ブラックな信用金庫を辞めたい女性は製造業の経理か総務がおススメ 信金女性の転職に失敗しいない方法

テレアポの女性

信用金庫の女性は地方では花形の職種ですよね。信金に就職したと言えば親は喜びますし近所でも「いいところに就職したねえ」と言われるでしょう。

こういった表のイメージとは裏腹に、信金の女性の仕事はかなり過酷です。

メチャクチャ細かい為替の振込発信は給与発信の事務。
融資関係の稟議を書いたり、通帳発行や定期預金の作成などが永遠に続く作業。
窓口業務になったら預金のノルマがあり、クレーム顧客にも頭を下げる毎日。
出納業務になると、重たい硬化袋をもって器械に効果をぶち込んで、1円でも合わなかったら永遠に帰れない。

こういった、信金経験者でないとわからないストレスがたまりまくる仕事を信金の女性はこなしています。

これに加えて上司がパワハラ上司だったり、お局様に嫌われたりする人間関係のストレスが加わったらもう
普通の女性ではまともな精神状態でいられるわけがありません。

こういう状況で「信用金庫を辞めたい」と思うのはある意味当然の思考とも言えます。

「でも信金を辞めても行くところもないし、結婚でもしないと辞められない」

今では結婚しても、旦那の給料だけではやって行けずに苦しみながら信金に勤め続けている女性も多いです。

もし信金業務が嫌でもう限界だったらスパっと転職すればいいだけです。

ここでは、信金勤めの女性の仕事のキツさと転職する方法をご紹介します。

信金女性は地方でなりながらブラックな業界です 歩合制でもないのにノルマとかありますしね

まず信金てブラックですよ。給料は地方秘してはそこそこかもしれませんが、地銀より安いですし、その割に

女性がやってることは地銀よりキツイです。窓口業務なんてやった日にはおじいちゃん、おばあちゃんにつかまってしかもキチガイなクレーマーとかたまにきてストレスたまりまくりです。

そこで預金ノルマをやらされて、後方事務に仕事を投げてもなかなか通帳ができないみたいな板挟みになって変えるころにはもう放心状態みたいな状況です。

特に支店によって仕事量の差があるので、お客さんの多い支店に配属されたらもうアウトです。

女性は男性と違って、異動のスパンはあまりなく、なかなか移動しないので、ハマった支店で長い間働くことになります。

そうすると、仕事だけきつくて気づいてみたら30歳になっていた・・・なんて人もけっこういます。

信金の仕事は女性にとっては正直割の合わない仕事です。同じくらいの給料でもまったりヤレル仕事はいくらでもあります。

信用金庫はつぶしは効かないはウソ 実は経理や総務や営業事務などにはつぶしが効きます

悩む女性

「信用金庫の仕事はほかの仕事にはつぶしが効かない」というのは誤解です。もともとどんな仕事でも異業種になればつぶしが効かないのは当たり前です。

それでも20代のうちなら、異業種への転職も十分間に合います。女性でも営業をやっていたら、30代でも転職は可能です。

信金女性は知らないうちに事務処理の能力はハンパなく上がっています。これは信金以外の業界を見たことが無いからわからないだけで、普通の会社の経理や総務、営業事務などの事務仕事は信金の事務の複雑さ量の多さにくらべたらものすごく楽です。

一度、信金業務をこなしている女性だったら、ほかの教会の事務量など「こんなもんなの?」というくらい余裕なんですね。

それだけ信金の事務は複雑でかつ量が多いです。

そういうことを、人事の採用者は知っているんですね。なので、経理や総務、営業事務、そのほかの女性がやる事務の全般の仕事は20代のうちなら信金女性が転職するのがどこでも可能です。

信金女性でも30代になると異業種への未経験の転職は厳しくなってきます。女性でも信金で営業をやっていれば、地銀の営業は都銀の営業などに転職するなら可能です。

とにかく、信金は仕事の量の割には、給料は地銀や都銀に比べると割安になっているので、さっさとてんしょくしてしまった方が無難です。

信金の事務が嫌になったら自分の適性を考えて転職先を検討して法が無難です

お茶を飲む女性

信金の仕事が嫌になったら、まず自分の適性を考えてみましょう。製造業ならじっくり仕事ができますし、都会に住んでいるなら、外資系企業への転職も十分可能です。

まったり仕事がしたいなら、異業種の事務系の仕事、バリバリ仕事をして高い給料をもらいたいなら外資系の仕事を選んだりと自分の適性を考えてから転職活動をしましょう。

外資系企業はTOEICが600点以上は必要ですが、これは大卒で受験英語をやってきた人なら三か月くらい勉強すれば取ることができるので、それほど恐れることは無いです。

こういった選択肢もあるので、「信金を辞めたいけど転職できない」とは何でいる人なそれほど悩むことなありません。

ただ、転職活動は一人で行うのは求人を探して、履歴書を書いて面接対策をするといったかなり大変な作業になります。

その場合は時間の効率を考えて、転職エージェントをりようするのがおススメです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の適性に合った求人を選んでくれます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

ブラック企業はもう終わりにしませんか?
ブラック企業に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加