転職で正社員で楽な仕事だけを探すのはリスクがある理由 ブラック企業を避けてバランスのイイ会社を選ぼう

楽な仕事

「楽な仕事をやりたい」というのは人類の夢と言ってもイイですよね(^O^)/

楽な仕事でそこそこの給料をもらえればそれはそれでラッキーなんでしょうね。私も「楽な仕事」の定義がどのくらいのものかわからないですけど、何もしないでお金がもらえればそれは「楽な仕事」なんでしょうかね。楽な仕事の定義って一般的にはこんなところです。

ノルマが無い、電話応対をしなくていい 一人でやる仕事 人間関係がいい 

労働時間は基本短い(定時)、責任が小さい仕事、残業代がしっかりとつく(サービス残業無し)

クレームとかが来ない仕事、完全週休2日 長期休暇がある 有給休暇が取りやすい

当然に離職率も低い 仕事でミスをしてもフォローしてもらえる

こういった感じです。まあ全部を満たす仕事というか会社があるなら私が入りたいですよ( ;´Д`)

ハッキリ言って全部を満たす会社は無いですけど、部分部分を満たす会社(仕事)はありますからね。そこは自分で見定めて仕事を選んでいくわけです。

あと一つだけハッキリわかっているのは、「高い給料をもらう仕事は仕事はそれなりに厳しい(楽ではない)」ということです。

私もいろんな仕事をしている人と会ってきましたけど高い給料をもらっている人で楽な仕事っていう人は一人もいませんでした。

まず、楽な仕事を選ぶなら給料は平均からそれ以下を覚悟したほうがイイです。そこまで世の中甘くないですから、楽な仕事をしたいな高い給料は望まないことですね。

そうはいっても、私も別に高い給料が欲しいわけでもなく、暮らしていける給料がもらえてそこそこ楽な仕事なら十分満足です。

そういった前提で仕事を選ぶなら、「ブラック企業にさえ捕まらなければだいたいやっていける」ということです。

よく「楽な仕事○○選」とかいって特集してる記事ありますけど、ブラック企業以外は似たり寄ったりですよ 

ネットでよく見る「楽な仕事はこれだ」とか「楽な仕事○○選」とかいう記事をよく見かけますよね。

たいていその記事とかに掲載されてる職業ってこんなところです。

職人 大企業 ビルメン ルート配送 葬儀屋 事務員 パチンコ店員 自動車教習所の指導員

公務員 インフラ関係(電気・水道・ガス)レントゲン技師 栄養士 ネットビジネス ブロガー

倉庫作業者 工場のライン現場 歯科衛生士 タクシー運転手 コールセンター 清掃業 警備員

栄養士の仕事は保育園や老人ホーム、会社から病院などの食事の栄養を管理した献立を作る仕事です。その内容は仕事量も多く女性ばかりの職場で人間関係も複雑な割には給料も安くて労働と対価がミスマッチしている仕事です。この仕事を続けていくには相当なボランティア精神が必要ですね。もう栄養士の仕事が限界だと思うなら労働環境を変える必要があります。
コールセンターの仕事は普通にバイトとか余りにきつい仕事にバックレてしまう内容です。正社員になっても給料は安く毎日クレームを処理しながら仕事量は膨大でいつ切られてもおかしくないというような理不尽な仕事です。精神的に人間不信に陥ったりします。こういう状況になる前に労働環境を見直してみる必要があります。
ビルメンテナンスの仕事は仕事が無い人が行く職場とか言われていましたけど、今では資格も必要でハードな仕事になってきています。病院や介護施設のビルは超悲惨な仕事ですし、社会的地位もなぜか低く地味に危険なビルメンの仕事。もし辞めたい場合は労働環境を変える必要があります。
パチンコ屋に店員として正社員で入った新卒の男子に来たんですけど、人間のレベルが低く、お客さんの質もかなり悪く毎日タバコの煙に過去込まれて、パチンコ玉運んで腰痛になる人が多い・・と言う劣悪な労働環境のパチンコ店。そんな場所でストレスとためてうつ病になったり難聴になる前に労働環境を変える必要がありますよね。

とまあもっとありますけど、楽な仕事とかって挙げられてますけど・・・・これって楽な仕事な部分もあれば、ブラックな仕事として恐れられてる仕事もありますよね。どういった根拠で楽な仕事って言ってるの解りませんけどね・・・

そう、正直言ってすいません。「楽な仕事」っていうのは現実的にはないんですよ。それほど世の中甘くありません。

もちろん、「転職して以前の仕事よりは楽な仕事だなあ」と感じることはありますよ。でも、私もホワイトな工場に勤務してかなり仕事は楽になったと感じましたけど、「楽な仕事」ではなかったです。定時で帰るためにギリギリまで生産数を詰めて仕事をしていましたからね。時間内にはフルで働いていまいた。

ようはメリハリをつかて効率のいい仕事をしているのがホワイト企業の特徴です。だから、時間内は目いっぱい働いて、その分早く帰れますし、休日も多いというのがいい企業の特徴です。

そう、申し訳ないですが「楽な仕事」っていうのは正直ありません。そういった情報がある会社に入っても、そこにいた上司がキチガイだったりしたら「人間関係最悪」の仕事になりますし運の要素もありますしね。正直「楽な仕事」を求めて転職活動をするとたいてい失敗します。

こういった情報をうのみにしてその仕事を初めて長く続けられるかどうかは運しだい バランスのイイ仕事量の会社のほうが安全

こういった情報を見て例えば安直に上に書いた大企業とか入れますか??それとかビルメンの仕事とかやってみたいですか?清掃業とかやりたいですか?

バイトならいいですけど正社員でビルメンとかだと人生だいたい決まってしまいますからね。

楽な仕事を求めていると、ずっと楽な仕事を求めるようになって、ちょっとでも嫌なことがあると辞めてしまう・・・・みたいな人生になってくるんですよね。

そういった人を何んも見てきたので、あまり「楽なことだけ」を求めるのって辞めたほうがイイと思います。

仕事って楽な仕事ってないですよ。くどいですけどもう一度言っておきます。楽な仕事があるんだったら、みんなその仕事に殺到するはずですからね。そこを考えてみれば簡単にわかることです。

本当に楽な仕事は「自分がある程度その仕事でプライドを持ってやることができる」ことと「適度な仕事量」です 暇すぎてもたいくつで辞めたくなるし忙しすぎても辞めたくなりますからね

なんか支離滅裂な文章になってきたんですど、言いたいことは楽な仕事をただ、もとめると無理があるということが言いたいんですよね。

仕事って人生のたくさん時間を使うものですから、「自分がある程度プライドどもってやることができる仕事」と言うのが大事です。別に意識が高くなくても最低限のプライドでいいんですよ。プライドを高く持てっていってるわけじゃあありません。最低限でいいわけです。

最低限のプライドがないと、やっぱり仕事って続かないもんなんですよね。

あとは「適度な仕事量のある仕事」です。仕事が少なすぎるとそれはそれで辞めたくなりますよ?経験したことがある人ならわかりますしね。

また、仕事の量が多すぎるのはブラック企業ということなので、こういった会社を選ぶのも論外です。でも、正直経験上「仕事が無くて暇でしょうがない」っていう仕事って実際に見たことがありません。ネットではたまにそういった情報がありますけど、それって一時でき長続きしないはずです。

なぜなら、そんな暇な仕事をしている人がいて会社が成り立つわけがありませんからね。人件費を使って暇な仕事をさせているほど、今の日本に余裕のある会社なんて無いですからね。要は、仕事の割り振ができていない会社ということです。

そう、楽な仕事があったとしてもその会社は長続きはしませんし、その現状もずっとは続きません。楽な仕事をさせてくれるのを「放っておく会社」なんてこの世になないですからね。そういった現状を見つけられてすぐに仕事の量をふやしてきますからね。

唯一の例外はあなたがその会社の経営者の息子とか親族とかなら、仕事やらないでも放置されるでしょう。そういった強力なコネが無い場合には楽な仕事なんてぶっちゃけないですよ。

まったく仕事が無いような会社だったら確かに暇でいいですけど、高確率でその会社潰れますしね。

だから、仕事を選ぶには「適度な仕事量の会社」が一番いいです。仕事が忙しすぎて激務ならただのブラック企業ですし、暇すぎて楽すぎるなら会社は傾きますし、そういった楽な状況はそんなに長くは続きませんからね。

適度に仕事量があって、あんまり忙しすぎない仕事が一番いいです。そういった会社はいわゆる「ホワイト企業」と言われるものなんですね。

ブラック企業さえ避ければ、そこまで仕事がきついということはありません 不安にならずに転職活動をしていきましょう

とにかく「楽な仕事」とかを探し続けることは、転職活動では不毛ですし、たいてい失敗します。楽な仕事はもう一度言いますけど今の日本の社会ではありません。あるとしてもそういった会社は長続きしませんし・・・・ああ、公務員ならあるかもしれませんけど、公務員でも最近はそれなりに仕事してますしね。

転職活動って、正直「ブラック企業にさえ捕まらなければ大成功」です。上を見ればきりはないですけど、ブラック企業じゃなければ仕事って楽勝ですよ。

普通の会社ならそんなに仕事も忙しくないですし、給料も普通に出ます。上に書いた「楽な仕事○○選」とかいう情報とかの仕事でもブラックな会社っていくらでもありますしね。

このサイトで何度もいてますけど、「ブラック企業にだけは捕まってはいけない」「ブラック企業に捕まったら一秒でも早く脱出する」と言うのが鉄則です。

逆にそれさえできれば転職では、まずは「成功」と言っていいでしょう。満足度が100%の会社はあり得ませんけど、ブラック企業さにさえひっかからなければその会社の満足度は50%は行くはずですからね。ブラック企業に捕まれば満足度はマイナス200%くらいです。

転職活動では、楽な仕事を求めていくと言うスタンスよりも「いかにブラック企業に捕まらないで内定を取るか」というのが最も大事なポイントになってきます。

それでもやっぱり転職するのは不安だ、ブラック企業に捕まったりするのは不安だ・・・・と言う場合には

転職活動って正直不安です。ちゃんとやったつもりでもブラック企業に捕まるんじゃないか?内定が取れないんじゃないか?と言う不安はあります。

そいうときには、一度、優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイと思います。優良な求人を見れば、ブラック企業以外の求人があるというのが確認できますし、自分がやってきたい方面の仕事の判断材料になります。また、転職活動の不安も和らいできます。

ただ、ハローワークとか普通にちまたに出ている求人誌だとブラック企業がたくさん掲載されています。これはハロワとかが掲載企業を審査していないからです。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動に的確なアドバイスをしてくれます。どういった業界や会社の仕事が適度な仕事量なのか、比較的、楽な仕事なのかをアドバイスをもらうことができます。

たしかに転職活動って不安です。特に初めての場合はないからしていいかもわからないケースもありますからね。

しかし、転職って優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらいながら履歴書を作成して面接対策をすれば内定は普通に取れます。準備と対策をやっていけば内定は取ることができるんですね。

転職活動をするかしないかでも、一度優良な求人を見てみることで頁岩がつくケースも多いです。そういった意味でも求人を紹介してもらうのはおススメですよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!