ブラック職場の契約社員や派遣社員を辞めたい人の再就職する方法 正社員転職が人生を良好に

契約社員・派遣社員は一時期本当に多かった時期がります。正社員よりも時間の拘束が少なく割と時給も良いのでそれなりに生活できるからです。

ただ、総務の仕事をしていて思ったのですが、会社の契約社員・派遣社員への対応は残酷です。

まず、雇うときに「数年間頑張れば正社員への登用もあるよ」みたいなことを言います。それを素直に信じて仕事をマジメにやっている派遣の人も多かったです。

ブラックな職場なのにこんなところの正社員になってもな・・・と思いつつもそれでも正社員になりたい人もいるわけです。でもなれない・・・

ただ、その後数年働いても正社員になる人は「一人も」いなかったです。数十年前には数人いたそうですが、ここ5年くらいは「一人も」いません。

そうなるとどうなると思います?会社にこき使われて、使えない正社員以上の仕事までやらされる契約社員・派遣社員の若い人たち。

さんざん安い人件費でこき使われてボーナスもなくろくに貯金もできません。そのうえ、下手に正社員になれるかもみたいの思っていたので、4年とか同じ職場に契約・派遣社員として勤めてしまったんですね。

そうなるとすでに30歳を気づいたときには超えている人もおおかったです。そして会社から「ごめんねーやっぱ正社員無理だわ」みたいなことを遠回しに言われるわけです。

その時の彼らのなんとくか、落胆と憎しみに似た表情は忘れることができません。30歳を超えているので今からほかの会社に正社員で転職するにしてもかなり大変です。その絶望感といったらかなりキツイモノになるでしょう。

まず、会社の言っていることなどあまり当てにしてはいけません。それより不安定な契約社員・派遣社員を辞めて正社員になるなら

「自分で行動する」「自分で転職活動をする」

というのが大事なってきます。

そう、会社に期待するのってかなりリスキーですよ。私の経験上ですけど、会社が社員を守ってくれたことはありません。というか会社にデメリットがあるとすぐに切ります。

そりゃ犯罪とか起こしたらまずいですけど、ちょっとのことで首とか切られるのをいくらでも見てきました。

今いる会社でスライドで正社員になれるケースはほとんどありませんよ。

契約社員/派遣社員はガチで辞めたほうがいい 総務をやっていてそう思いました

契約社員・派遣社員の人は大きく二つのタイプに分かれます。

一つはすぐにやめる人・もしくは逃げ出す人

もう一つは、ずっとまじめに働く人

こういったタイプがあります。スグ逃げ出す人はたぶん正社員になってもダメだと思いますが、ずっとまじめに契約・派遣社員をやっている人はマジメな性格ゆえに「このまま働いていれば・・・」「仕事があるからイイや」みたいに思ってずっとその環境で働いてしまいがちです。

ただ、その環境と言っても

正社員から人間扱いされない状況
会社で仕事が無くなるとすぐに切られる
正社員以上の仕事をやらされたりするが時給は永遠に上がらない
年齢の言った契約社員は雇ってくれさえしない

という壁に簡単に人生プランを崩されてしまいます。ちょっと真面目に数年ン働くとそれが5年とかになってしまいますしその間に簡単に30代になってしまいます。

そうなるともう、そのまま契約・派遣社員でいるしか方法が無くなり、永遠に安い賃金で濃きる買われることになります。

あれですよ。今時って正社員よりハードな仕事やさられる派遣社員とか多いですよ。なんでこんなに仕事できるのに派遣やってるんだって人も多いです。

そういう人が、使えない脳無し正社員に文句を言われたり、簡単に首切りされたりするのは総務やっていてかなり切ないです。

仕事を何にもしない40~50代くらいの正社員よりよっぽどきびきび仕事をする派遣の人もいます。ホントタダの「肩書の違い」だけで収入も人生プランも大きく変わってしまいます。

なので是が非でも若いうちに、仮に若くなくても正社員への転職の行動はとったほうが良いんですよね。

もともと、日本て労働法って守ってないんですよね。サービス残業があったり、それを黙認しています。というわけで労働法って機能していないんです。

まあ、発展途上国とかならしょうがないかもしれませんが、先進国で労働法がいまだに機能していない国です。

正社員の待遇が良くならない国で、ましてや末端の契約社員や派遣社員の状況は今後いっそう悪くんっていくでしょう。

どうですか?契約・派遣社員の今の現状で生活できてます?私のは割りでは食べるのにいっぱいくらいの人もいます。

しかも家庭をもって派遣という人もいて、その人は派遣で働いて夜はバイトをしています。起きている時間はフルで働いている状況です。

えーそんな人生いやです。仕事だけしてそのまま死んでいく人生って。仕事は嫌いではないですが、仕事だけで終わる人生もちょっと切なすぎて悲しいです。

契約社員・派遣社員で仕事ができるだけマシにみたいに思ってるなら大きな間違いです。計画的に行動すればブラック企業を避けて正社員になることもできます。あきらめないでください

