調剤薬局の薬剤師の仕事のストレスは9割が人間関係 ブラックな人間関係は改善は無理なので転職しましょう

調剤薬局に就職すると、管理薬剤師から先輩薬剤師、調剤事務の人と多くて2~7人くらいの事務所が多いですね。

この人数はかなり仕事場としては少ないです。こういう人数で働くということは一人一人の影響力がかなり大きいということですね。

だから、一人でもイヤな人間

「仕事をしない人間」
「しゃべりまくる人でも仕事はしない」
「嫌がらせをしてくれ人」
「挨拶をしないで無言な人」
「先輩で仕事を教えてくれない人」
「ミスをすると高圧的な態度で接する人」
「そもそも人として終わっている人」

というタイプが一人でもいると、職場の雰囲気は一気に悪くなります。

それだけ少人数だと一人の影響力というのはすごいです。そういう人と接しているとだんだんと精神的に疲弊してきますよね。

そうするとそれがストレスになり「薬局を辞めたい」「精神的に限界だ」という負のループを生んでいきます。わかりやすいですね。

こういった薬剤師の職場って薬局とか人が少ない場合だと、ほんとに一人イヤな人がいるとそれだけで人間関係や最悪になります。そもそも転職理由の9割が「人間関係の悪化」ですからね。それだけ、人間関係の悪化は負のパワーを持っているということです。

ここでは、調剤薬局での人間関係が悪化する理由とその対応方法をご紹介します。

調剤薬局は超のつくほどの閉鎖社会です そこから人間関係の問題があるのは当たり前

調剤薬局は基本、管理薬剤師がトップの閉鎖社会です。もちろん雇われている会社の社長がいるわけですが、その人が職場にいるわけではありません。

基本「薬剤師だけ」の社会なので、当然イヤな人もいますし、普通の人もいます。

イヤな人と言っても普通にイヤな人くらいなら、まあ文句言われたり、グチグチ言われたりする程度なので耐えられるレベルです。

ただ、いるんですよね「どうしようもなく嫌な人」っていうのは。いわゆる「人間のクズベル」の人です。世間でいうキチガイのレベルの人です。こういう人っていますよねかなりの人数がね。

悲しいですけど、人間的にはキチガイでも勉強はできたりするので、薬剤の資格は余裕で取得できてしまいます。頭の良さと人間性って全く関係ないですからね。

教師でも、学者でも頭が良くても人間的に欠落している人はいます。薬剤師はそういうタイプが多いのかもしれません。大学を卒業してから、薬局だけにつとめていると普通の社会経験があまりない状態ですからね。

そんな状況で調剤薬局で一人キチガイがいるともうアウトなわけです。

「ずっとパワハラをしてくる先輩」
「ことあるごとに文句を言ってくる上司」
「言いがかりばかりを言ってくる同僚」

とかいた日にはそれが毎日ですよ?ストレスがたまるに決まっています。

ホント勘弁してほしいですよ。こういう「輩」にはね。10人いい人がいてもその中で1人でも強烈にイヤな奴がいると、もうその職場は終わりです。

あなたの直属の上司だったりしたら、誰も助けてくれません。だって下手にあなたを助けたりしたら自分に被害がきますからね。人間そんなもんです。

だから、そういう場所はさっさと見切りをつけて環境を変えるべきなんですね。不幸中の幸いですけど、薬剤師は資格を持っているので転職は簡単です。そのあたりは普通のサラリーマンからするとメチャメチャうらやましい部分でもあります。

人間は残念ながら変わりません 特に仕事の態度が変わった人を見たことがありません

調剤薬局でもうどうしてもイヤな人、受け入れられない人がでてくるのはある意味しょうがないです。

そういう人がいない職場も多いですが、確率的には半分半分くらいですね。

そこでよくあるのが、

「相手を理解すればわかってくれる」
「こちらが誠意をもって対応すれば相手も変わってくるだろう」

というそういうどうしようもない相手に誠実な対応をしようとします。そうすればだんだんと自分に対してのイヤな態度も変わっていくのではないのだろうか?と・・・・

結論から言うと絶対不可能です。人間性というのは変わりません。

もしかしたらイヤな人がいい人になることもあるかもしれないのですが、いままでそういう風に、イヤな奴かいい感じの人に変わった例を現実社会では一度も見たことがありません。一度もありません。

結論から言うと人間は変わりません。それどころか悪い人は悪くなるパワーンが多いです。逆にいい人は良くなることが多いですね。

これは普段の考え方や生き方です。卑屈で他人を貶めようとする人間は自分を高めていこうとは全く思っていません。

大企業の社長レベルで会ってもブラック企業の社長とは良くならないですよね。それは他人を貶めて利用することしか考えていないからです。

こういうタイプの人が改心して変わることは絶対にありません。

ですすので、そういう人がいたら「かかわらない」「スルーする」のが一番ですが、それができないのが調剤薬局などの小規模な職場ですね。だから自分の環境を自分で買える手段として転職があるわけです。

ずっと我慢したままで生きていくのは本当にツラいですし、最悪です。そんな我慢するくらいならさっさと環境を変えてバカな人間からは逃げるようにしましょう。s

調剤薬局人間関係は逃げ場がないので、一緒にやる人が最悪でだとストレスも最悪です


どうしようもなく嫌な人間がいてもスルーできないのが調剤薬局です。

そのまま毎日嫌がらせやパワハラに耐えづつけると人間どうなると思います?

徐々に体に異変が出てきます

マイナスな感情が出てくる 

不安 悲しみ 焦りがでてきて情緒不安定になる
楽しいことがあってもまったく楽しくない
やる気が出ない
頭の回転が悪くなって仕事でミスを連発する
朝起きれなくなってくる 体がかな張りのように思い
自傷する
自殺する

といった症状が出てきます。うつ病の症状ですが、ストレスが限界をこえてくるとこういった症状が出てきます。

この症状のうち2つ以上、特に朝起きれないや自傷の傾向があったらもう限界をとっくに超えています。危険な状態です。

長時間残業をしてると、実際どのくらいやると「うつ病」になったりするのでしょうか?実際私が体験した状況からそれをご紹介します。結論を言うとそこまで我慢するのは絶対にやめたほうがイイです。体を壊す前にサクッと転職したほうがイイにきまってますからね。それはホントに辞めたほうがイイです。

そのその場合は即、仕事を休職して会社を休んだほうが良いです。心療内科を受診して診断書をもらって休みましょう

その間は傷病手当金が出るので、生活がいきなりアウトになるということはありせん。体を壊したら今後の人生自体が最悪になってしまいます。心療内科で診断書をもらって休職してその間に転職活動をするという裏技もあります。とにかく我慢しないで自分が「精神的にやばいかも」とおもったら、心療内科で診断書をもらいましょう。

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

ストレスが限界になる前にきちんとした対処をしないと体を壊してしまいます。これは本当に悲しい結果になります。医療関係者でも自分の体のことは意外と「まだ大丈夫だ」とか過信してしまいがちです。精神的には人間てそれほど強くはないんですよガチで。

その薬局でのストレスが限界ならさっさと転職を検討しましょう


もう調剤調剤薬局の人間関係が大変だ。限界です。という場合はどうすればいいのでしょか?

応えは簡単です。その環境から抜け出せばいいわけです。転職するわけですね。

幸い薬剤師は比較的資格があるので、ほかの仕事より転職は割と簡単です。

ただ、まじめな人は

「簡単にやめてしまっては迷惑がかかる」

「3年くらいは勤めないとだめだよね」

とか考えます。

一つだけ言います。社会や仕事ではマジメな人ほど損をします。

誤解を受けるとアレなので言いますけど、仕事を適当にやれという意味ではないんですよ。

仕事の立ち回りや人間関係をまともにまじめに取り合っていたらスグにつぶされてしまうということです。

長い間社会で生きていくためには、そういった行動の速さも必要です。

「でも、転職って言ってもどうすればいいのかわからない」という場合には「薬剤師の転職支援サービス」を利用しましょう

転職支援サービスは転職のプロのアドバイザーがあなたと面談をして希望の求人を探してくれます。

「薬剤師転職支援サービス」は転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがあなたと面談をしてすぐれた薬剤師求人を紹介してくれます。

登録から利用はすべて無料になっています。これは求人を希望している企業側が転職支援サービスに報酬を支払っているので、あなたは無料で利用できるわけです。

薬剤師転職支援サービスは、あなたに履歴書の書き方や面接のやりかたをしっかりとサポートしてくれます。

良い求人情報があっても面接がうまくいかないと難しいですからね。そういう細かなところまで配慮してくれるのが転職支援サービスです。

一人で薬剤師の求人情報を探すより、格段に効率よく転職活動をすることができます。

また、北海道から沖縄までの求人情報を網羅しているので、勤務地の相談もでき、あなたのライフスタイルにあった転職を可能にしています。

薬剤師は安定した求人があるので、あなたのニーズにあった求人は見つけやすいです。転職支援サービスを利用してスマートに薬剤師の転職活動を行いましょう。

優良な薬剤師の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.ファルマスタッフ

2.薬キャリ

3.ヤクジョ

 

「ファルマスタッフ」は東証一部情報の「日本調剤グループ」が運営する転職支援サイトです。

職場へ足を運び求人情報を収集し、面接同行サービスを実施してキメの細かいアドバイスで定評があります。

薬剤師専任コンサルタントが80名在中し、あなたの希望に合った薬剤師求人の提供・面接指導を行ってくれます。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして名前・とアドレス、生年月日・住所と携帯番号と必要事項入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

ファルマスタッフの公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

「ファルマスタッフ」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「薬キャリ」や「ヤクジョ」を選択しましょう。

「薬キャリ」も「ヤクジョ」も大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「薬キャリ」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

「ヤクジョ」の公式ページを見てみる

↓ ↓

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!