転職エージェントでススメなのはどこなの? 実際使ってみた感想をご紹介します

電話する営業

実際私は、数社の転職エージェントを利用しました。その中で転職が成功できたのがDODAです。金融業界から製造業の総務部に転職できたのもDODAのおかげです。

自分が転職成功したというのがDODAだからというのもありますが、転職エージェントでは一押しのものになります。

他にもリクルートエージェントなど数社利用しました。大きな差はないのですが、特にDODAが良かった点というと、とにかく利用するハードルが低い使いやすいという点ですね。

DODAは履歴書と職務経歴書を書いて登録しますが、一度登録すると何度も履歴書を書く必要が無くそのまま求人に応募できます。これってホント助かります。

いやこれがホント楽なんですよね。こういうシステムはいろんなところで採用してほしいものです。

この面だけでもかなり楽なんですよね。普通の転職活動してると自分で求人誌見て自分で電話してみたいになるわけです。

DODAなら専任のエージェントが企業に応募してくれますし、とにかく楽で時間の効率がいいんですよね。効率面を考えるとハローワークとか使うなんて考えられません。

転職活動は仕事をしながらやるケースも多いので、こういう時間や労力を小さくできるのは本当に助かります。

DODAはプロのエージェントが専属で付いてくれてアドバイスをしてくれる

まず転職活動でやっかいなのは履歴書や職務経歴書の書き方です。一応マニュアルみたいなものは本を読めばわかりますが、本当の意味で「ただのマニュアル通り」になってしまいます。差別化が効く履歴書にはなりません。

こういう履歴書などの書き方一つで、面接する人間の印象が多くく違ってきます。そういった履歴書などの書き方のポイントを面談をして的確にアドバイスしてくれました。

これはDODAのエージェントがしっかりと私と面談をしてくれて、キャリアは性格、適性を見てくれて、それをうまくアピールできるように、履歴書の書き方をアドバイスしてくれるわけです。アドバイスの質もなかなか高いわけですよねやっぱり。

やはり、自分ひとりで履歴書や職務経歴書を作成していると、どうしても独りよがりになったり、うまく書けなかったリします。

ズレた履歴書は転職活動でもっとも足を引っ張るので、こういったエージェントのアドバイスはとても助かりました。

大手の転職エージェントの質はどうなっているのか?

大手の転職エージェントは質は高かったです。長年の転職ノウハウはネームバリューによってもいい企業の非公開求人がたくさんありますし、私が利用した数社の転職エージェントで大きな質の差はありませんでした。

DODAの良かったところは、最初に使う人でも使いやすいといったところですね。意外と大手なのに中小企業の案件も多くて選択の幅が広かったです。大手の場合、中小企業の案件が比較的少ないエージェントもありました。

もちろん大企業やその関連会社の案件も豊富でしたし普通にハローワークや求人誌で探していた時に比べると

「こんなに違うものなのか・・・」という印象でしたね。

「求人の幅が広い」というのは本当に大事なことです。転職と言っても20代の未経験OKの求人からレベルの高い経験を必要とする求人、労働時間や休日、年収がどれくらいかをこだわりを持って選べるということですからね。

どんなタイプの求人でも対応できるのがDODAの強みでもあります。もちろん、簡単に内定をもらえる企業はこのご時世ではありませんが、エージェントの力を借りて転職活動を行えば高確率でうまくいくでしょう。

自分一人の力では、とても内定が取れないような企業でもしっかりとエージェントがサポートして内定までの道のりを手助けしてくれたので本当に助かりました。

転職エージェントは各エージェントの質にもよるので注意が必要です

喜ぶスーツの女性
転職エージェントでもいいところばかりではありません。DODAやほかの他の転職エージェントでもそうですが、個別に専任のエージェントが担当としてついてくれます。この担当エージェントには、それぞれ個人差がありベテランのエージェントもいれば、まだ新人で経験も浅いエージェントもいます。

経験のあるレベルの高いエージェントなら、あなたの適性を的確に分析して希望に合った求人をピンポイントで用意してくれたり、履歴書などの書き方もかなりレベルの高い次元でアドバイスしてくれます。

ただ、エージェントの質が低いとこの点でちょっとイマイチだったりするケースもあります。これは担当者の質によるのでDODAが悪い、ほかの転職エージェントがイイといったことにはならないのですが、ちょっと困った展開になります。

また、人間同士なので、エージェントとウマが合う合わないというのはどうしても出てきます。あまりウマが合わないエージェントが担当になってしまった時は要注意です。

もし、そういうエージェントに当たってしまったら「担当エージェントを変えてほしい」と申し出るか、転職エージェントを別のところに変えるのが一番いい方法です。実際そんなことで悩んでいるよりは、自分と話の合うエージェントと転職活動を再開したほうが効率がよっぽどいいです。

転職は時間との戦いです。そういう悩んでいたり効率が悪いのはマイナスにしかならないので、ビジネスを割り切ってエージェントを変えてもらうか転職エージェント自体を乗り換えるほうが無難です。

DODAは正確な自己分析の戦略を教えてくれる

DODAはあなたの自己分析をしっかりとエージェントがアドバイスをしてくれます。自分でもわからなかったような適性もそこで気づくことが多いです。

自分の自己分析って一人でやっても自分の主観がはいってしまってうまくできないことが多いんですよね。

DODAのエージェントがあなたの自己分析を的確にアドバイスしてくれて、自分に意外な適性が見つかることもあります。

そのため、自分の弱い部分もわかるので、弱い部分をカバーできる転職活動を行って行くことができます。

これは求人誌を見てひとりで転職活動をしていると絶対できないことなんですね。また、自分ひとりで活動をしているとどうしても弱気になったり不安になったり会います。逆もありますよね。自分を過信したりして失敗するケースもあります。

こういう自分を客観的に判断するアドバイスをくれうのでエージェントはさすがにプロだなと思わされる部分が多いです。

DODAでは豊富な面接情報も魅力の一つ

DODAでは取り扱っている企業でどのような面接が行われたかをデータにしてあります。そのため、受ける企業の面接データーがある場合、どういう面接を行ったかどうかがわかるんですね。

受験でい言えば「過去問題集」みたいなものです。面接の過去問みたいなイメージですね。これをしっかりと事前に対策しておけば、面接で有利になることは間違いありません。

どういう答え方をすればいいか前もって対策できるので、面接であわてることもありませんし、なにより精神的な不安感もかなり軽減されます。

これもDODAを利用する場合の「特権」と言ってもイイでしょう。求人誌やハローワークでは絶対に得られない情報です。

とりあえず大手の転職エージェントを2つ抑えておけば十分です

ここまで見てくると、転職エージェントを利用するメリットが大きいというのがわかります。

ただ、どういう転職エージェントを利用すればいいかと聞かれれば、やはり私が転職が成功したDODAをおススメします。

もし、万が一DODAを利用してみて担当エージェントとのウマが合わなかったりするケースもあるので、多くて2つくらいの転職エージェントに登録しておけば十分でしょう。

登録するのは大手の転職エージェントなら堅いです。登録自体は無料なのでデメリットはありません。あまり多くのエージェントに登録すると、逆に対応で時間がかかってしまいますので、最初は2社うらいの登録でちょうどいいです。

ここでは私のイチオシのDODAとリクルートエージェントを押すススメします。両社とも大手で甲乙つけがたいですが、しっかりとした転職のサポートをしてくれるのは間違いないので、安心して利用することができます。

ブラック企業はもう終わりにしませんか?
ブラック企業に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする