調剤薬局への転職で失敗し立薬剤師はブラック職場に悩むより転職すべき

薬剤師女性

ライフワークバランスが良いとされる調剤薬局。子育てが終わった主婦などには時間の制約が少ないということで薬剤師の就職先としては人気があります。

仕事はそれほどハードではなく、パートで勤めれば週3勤務なども可能で薬剤師なので時給も当然よくイイことづくめのように思われます。

ただ、調剤薬局は勤めたことがある人なラわかりますが、人員の異動が少なかったり、人数がそれほど多くなくいわゆる「固定された人間関係」で成り立っています。

そんな固定された人間関係、もし一人でもとんでもないイヤな人間がいたらどうなるでしょうか?

簡単に人間関係が崩壊するのはわかりきっていますね。

ここでは調剤薬局への転職を失敗してしまう理由と転職したほうが良い理由をご紹介します。

調剤薬局は典型的な閉鎖社会 お局やイヤな上司がいれば一発でアウト

調剤薬局は仕事が、病院薬局やドラッグストアよりは仕事自体や緩いところが多いです。

「のんびり仕事をしたい」
「主婦だけどバートでフルタイムじゃない働き方をしたい」

という人が集まりがちです。

ただ、調剤薬局は人数が少ないいわゆる「閉鎖社会」的な部分があります。そのため人間関係が固定されていて一日に毎日会う人も決まっています。管理薬剤師が一人パートの薬剤師が1人、パートの事務が2人というような薬局もよくありす。

こういう状況でたとえば長年勤めているパートの薬剤師がお局でいきなり入ってきた人が気に入らないとします。

そうなると当然意味不明な「いじめ・いやがらせ」が始まります。もうお約束ですね。

そんなことをしても意味がないのですが、人間とは悲しい生き物でそういう輩は今後永遠にいなくなくころはありません。

数人の人数でそういう「いじめ・いやがらせ」があったら完全に逃げ場がないですよね。

「せっかく就職したんだからもう少し頑張ってみよう」とまじめな人は思いがちです。そういう風に子供のころから教育されてますしね。

「3年は頑張ってみよう」
「すぐにやめるなんて根性が無い」
「もしかしたら仕事をちゃんとやれば嫌がらせがなくなるかもしれない」

というまじめな人にありがちな思考でそのまま勤めているととんでもないことになります。

こういう人ほど、こういういじめや嫌がらせをする輩にとっては「格好の餌食」なんですね。

どんどんそういうイヤな行動はエスカレートしてひどくなっていきます。良くなることは一切ありません。

これは今までの私の経験上間違いありりません。もう一度言います「間違いありません」

そしてその人がいなくなるまで「いじめ・いやがらせ」が続くのですが、普通の企業だったら異動があるので数年我慢すればその輩がいなくなる可能性があります。

ただ、調剤薬局は異動とういのが無いですからね。その薬局にいるかぎり永遠に「いじめ・いやがらせ」を受ける運命にあります。

転職するときには職場見学が必須 少しでも違和感を感じたらそこへの転職は見合わせよう

こういうことを防ぐためにもまず、転職するときには職場見学を必ずしましょう。

まず職場見学を断る薬局や要注意です。そのケースでは仕事内容が激務だったり、また人間関係が崩壊していたりなんらかのトラブルを持っている可能性があります。

また、職場見学をしたときにその勤めている人の人間性までをみわけるのはなかなかむつかしいですが

「あの人ちょっとヤバそうだな・・・」
「ああなんか気難しそうだな・・・」

という直観はたいがい当たっています。人間てそれほど自分への防御本能って高いんですよね。

薬剤師の転職先はある程度選択肢があります。何件か職場見学ができるならしてみて、直観でヤバさを感じたら他のところを当たってみるのが無難です。

長く勤めるつもりならそういう労力はなるべく割いたほうが良いです。

そこまで職場を吟味してもなかなか人間関係が良好だったというパターンは確率は半分半分くらいでしょう。

それでも相当ひどい人間関係でなければ勤めるはできます。勤めることができないほどの人間関係が悪いといのは必ず、サイコパスレベルの上司やお局がいたりする場合です。そういう輩がいる職場はさすがにそれほど多くないので、

