私が会社がブラックで「奴隷制度の場所」「奴隷扱いされる場所」と実感した 転職をしようと思い立った日

砂時計

こんにちは。私は34歳の製造系会社のサラリーマンです。自動車の駆動系の部品を作ってる会社ですね。

会社の仕事はブラックというほどではないですが、仕事はグレーなれべるで結構キツイです。

典型的な日本の会社で、上司とのゴルフ接待などは当然ですが、上司に少しでも逆らったり歯向かったりするとその時点で出世が終わるという、わかりやすい構造の会社です笑 わかりやすいと自分で言うのも悲しい状況の会社なんですけどね。

こんな状況なのですが、私はすでに出世の競争を外れて日々淡々と過ごしていました。それなりに趣味を充実していましたし、それほど会社への不満をぶつけたりはしていませんでした。

ただ、この会社の

「その日よければそれでいい」

「製品を良くすることより自分のミスをしない」

「間違ったことでも上司に絶対服従」

といった感じの空気にウンザリしていました。

ただ、「会社ってこんなものなのんかな??」と大人になったふりをして自分を納得させていたわけですね。でもそんな自分を押し殺しているのが間違いだったというのに、後々気付いてしまうわけです。

そんなときに、ちょっとしたきっかけで転職を決意した出来事がありました。

私の会社には特権?階級の人がいましたよ平たく言うとコネ野郎ですけどね

気楽なサイクリング

この会社には「会長の愛人の息子」と噂される人がいました。役職は平社員なんですけど、なんかいつもただ遊んでいるんですよね。

ほとんど仕事は割り振りされません。でも、上司も何も言わないんですね。

そんな折、会社の業績があまり良くなく大規模な人員異動の話が出てきました。私の工場からも、他県の工場に50人以上の異動をするよう役員から指示があったそうです。儲かっていない工場の人を減らして、儲かっている工場へ異動させるわけですね。

異動担当の課長は50人の人員を選ぶのに苦労してました。何度も面接を繰り返して、他県の工場に異動しさせる人員を選出しなければならない・・・・・・これ大変ですよ。だって他県の工場なんか行きたい人いないですからね。

面接のときにみんな、あれやこれや理由を付けて断ります。母親が病気とか、持病があるとか腰が痛いとかなんたらかんたら・・・

でも、最終的には遠回しに異動を断ったら会社辞めていいぞ的なことを遠回しに伝えて強硬で異動する人を決めていきました。

その名時に、例の「会長の愛人の息子」の名前が出たとき課長は

「そいつはヤバい、絶対に異動させるな」

「え??」

これはなかなか、課長がこういうことを言うということは、「愛人の息子」というのは本当なんでしょうね。

なんだかやりきれない思いがしましたねこの時。ああ、だから上司も誰もあの人が仕事をしないでブラブラしていても何にも言わないんだ・・・・合点がいきました。

その時なんだか「この会社やばくねえか?」という思いがしっかりと心の中にイメージされました。

同僚のSさんとの話 奴隷確定の会社(;^ω^)

決断力

その「愛人の息子」と同じ部署にいるSさんとは、たまに飲んだりする仲でした。

先日Sさんと飲んだときに、異動担当の課長が言っていたことをそれとなくSさんに聞いてみました。

私「課長があいつは異動させるのヤバいって言ってました・・・やっぱり会長の愛人の息子何ですか??」

S「ああ、それはね誰も聞いちゃいけないことなんだよ。あいつは触っちゃいけない。ただ、俺たちは会社の奴隷だからねそういうことを聞く権利もないのさ

??????あれ??奴隷??Sさん今、奴隷ッテ言った????

その日、「奴隷奴隷奴隷・・・・・」という言葉がぐるぐると頭の中を回っていました。

まずSさんが自分のことというか、私を含めて「会社の奴隷」というふうに思っていたのがショックでした。

というか、自分のことも奴隷だけど、金のために割り切って仕事してるの??いや、たしかに大人ってそういうもんかもしれないけど、自分で奴隷とか言っちゃうって。

ちょっと冷静になって考えてみたんですけど、たしかにこの会社は、古くからある会社で典型的な守りの会社です。

絶対に上司には服従で、完全減点主義でミスをしたらそれで出世は終わり。ひたすらただ上司の接待をする。それでいて顧客のことを考えていないから、最近では製品もあまり評判が良くない。

そのためか、だんだんと取引先が減ってきてるんですよね。ここ数年。お客さんもバカじゃないので、やっぱわかるんですよ。顧客のために仕事をしてない会社だっていうのが。

必至ですもんみんな。上司の期限をとったり自分がミスをしないこと「だけ」を念頭に仕事してるんですよね。

そんな社風で、いい製品ができるわけがないな・・・・なんだか妙に納得してしまいました。

あと、「会長の愛人の息子」は会長が亡くなったらこの先どうするんだろう?と、そのへんはどうでもいいですけどね笑。

あ、これこの会社転職したほうが良いかな・・・

笑顔の女性

Sさんと飲んだひから、ものすごく転職したほうがいいなという焦りが出てきました。

この会社はまずい、直観でそんなに先は長くないと私のアンテナが盲アピールをしていましたね。

幸い私はまだ独身だったので、転職を反対する嫁さんもいませんしね。私の友人は転職をしようと嫁さんに相談したら、当然のように大反対されてましたよ。大変だなあほんとに。

といっも30歳を超えてからの転職はなかなか厳しいです。一人でやっても情報もなくどうしようかと悩んでいました。

最近転職した友人のHに相談してみました。

彼は「転職エージェント」をうまく利用してうまく転職できたようです。

転職エー人シートってなに??

張り切る女性

求人を集めたり、履歴書を書いたりするのは一人で行うのはかなり大変です。働きながら転職活動をするとなると時間もありませんし、なりより独学で全部行おうとすると効率が逆に悪くなってしまいます。

転職活動を効率的に行うためめにおススメなのが、転職エージェントを利用して求人を集めたり履歴書の書き方の具体的なアドバイスを受けることです。

転職エージェントに登録すると、担当のエージェントがあなたの希望とスキルをしっかり分析して転職先の企業の候補を選出してくれます。

転職エージェントは、転職のコツからどのようにすれば、この業界の企業でうまく内定が取れるかなど具体的な戦略を考えてくれます。このフォロー体制は転職のプロならではの対応です。

転職先の会社の状況、残業時間や会社の空気の調査。履歴書作成や今後の面接スケジュールの作成など一人では大変な行動を、転職エージェントのバックアップで効率よく行うことができます。

転職エージェントの利用ま無料です。企業は人材を募集する際に、転職エージェントにお金を支払ってよい人材を紹介してもらうようにしているからです。そのため、求職者はお金を払うことなくエージェントからのサービスを受けることができるのです。

ブラック企業はもう終わりにしませんか?
ブラック企業に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加