正社員になるなら派遣社員の職歴を活用するなりの計画を立てると遠回りのようで正社員になりやすいです

正社員になるにはそのまま派遣などでやみくもに働くのではなく、数年のスパンで計画するのが大事です。

たとえば、経理の職に就きたいなら、簿記2級を取得して、まず派遣などで経理の仕事に就きます。

経理の正社員は無理でも派遣ならそこそこ仕事はあります。未経験でもOKなところです。

そこで2年くらい経理の実務をやって、それから派遣をやりながら経理の正社員の仕事を探します。派遣の仕事でも「実務経験」になるので、実務経験が必要な求人にも応募できます。

これは経理だけでなく、ほかの職種でも同じことができるので、まずは順番に実務経験を付けてから正社員の求人に応募するという方法もあります。

同じ派遣の仕事でもただ、何も考えずにそのまま仕事を続けているとすぐに年月は過ぎてしまいます。こういった一見遠回り

でも実際近道になるような計画を立てて自分なりにやっていく必要があります。

派遣社員とか契約社員てその雇用形態を「利用して」行くもんなんですよね。あくもまでも「つなぎ」の仕事だったり、実務経験を得ていくための仕事だったりとにかく、「その制度を利用しよう」と思うくらいのマインドでやっていかないと、あとでキツクなってきます。

世知辛い世の中んですけど、そういう利用するスタンスで正社員になっていくのが最善の道なんですね。

契約社員・派遣社員を辞めたい場合は転職エージェントに相談してみよう

また、契約・派遣社員ではたらいてきながら普通の求人誌やハローワークではブラック企業の求人の巣窟になっているケースもおおいです。

「アットホームな職場でノルマ無し」みたいな求人で実際入ってみると超体育会系で思い切りノルマのあるブラック営業職だったというのはよくあります。それに引っかかるとまた半年から1年くらい無駄になってしまいます。

そういうことを避けるために、転職エージェントに登録して相談してみるのがおススメです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、正社員への転職方法を個別にアドバイスしてくれます。

また、希望の求人をあなたの適性を見てピップアップしてくれます。求人はエージェントが審査をしているのでブラック企業はありません。

転職するには、今いる業界(業種)に転職するか別の業界に転職するかで、大きくやりかたが違ってきます。

ただ、どちらの選択をするにしても、転職エージェントを使用すると効率的に転職できるのは間違いありません。

なぜなら、転職エージェントは、あなたと面談をして希望の求人を選択してくれたり、履歴書のの作り方や面接の具体的なやり方までをサポートしてくれるからです。転職のプロであるエージェントがキッチリ転職のアドバイスをしてくれます。

なお、エージェントは登録から利用までが無料になっています。

これは、企業側が求人を出してエージェントに登録しているため、企業が転職エージェントに費用を支払っているためです。

このため、求人者は完全無料で利用できるわけです。

転職エージェントは登録すると、担当のエージェントがついて、あなたの希望の求職条件がどのようなものかを面談してくれます。

それをふまえて、良い求人をピクアップしてくれるので、効率的に求人を探していくことができます。

自分にどんな仕事が合っているかを一人で悩んで考えていると、どうしても自分の適性を見失いがちです。

転職エージェントではプロのエージェントに相談できるので、自分の適性を第三者の目から見て、的確なアドバイスをもらうことができます。自分では思いもよらなかったキャリアの適性が見えてくることもあるんですね。

転職をする意志が少しでもあるなら、自分が転職をイメージしている業界の動向を一度転職エージェントに相談してみるのをおススメします。

無料で相談ができるので、気軽に自分が転職に向いているか、転職したい業界は今どういった状況なのか?給料はアップするのか?などをを聞いてみるのもイイですね。

転職活動はとにかく一人でやると時間がかかります。履歴書作成・面接の準備、企業の情報の収集など、これを一人でやるのは効率が悪すぎます。転職エージェントを利用すると、こういう時間のかかる作業を削減することができます。

ブラック企業はもう終わりにしませんか?
ブラック企業に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする