どのくらいの労働時間でうつ病になるの?長時間労働・仕事量・ストレスがこれくらいでなる実際のケーススタディ

私は恥ずかしながら「うつ病」になったことがあります。今思うと「うつ病」って実際になった人じゃないとわからない部分が多いんですよね。

ガンとか心臓病とか重い病気でも実際に手術したりするのは、ガンとかになったことが無い医者です。こういった体の病気は手術の技術が高い外科医がやれば治る確率も高いです。いわゆる「外科」ですからね。

ただ心療内科に行っても、実際うつ病になったことが無い医者はぶっちゃけて言うと「薬を出すだけ」です。そりゃあうつ病って精神的なものなので、実際になったことがないと、その苦しさってわからないですよね。

なので、最初に言っておきますけど、うつ病になって行く心療内科は「薬をもらうところ」くらいに割り切ってないと、たいしたケアもしてくれません。

何が言いたいかというと「うつ病」になったら自分で回復させていくしか方法はない。ということなんですね。

そりゃそうです。外科的な手術とかで治るわけじゃないですしね。薬をもらって飲んでもそれはあくまで「補助」なので、結局は自分の心が回復しないと治りません。

今回は実際どれくらいで「うつ病」になったかどれくらいで回復したのかをご紹介します。

毎日4~5時間くらいの残業をしていた それくらいやってると余裕でうつ病になれる現実

女囚人

うつ病になるためには4~5時間くらい残業すればなれてしまいます。

4~5時間残業といっても、かなりのフルパワーの残業でした。ダラダラ残業してなら大丈夫なケースもあります。

この辺りは個人差がありますね。4~5時間残業するとだいたい変えるのは夜の10~11時くらいになって家に帰ると、ただ寝るだけです。夕飯も遅くなったりしてろくなものを食べれないので、時間の拘束以上に健康状態も悪くなります。

まず、こういった働き方をする時点で「やばいな」「おかしいな」とか疑問を持つのが大事ですね。日本人て発想がおかしくて「残業するだけ仕事があるのは幸せだ」みたいに考える人がいたらはっきり言ってアホです。仕事は効率よくやってさっさと帰るという考えが普通です。そういう考えができない人が会社が大好きな社畜さんになってくれますしね。

ブラック企業の会社ってかなりの確率で社畜洗脳された人ばかりになります。効率のいい仕事とかをしようとすると逆に妨害される始末。サービス残業で働かされて仕事を邪魔されるという悲惨な末路が待っています。社畜になると効率的な仕事が出いなくなるんですよね。怖いです。

このくらい残業すると職場と会社の往復だけで生活は寝るだけ。休みは疲れてどこに行く気力もないという悪循環になります。

ストレスを発散する「時間」すらなくなるので、どんどんストレスが溜まっていくわけですね。

そう生活に「遊び」が無いわけです。特にこういって仕事に縛られまくってストレスがたまると時間に「遊び」が無くなります。

楽天的な人ならもうこの時点でこんな仕事は辞めてしまいます。それは

「自分の身体を壊してまでやる仕事に価値などない」

解っているからです。そう仕事は本来「人生を豊かにするためのものだから」です。

悪夢を見出したここからが始まりだった

砂時計
こういう生活なので、まず体の変調が出てきたのはだるさ・やる気のなさ・

「このままこんな生活を続けるのか?」という絶望感ですよね。当時は社畜洗脳されていたので、こんな会社辞めるとかそういうほうに思考がまわらないんですね。こわいですよ洗脳って。

そんな時に「悪夢」を見るようになりました。いい大人が得体のしれない悪魔見たいのが出てきてお回される夢です。

ものすごい寝汗をかいて目が覚めるというベタな悪夢です。それまで大人になってから(10歳以降くらいは見たことがない)悪夢を連発で見るようになりましたね。

さすがにその時は「これはまずいな」と思い始めていました。今考えるとその「連発の悪夢」を見ている時点でうつ病はけっこう進んでいるんですね。そこで何らかの対策をしないと悲惨なことになります。

ちなみに、今はうつ病は回復してますて、普通の生活をしていますがこの「悪夢」だけはそれ以来二カ月に一回くらいは見てしまいます。それだけ精神的につきささってるんですね。当時の激務が。もうあんな思いは二度度したくありません。

過労が限界になって「うつ病」が重度になった時、体が動かなくなるくらい、身体的にも負担がきます。階段を上るのもきつい状態です。いままで膨らんできた風船がはぜてしまう感覚に似ています。そうまったく空気が入らないスカスカな精神状態です。何も考えれない、思考力が回らない。それが重度のうつ病です。

