40代で早期退職制度を利用して割り増し退職金をもらって転職した話 やりたいことが決まってるなら早期退職制度はオイシイ

燃え上がるサラリーマン

私は40代中盤の金田と申します。中堅のメーカーに勤めて10年ほどが経ちました。

最近ですけど、うちの会社は40代以上なら「無条件で」退職金に割増賃金がもらえる「早期退職制度」というのができたんですね。

正直、かなりうちで取り扱っている製品の生産量はかなり落ち込んでいました。

いままでの利益のストックがあるので、会社はそれほど傾いてはいませんが、10年後となると普通に考えてかなり苦しい状況になるのは目に見えていました。

それに加えて、私は今の仕事にまったくやりがい的なものもなく、ほかにやりたいことがありそちらに転職したいと常々考えていました。

とはいってもねえ、40代だし転職といってもかなり厳しいのはわかっています。ただ、早期退職制度で給料の18カ月分をもらえるわけですよ。

そしてこの会社も10年後は厳しい・・・となると行動したほうがいいなと思ったわけです。もともとシステム系の仕事を専門的にしたかった私は、妻と相談して転職をすることを決意しました。私は今の職場でシステム関係の部署にいたので、そういう理由もったわけです。

ここではその時の退職→転職の流れをご紹介します。

40歳以上で勤続3年以上なら18カ月の割増賃金がもらえた

札束を持つ女

在職中に転職活動をしようとおもったのですが、かなり忙しい部署だったのでそれは断念しました。

幸い一人息子も大学進学はしないみたいで、お金がなくていきなり苦労する・・・・という状況ではなかったからです。退職してから転職活動をじっくりするということで妻との相談もまとまりました。

勤続10年ほどなので、退職金自体はそれほど大した金額がもらえるわけではありません。この「早期退職優遇制度」というのは、うちのケースですけど40歳以上ならだれでも18か月分の給料が退職時にもらえるというものです。

かなりシンプルでわかりやすいものですね。

これが多いか少ないかというのは正直「普通」くらいだと思います。大手企業なら36カ月とかなかには60か月とかありますけど、うちは中堅でも少し小さいメーカーですからね。これくらいなら割ともらえるほうなのかもしれません。

ただ、早期退職優遇制度があるならそれを利用して転職するのかなり「楽」です。

金銭的な面での心の余裕が無いとなかなか転職活動も余裕をもって行うことができません。その意味でも早期退職優遇制度がれば転職を余裕をもってやっていくことができます。

余裕をもって転職活動ができた これはかなり美味しい制度だった「やりたいこと」が決まっているなら利用して転職するのにかなり有利ですね

ビックリする考える人
退職を申請すると簡単に受理されました。人件費を削るための早期退職制度なので、引きをめることも無いでしょうしね。

退職を申請してから3か月後に退職となりました。そして無事退職日に退職金と早期退職の割増賃金が振り込まれました。

早期退職優遇制度は退職金扱いになるので、税金は「退職金控除」が適用されて税金はほとんどかかりませんでした。

退職所得控除額の計算例

—————————————————————————————–
勤続年数(A)20年以下・・・・・・40万円×A(80万円に満たない場合は80万円)

勤続年数(A)20年超・・・・・・・800万円+70万円×(A-20年)

—————————————————————————————–

ということになっているので、私は20年以下の勤続なので500万円くらいまでは税金がかかりませんでした。

多少退職金控除をオーバーした部分がありましたが、そんな金額でもなかったので助かりました。

こういったお金があると精神的に余裕をもって転職活動ができますよね。自分がやりたいシステムの仕事をじっくり求人をだガストころから始めることができました。

ただ、40代の転職はそれなりにスキルがあってもそれでも求人自体は少ないですね。システム関連という業種柄普通の求人誌に載っているものはほとんどありませんでした。

そこで、知人に勧められた転職エージェントを利用することにしました。ここにはいわゆる非公開求人というのがあって

求人誌には掲載されない求人がかなりストックされているみたいです。非公開求人て求人誌に掲載されないだけにかなり競争率が低くなります。

システム関連の求人自体はもともと少なく、そのうえ非公開求人となるとかなり競争率が低くなります。そういう関係で

3社受けたうちの1社に内定をもらい無事転職できました。

40代の転職についてエージェントにアドバイスをもらい、あまりスキルがあるということをアピールしすぎても上から目線的な印象になるので、フレッシュマンのマインドで面接を受けたほうが良いですよ・・・というアドバイスのおかげかもしれません。

謙虚に転職活動をすれば、自分のやっていきたい分野の仕事が見つかるはずです。

早期退職制度はきっかけだったんですけど、思い切って行動をしてよかったと思います。今までの会社でやる気のない仕事を定年まで(会社がコケたら定年までいられませんけどね)働くってのはちょっと無理なかんじでしたからね転職活動してよかったです。

転職エージェントを使ってうまく転職できました とても助かりましたよ

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

登録から利用までが無料になっています。これは求人を出している企業側が、エージェントに報酬を支払っているので求人するあなたは無料で利用できるのです。

転職エージェントに登録するメリットは履歴書の作成から面接のやり方などプロのエージェントがしっかりアドバイスしてくれます。

あなたと面談して、求めている求人を選ぶ手助けもしてくれるので、一人で手探りで転職活動をするより格段に効率が良くなります。

また、転職エージェントには会社の中の情報もあるので、事前にブラックな会社や残業の多い会社、離職が多い会社を教えてくれます。

一人で転職情報を調べていても、こういった会社内部情報はほとんど入ってこないので、その情報だけでも価値があります。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

実際に最初はハローワークとかに行ったんですけどあまりの求人の質の悪さにびっくりしました。最初から転職エージェントをつかっていればよかったです。ハロワとか求人誌は時間の無駄でしたね。困りましたよマジで。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!