薬剤師がドラッグストアか調剤薬局どちらに転職するかを判断する方法 自分の適性をじっくり考えるのが必要です

薬剤師のお姉さん

ドラッグストアの薬剤師の平均年収は販売員で380万円からで管理職や店長になると500~700万くらいです。

これが良いのか悪いのかはどうかわかりませんが、正直、薬剤師の資格があるなら企業に勤めてMRとか開発研究の仕事をしたほうが給料は高いです。

ただ、ドラックストアに勤める人には、結婚して子供が落ち着いたのでバイトから薬局に入りたい、近所のドラッグストアで薬剤師を募集しているのでそこで働きたいというケースもあるでしょう。

また、これから高齢化社会に進んでいく日本で、ドラッグストアは一番身近な薬を扱う場所になってきます。

今後需要が伸びていくのは間違いないので、ドラッグストアでキャリアを伸ばして主任、店長と昇っていくのもそれほど悪い選択ではないでしょう。

そう、ドラッグストアで全部できちゃうんですよね。ドラッグストアに薬局が併設してるところも多いですし、買い物しながら薬をもらえばいいというわけです。薬局もかなり飽和状態なので、ドラッグストアがあれば十分という時代がそこまで近づいています。

ドラッグストアの仕事ってレジ打ちや雑用もありますけど、そういうことも薬剤師がやっていかなければいけない時代になってきてるのかもしれませんね。

ここでは、ドラッグストア勤務に向いている薬剤師と普通の調剤薬局とを比較検討してみましょう。

レジ打ちや掃除や雑用 これをどう思うかでドラッグストアへの勤務をするかどうかが決まります

ドラッグストアの仕事内容は、調剤や薬の説明のほかに、普通にレジ打ちや掃除などの雑用もこなす必要があります。

よく、ドラッグストアで明らかにこの人薬剤師だろう・・・・という人もたまにレジ売ったりしてますよね。

ただこれは店によってばらばらでこういった雑用もないドラッグストアもあります。

勤務時間もまちまちで、週休2日性のところもあれば、勤務時間が長いドラッグストアもあります。

また、契約社員や時給制のバイトの場合は週3~4勤務など勤務時間も融通がきくケースもあるので、忙しい家事をやっている女性が薬剤師の資格を生かして勤務するには都合のイイ職場ともいえます。

ドラッグストアの薬剤師は給与はそれほど高くないですが、こういった時間の自由度を考えてみると女性向きの職場かな?というイメージが出てきますね。

これを見ると、ドラッグストアは契約社員とかで、週に3~4回くらい勤める主婦の薬剤師が勤めるるのに適していますよね。ガッツリ、ドラッグストアの店長になったりすると、かなりの責任があって給料のわりにきつい仕事になります。

私だったら、時給で週に3回くらいバイトとかで薬剤師としてドラッグストアに努めます。

ちなみに田舎のドラッグストアなら客も少ないんでかなり楽なんですよね仕事としては。

ドラッグストアは田舎に行けば行くほど待遇がよくなります

とにかくドラッグストアは田舎に行けば行くほど店舗が少なくなり、その分勤めてくれる薬剤師も減ってきます。これが意味することは、「田舎のドラッグストアのほうが待遇や給与がよくなる」ということです。

そして当然ながら、大手ドラッグストアのほうが待遇がよくなります。そのため、

「大手ドラッグストアでかつ田舎の店舗で薬剤師が不足しているところ」が最もねらい目なんですね。

小さい店舗だと年収が上がるケースが多いです。ただ田舎のために住みにくいというデメリットがあります。

独身ならあえて、田舎の店舗に行くという手もあります。家族がある場合はなかなか現実的ではないですね。

これは調剤薬局でも同じで田舎に行けば行くほど年収は高くなっていきます。

ただ、ドラッグストアと調剤薬局ではやる仕事の内容が大きく違ってきて、ドラッグストアが「動的」とすれあば調剤薬局は「静的」な仕事になってきます。

平たく言うとドラッグストアは人付き合いが苦にならない人に向いています。調剤薬局は多少人見知りでもやっていけます。自分のキャラをしっかりと考えてみて、どちらに転職するかどうかを判断しないとあとでキツイ状態になって今いますからね。

ドラッグストアに向いているのはコミュニケーション能力が高くて前向きな人です

ドラッグストアに向いている人は、コミュニケーションが取れて雑用もこなせるオールマイティータイプな人が向いています。

薬剤師と言っても調剤だけやっているわけではなく、店が混んだらどうしても店の仕事のヘルプをすることもあるでしょう。

店によっては雑用無しというところもいありますが、完全にレジ打ちとかが無いというところは少ないでしょうね。

そのため、薬剤師というより、普通のドラッグストアの店員よりかなり給料が高い調剤も行う店員さんというスタンスで就職したほうが長続きするでしょう。

あと、ドラッグストアは経営する企業によってかなり雰囲気が変わります。これは実際チェーンのドラッグストアに足を運んでみるとすぐにわかります。

けっこう従業員がのびのびやっているドラッグストアチェーンもあれば、それこそ、完全にマニュアル化されてかなりがんじがらめでレジを打っている激務のドラッグストアもあります。

