか?
ブラック企業に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加