キチンと就職先を見ておけばある程度は避けられるでしょう。

人間関係は今までの経験から修復は不可能です 人間はそう簡単には変わりません

ただ、それでも就職してどうしようもないほど人間関係が荒れている調剤薬局に来てしまったということもあります。

調剤薬局という人数が少ない社会で一人とんでもなく嫌な人間がいれば人間関係は崩壊します

まず、そのケースで

「仕事をしっかりやればこの人もわかってくれるだろう」

「誠意を見せて対応しればこの人もからるかもしれない」

などと思って仕事を頑張ってみても、まったく人間性というのはかわりません。数年かけても変わらないです。

その間にまじめな人はガンガン嫌がらせにあって、薬剤師の仕事でお客さんの対応だけでも大変なのに職場の人間関係でも徐々に疲弊してきます。

そして気づいたときにはストレスの限界にきていて、うつ病になっているというのがおおよそのパターンです。

うつ病になると半年から数年社会復帰ができなくなってしまいます。

言いたいのは、仕事でうつ病になったりするのは全く持っていいことがありません。マジメに仕事をしているのにそういう目にあうのはちょっとやってれないですからね。

もし調剤薬局で

「人間関係がやばすぎる 就職失敗したなあ」
「これじゃあストレスがたまりすぎてヤバイ」

と感じたら、すぐに転職してた方が無難です。仕事は生活のためなので、きつい職場で理不尽に働いていても全くいいことはありません。人生での時間を搾取されてしまいます。

「もう少し頑張ってみれば状況も良くなるかも」とあまり根拠なく思って勤めていると、うつ病になる危険性は高まります。

そうなる前に転職しましょう。

薬剤師が転職するなら「転職支援サービス」を利用しましょう

張り切る女性
でも転職っていっても一人で薬剤師の求人を調べたり面接対策するのはむつかしいです。

そういうケースでは「薬剤師の転職支援サービス」を利用しましょう。

「薬剤師転職支援サービス」は転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがあなたと面談をしてすぐれた薬剤師求人を紹介してくれます。

登録から利用はすべて無料になっています。これは求人を希望している企業側が転職支援サービスに報酬を支払っているので、あなたは無料で利用できるわけです。

薬剤師転職支援サービスは、あなたに履歴書の書き方や面接のやりかたをしっかりとサポートしてくれます。

良い求人情報があっても面接がうまくいかないと難しいですからね。そういう細かなところまで配慮してくれるのが転職支援サービスです。

一人で薬剤師の求人情報を探すより、格段に効率よく転職活動をすることができます。

また、北海道から沖縄までの求人情報を網羅しているので、勤務地の相談もでき、あなたのライフスタイルにあった転職を可能にしています。

薬剤師は安定した求人があるので、あなたのニーズにあった求人は見つけやすいです。転職支援サービスを利用してスマートに薬剤師の転職活動を行いましょう。

優良な薬剤師の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.ファルマスタッフ

2.薬キャリ

3.ヤクジョ

 

「ファルマスタッフ」は東証一部情報の「日本調剤グループ」が運営する転職支援サイトです。

職場へ足を運び求人情報を収集し、面接同行サービスを実施してキメの細かいアドバイスで定評があります。

薬剤師専任コンサルタントが80名在中し、あなたの希望に合った薬剤師求人の提供・面接指導を行ってくれます。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして名前・とアドレス、生年月日・住所と携帯番号と必要事項入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

ファルマスタッフの公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

「ファルマスタッフ」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「薬キャリ」や「ヤクジョ」を選択しましょう。

「薬キャリ」も「ヤクジョ」も大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「薬キャリ」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

「ヤクジョ」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!