会社内でいじめの対処法 いじめ野郎に仕返し復讐はしないほうがイイ理由と転職方法

地獄じゃあ

会社内でのいじめとかって、中学とか高校とかのイジメよりも全然多いというかよくみかけますよね。そう、大人になってからのほうがイジメなんてよくあるんですよ。

だから子供のイジメとかで自殺とかって無くなるわけがありません。多分表ざたになってないだけで、会社でイジメられて自殺してる人のほうが子供のイジメで自殺する人よりも多いんじゃないかと思います。

イジメでとことん追い込んで自殺させるって簡単ですからね。上司が直属の部下なんかをイジメれば逃げられないので、簡単に殺せます。子供のイジメは別に学校なんか行かなければいいだけですから、親とかが早めに気づけば回避できます。

逆に、会社とかでは会社って生活が懸かってる場合がほとんどなので休んだり辞めたりってしにくいんですよね。だから我慢して会社に行って毎日イジメられてそのまま「うつ病」とかになった自殺する・・・・

大人の世界のほうが悲惨ですよ。大人の場合はしかも悪いことをしているという自覚しながらいじめしてるんですからね。

こういったイジメをしている上司とかはもう一生こういったいじめ体質とかは治りませんそ変わりません。だからイジメをしている人にコンタクトしていじめを辞めさせようとするのは無理なので、あなたは速やかにその会社から転職するか、異動するかどっちかですね。それ以外に道はありません。

あと、イジメをする人に復讐するのは個人的にはやめたほうがイイと思います。いじめをしている人はどのみち自分からあとあと悲惨な目にあいますよ。

だって、イジメとかしてる人に友達とかっていると思います?利害関係で一緒にいるひとはいても、人をイジメれる人とかが友達だったり、家族とかでもたぶん私なら縁を切ります。

いじめをしている人って孤独なんですよ。そうやって自分の存在をアピールするしかないので人をイジメタイルするんですね。その究極の状態が

ブラック企業の社長だったりするわけです。富と名誉とかあっても「一緒に居たい」と思う人は一人もいないと思いますよ。

ただ、復讐はやめといたほうがイイと思いますけど、それなりの対応はしないと話になりませからその方法は知っておいたほうがイイですよね。

個人的には会社内でのいじめの復讐はやめたほうがイイと思うが、労基準監督署か弁護士に相談すればそのまま復讐につながる

そう、私個人的には会社内でいじめられても復讐とかはしないほうがイイと思います。どのみちイジメをやっている人はそのあといい人生を送れませんし、だれも周りにいないことが多いです。

余談ですけど、いじっめをする人の本質って「自分に価値が無い」とおもってるんですよね。意識的にそう思ってる人もいれば無意識レベルの人もいます。

だから自分を強引に認めさせるためにイジメをするんですね。自分の支配下に置くことでしか自分を認めさせることができないと思ってるんですよね。

だけどそんなことをすれば、恨みを買うだけですし、そもそも人をイジメている人なんてだれも近づきたくないですからね。逆効果ってのをわかってないんです。

だから、自分でかってに自滅します。そんなことをしていていずっと生きていけるはずがありませんからね。

だから、復讐とか考えるよりもさっさとあなたはそのいじめをやっている人間から逃げることだけを考えましょう。

サクッと転職するのが一番いいんですけど、サクッとはできない場合に

「ボイスレコーダーでイジメ音声の証拠をとる」

「労総基準監督署か弁護士に相談する」

とこれだけやれば意外と早く解決します。最初に言っておきますけど、会社内の人に相談しても無駄ですからね。同僚とか相談しても「大丈夫?」とか

テキトーなことを言うだけですし、上司とかに相談しても対応していないです。これって今までずっとそうだったので言い切れます。なぜなら会社って

「お金を稼ぐ場所」だから他人の事なんでどうでもいいんですよ。家族でもないですからね。それに下手にもめごとにクビ突っ込むほどみんな余裕はありません。

ドラマみたいに他人のトラブルに親身になって解決してくれる人なんていないですからね。そこはよーく覚えておいてください、悲しいことですけど現実ですからね。

さて、まずはボイスレコーダーでイジメ野郎の声を録音しましょう。これはいじめられているなら簡単ですからね。暴言とか陰湿なネチネチした言葉とかいくらでも吐いてきますからそれを録音しましょう。

それをもって労働基準監督署か弁護士に相談しましょう。やることはそれだけです。そうすればイジメ野郎はそのうちあなたの前から消えてなくなる可能性が高いです。

労働基準監督署に相談に行くと、そのいじめをしていることで会社に「勧告」が行きます。ボイスレコーダーの証拠が無くてもたぶん勧告はしてくれますけど、証拠があれば確実ですしね。

勧告された会社はそのイジメ野郎をさすがに移動させたりします。上司だったら降格とかもあり得ますしね。これって会社って社内で処理できることはほとんど例外なくもみ消しますけど、公的な期間からの勧告とかもみ消すことが絶対無理なことはすぐに対応します。会社も「強い物には弱い」だけなんですね。

だから、さっきも言いましたけど、会社内の人に相談してもそんなのモミ消されるに決まっています。だから外部の機関に相談しなきゃいけないんですよね。

証拠をもって弁護士に相談するのもありです。これってお金かかりいますけど、そのイジメ野郎をサクッと訴えてもらうのがいいですよね。

そうすればこれも会社が異動させたりします。別に裁判とかにならなくてもいいんですよ。

「いじめをして訴えられた人間」

ということが表沙汰になればそれでいいわけです。会社ってそういう悪い方向で「社外」に目立つ人間は切り捨てます。

ちなみに社内だけで悪い方向に目立っている人は「出世」します。これって「モーレツ社員」とかいう言葉で表現されますけど、裏を返すとただのパワハラ野郎だったりすることがほとんどです。まわりに嫌な思いをさせるほうが出世するっていうのが会社組織のスダンダードですからね。

弁護士に相談すればうまいイジメ野郎の追い詰め方も教えてくれるので、とにかく「専門家」に相談するのがベターです。

会社内で同僚とか上司とかに相談しても何の役にも立たないですからやめてくださいね。会社では自分の保身が第一ですから、そんな他人のもめごとにクビ突っ込む

ひとなんていないです。これって悪いことじゃなくて人間こうやって自分で自分の身を守りながらいきているんですね。

だから、そんな大したことないんですよ人間て。だからドラマとかマンガで絶対にいないような「人をボランティアで助けてくれるような主人公」
とかが人気を得るんですよね。

いやあ・・・そうやって無償で助けてくれる人って今のところ見たことはありません。せいぜい自分の親くらいですかね。

会社にお父さん、お母さんはいないので誰も助けてくれないのは当たり前ですよ。そのあたりに気づいてくださいね。

復讐というかいじめの対応は自分の安全が確保されるくらいでいいですよ 後でむなしくなってきますからね

もう一度言いますけど、復習って辞めたほうがイイですよ。

復讐すると結局あたなもそのイジメ野郎と同じ位置に立ってしまうことになります。そうなると今後の人生でネガティブな思考で生きていくことになります。

上述した労基や弁護士とかに相談すれば十分そのイジメ野郎は消えてなくなりますし、それがめんどくさいならサクッと転職してそういった環境から逃げるのが一番です。

人生って、「自分に快適な環境を作ってく」っていくのの繰り返しですからね。

人間なんて人によって価値観が違いますから、ずっとネトゲとかやって引きこもっているのが「快適」な人もいるわけです。それが本人が快適ならそれでいいんですよ。自分で自分の生活をやっていけるならね。ニートとかで親の金使ってネトゲやってるのは論外ですけどね。自分で稼いで自分で生活してるなら別に何やってもいいわけです。イジメ野郎よりは全然いいと思いますよ。

そう、イジメ野郎って世の中では「最低」の部類です。これにかかわっている瞬間がもったいないと思いましょう。家庭があってどうしてもその会社を

辞めることができないなら労基や弁護士に相談することもできますし、独身なら私ならソッコーで辞めますねそんな会社。人生の時間がもったいなさすぎます。

そこでそういったいじめをするようなゴミ野郎とか、そういった人間とかといかにかかわりを「少なくしていく」ために行動できるかどうかっていうのが、かなり時世では大切な行動です。

自分の目標とかを達成していくほうが行動では大事だと思われがちですが、自分の人生を邪魔するような輩から逃げるための行動のほうが大事なような気がします。

なぜなら、自分の環境が悪い状況で自分の目標なて絶対達成できないですからね。

対処法としは転職するのが一番ですね そんな会社にいても1ミリも意味が無いですし 気分が悪いから

さて、イジメ野郎と距離を置くには転職するのが一番簡単な方法です。身動きが取れるならさっさと転職してしまいましょう。

ただ、ハローワークとかちまたにある求人誌とかにはブラック企業ばっかり掲載されていますからね。これってハロワとかが掲載企業を審査委していないからです。

ブラック企業の奴隷のかりばになっちゃってます。怖いです。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。ブラック企業とかは結局激務で、パワハラ上司とかが多いので入ったら悲惨ですからね。そういった心配もほとんどないですし、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職ってハードルが高くてむつかしいと思われていますし、確かに簡単ではないです。

しかし、優良な求人を紹介してもらって、アドバイスとかをもらいながら、履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取ることができます。準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

一度、優良な求人を消化してらって自分の目で見てみるといいですよ。そうすればブラック企業の求人じゃないってのの確認になりますし、自分がやっていきたい仕事の選択肢も広がりますしね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!