頭を鈍器で殴られたような感覚で思考能力が飛んでしまう体が動かなくなる

そんなある日、頭を鈍器で殴ららえたように頭が「くらくら」としまいた。

頭を殴られて頭から噴水のように血が噴き出すような「イメージ」がありました。その時はそれで済んだんですけど、その日を境に「体が動かなく」なっていきました。

「朝起きるとものすごく体が重い」

「仕事をしていても以前は小走りで動けたのにいまでは歩くものしんどい」

くらいになります。ええ、そうです。この時点でかなり「うつ病」が重くなってるんですね。そう、見る人が見れば「この人うつ病だな」と明らかにわかります。表情とか動きでね。でももちろんだれも指摘しはしないですし、

当然仕事を軽くしてくれることもありません。

ちなみにこの時点では「もう仕事が限界なので、量を減らしてくれないか」とは上司に入ってあります。当然ですがそんなのお構いなしというか「おう、そのうちなんとかするよ」とかいって結局何もしていない状態でしたね。上司はねそんなもんです。

私は今では、たいてい人の「表情」とか「話し方」「動き」とかどのくらいうつ病にちかいか大体わかるようになってきました。

「この人ヤバイな」と思った人には「すぐに心療内科に行って診断書もらってしばらく休んだほうが良いですよ」と言うようにしています。

実際アドバイスを聞いて心療内科に行って休む人もいれば、「そんなわけはない、大丈夫だ」と言って話を聞かずに見事に後でうつ病が悪化する人と様々です。

「もう休め」的なことを言われたら休んだほういいです。そうしないと人生で取り返しがつかないことになりかねません。

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

予兆が出たら仕事量を減らしてもらう・異動願いを出す・転職するなどの行動をしないと取り返しがつかない

心臓が痛いサラリーマン
まず、仕事が激務すぎたり上司のパワハラがキツすぎるとか「うつ病」になるのは理由は様々ですが、こういった

「体のおかしい」「悪夢を見る」「疲れてるのに眠れない」「ちょっとのことをネガティブに考えるようになった」
「死にたい」

などとそういう兆候・予兆がでたらもうかなり「うつ病」は進行しています。そうなったら

仕事を減らしてもらう

異動願いを出す

転職を考えて行動する

おっもい切って辞めてしまう

と行動をおこしたほうがいいです。まあ、ここでこう書いても実際はやらないと思いますけど、やったほうが良いのは事実です。

そこで我慢してうつ病を悪化させた結果は、2年くらいまともに仕事がきませんし、というより一年くらいは
日常生活をするにもきつかったです。
そうなると当然ですが、いろんなものを失います。

「家族・友人・恋人・お金・地位・名誉」

とかたいていのものがリセットされる可能性がたかいです。特に家族・友人・恋人を失うのは人生において致命傷になるケースもあります。

それを仕事なんかで失うのはあまりにバカバカしいです。

そのリスクに比べたら、実際行動するリスクのほうがはるかに低いです。職場に改善を求めてもダメならさっさと転職したほうが数年を棒に振るよりもリスクは低いですよ。

でも転職と言ってもどうすれば?というケースでは転職エージェントを利用するのがおススメです。

転職を検討するなら転職エージェントをう格活用しよう

綱渡りするスーツの男

あたなが、うつ病になってしまうような職場には正直離れたほうが無難です。

かといって転職すると言っても転職がうまういくかどうかは不安なものです。ただやはり、そのままうつ病になるような職場にいるリスクよりも、転職をして環境のイイ会社に入るほうが転職のリスクよりも少ないはずです。

世の中にはブラック企業も多いですがその反面、普通の会社からホワイト企業もたくさんあります。普通の会社レベルでもそうそう、うつ病になるほど厳しい仕事はないですからね。あえて今の環境にいること自体がかなりのリスキーな選択と言うことになります。

転職するかは別にして、転職エージェントで一度どういった求人があるかどうかを見てみると、いかに自分のいる環境が劣悪かどうかということがわかってきます。それだけ、まともな求人もあるわけですね。視野を広めてみるくらいの感じで求人を見てみると今までとは違った環境で仕事をすることができる足掛かりになるはずです。

転職活動自体も、正しい面接対策、履歴書対策を行えばそれほど難しいものではありません。そのためには転職のプロのアドバイザーのアドバイスを聞いて行動することが一番のポイントです。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!