激務なドラッグすとはは薬剤師もそこそこ激務になる可能性もあるので、ドラッグストアの社風も一度見ておくのも大事なことになってきます。

実際、会社って入ってみないとわからい部分があります。でもたとえば自分が面接受けようと思っているドラッグストアを一度じっくり見に行くのは大事です。ドラッグストアによってガリガリ仕事しているチェーンもあれば、割とのんびりムードでやってるチェーンもあります。これって会社の経営方針によって全く違うので、一度見に行ってみたほうがイイですよ。

調剤薬局は雑用はないが平坦な仕事が永遠と続きます

調剤薬局は雑用こそないですが、毎日のルーティンワークが延々と続きます。

変化を求めない、平等がモットーの人に向いています。

調剤薬局はその薬局の上司や先輩が厳しい人間だと薬局の雰囲気も大きく変わります。

やっていることはどの薬局もそれほど変化はないですが、なにせ閉鎖社会なので、人間関係が悪いとすぐに破綻します。

これはドラッグストアでも同じなんですが、ドラッグストアのほうが人員の流動があるので、人間関係の逃げ場はある程度あります。

調剤薬局は人間関係の良しあしで決まってしまう部分もありますからね。

そう調剤薬局って仕事はそれほど忙しいところは少ないですけど、結局人間関係固定で、その中でイヤな奴がいたら、もう雰囲気最悪ですからね。閉鎖された空間なので逃げ場がないのが怖いです。

まあ、薬剤師は資格があるので、イヤな職場だったらさっさと転職してしまえばいいだけです。そこが薬剤師の強みでもあるんですけどね。

ドラッグストアを選ぶか調剤薬局を選ぶかは自分のキャラを考えておいたほうが良いですね

ドラッグストアに就職するなら自分の置かれている環境が、勤めやすさを優先するのか、それとも給与を優先するのかを考えておくべきでしょう。

薬剤師の仕事であまりレジ打ちとかやりたくないのが本音でしょうし、かといって、企業や調剤薬局にの仕事はそうそう休みも取れないので、時間の融通が利かなくなります。その点、ドラッグストアの薬剤師の派遣などは時間給なので、週2~4勤務もできますしね。

また、ドラッグストアは普通にコミュニケーションが取れないときついかもしれません。

薬をもらいに来る人だけじゃなくて、普通のお客さんも相手にすることもあるでしょうあから、接客業と考えないとやっていけない部分もあります。

薬剤師がドラッグストア勤務を選ぶにはそのメリットが自分に合っているかどうかを判断してから勤めるべきですね。

ただくどいですけど、実際勤めてみてその職場が悲惨なくらいイヤな職場だったら転職すればいいだけです。ホント薬剤師の資格をもっているのはうらやましいです。するウのリーマンだったら転職するっていうかなりのリスクがありますけど、薬剤師だったらそれほど給料も変わることなく転職することができます。

これは薬剤師の特権なんですよね。

薬剤師が就職・転職するなら「転職支援サービス」を利用しよう

田舎で営業する人

ドラッグストアの内情や、どのチェーンに勤めていいかは情報を持ってないとつかみにくいです。

ドラッグストアでもブラックはありますし、勤めやすいドラッグストアもあります。

そういう情報を自分で調べるのはかなり苦労します。その情報を簡単に得ることができるのが「薬剤師の転職支援サービス」です。

転職支援サービスは転職のプロであるアドバイザーがあなたと面談をして、希望の求人情報をピックアップしてくれます。

「薬剤師転職支援サービス」は転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがあなたと面談をしてすぐれた薬剤師求人を紹介してくれます。

登録から利用はすべて無料になっています。これは求人を希望している企業側が転職支援サービスに報酬を支払っているので、あなたは無料で利用できるわけです。

薬剤師転職支援サービスは、あなたに履歴書の書き方や面接のやりかたをしっかりとサポートしてくれます。

良い求人情報があっても面接がうまくいかないと難しいですからね。そういう細かなところまで配慮してくれるのが転職支援サービスです。

一人で薬剤師の求人情報を探すより、格段に効率よく転職活動をすることができます。

また、北海道から沖縄までの求人情報を網羅しているので、勤務地の相談もでき、あなたのライフスタイルにあった転職を可能にしています。

薬剤師は安定した求人があるので、あなたのニーズにあった求人は見つけやすいです。転職支援サービスを利用してスマートに薬剤師の転職活動を行いましょう。

ブラックな薬剤師の職場はもう終わりにしませんか?
ブラックな薬局・病院に関わらない人生には転職支援サービスが必要です。ブラック職場の無い人生を選択しませんか?
転職支援サービスの詳細ページはコチラ
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加